「ほっ」と。キャンペーン

hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

奇跡の人


今日は、まだだるい体を抱えて
家族で「奇跡の人」を見に行った。

スクリーンで見るのは2度目。
行ってよかった。来週もう一度、頑張って観に行こうかと思っている。


この映画を観ないで、人生を終わるのはもったいないでしょうね。
ヘレンケラーと言えば、幼い時の高熱が原因で「見えない・聞こえない・話せない」
という3つの障害を持ちながらも、サリバン先生の指導の下「言葉」を獲得し、その才能を花開かせた人女性ということで知られてはいる。

しかし、その過程がどれほどの懊悩と二つの人間の魂が激しくぶつかりあいながら、その場に至ったかというのは、想像をたくましくするしかない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しつけが全くなされていないヘレンは、気に入らないと相手に質の悪い意地悪をする。

サリバンを刺繍用の針で、わざと刺したヘレンをなだめるのに、
母親は甘いお菓子を口に入れることで癒す。
サリバンは言う「私を針で刺したのにご褒美ですか?犬だってしつけを受けます。」

サリバンは目の疾患で、いつもサングラスをかけている。
彼女の強い意志を湛えた目は、傷ましいほどの弱さなのだ。




アンバンクロフトの身体を張った演技に、15歳のパティ・デユークが挑む。
撮影現場は息をのむ緊張感に満ちたことでしょうね。
c0202113_19155665.jpg

こんなに激しいバトルはそうそうみられるものではありません。

ヘレンの成長にわが身を捧げたアン・サリバン。
師匠あっての弟子、古い言い方ではありますが
自分自身にもわからない才能と可能性を開かせてくれるのは
偉大な師匠(教師)だということがよくわかる映画です。

まだ見ていない方は、ぜひぜひ「午前10時の映画祭」でご覧になってください。



hibari
2017.2.18
[PR]
# by unjaku | 2017-02-18 19:23 | 映画と女優 | Comments(0)

早春(春)の別れ


数日前のことです。
妹のクラスのA君が引っ越しをすることになり
クラスでお別れ会をしました。

A君はなかなかの人気者でした。
しかし低学年の頃は、勉強中に歩き回ったり、友達にちょっかいを出したり、
時には面白半分に、体の弱い子をグループでいじめたりすることもありました。
そんな時期も乗り越えて、もともと茶目っ気のあるA君。スポーツも得意でしたから
学年中で人気がありました。
運動会ではリレーの選手。
陸上経験者の夫が、「うん・・あれはいい走りだ。練習すればもっと伸びる。」とほめておりました。

最後の別れの日、
彼の涙ながらのスピーチが終わると、学年中から友達が押し寄せてきて
抱き合いながら、或いは泣きながら、それぞれ別れを惜しんだようです、

「さすがにうるっときちゃったわ。」
我が家のお嬢様たちの反応です。

私もその光景を想像しながら、A君の大きな瞳を思い出し、思わずウルウルしました。
c0202113_20343277.jpg


いじめやたかりなど、殺伐としたニュースばかりがマスコミをにぎわす少年少女の周辺ですが、
5年間の間にはぐくんだ友情の熱さ!その熱さに送られて、新しい学校へ通うようなったA君。
負けるな。自慢の足で周りの度肝を抜いてやれ!
新しいヒーローになれ!わが5年生全員の願いだ!

なんだか私が5年生の気分になっちゃった。


hibari
2017.2.17
[PR]
# by unjaku | 2017-02-16 20:45 | twins | Comments(0)

ヘレボの季節


色がすっかり失せた冬の庭にも
ヘレボの季節が届きました。

c0202113_1636168.jpg


このヘレボ、どういうわけか毎年花の表情が変わるのです。
さながら七変化です。

今年は花びらのふちが濃いピンクに染まり、
花びらにも濃いピンクのライン・中央にはボタン色の蜜線。

今までで一番きれいでしょうか。


c0202113_16355388.jpg


可愛い「七変化」さん。
数年前は、花屋さんでポツンと売れ残った
あまり姿かたちの良くない「おブスちゃん」でした。
やせっぽちで、花には点々と濃いピンクのスポットが
わずかばかりのっていました。

それが
まるで「マイフェアレディ」を地で行くような美人さんに変身しました。
特別な手入れをするわけでもなく、ほったらかしですからね、
来年はどんなふうになるのか見当もつきません。


hibari
2017.2.14
[PR]
# by unjaku | 2017-02-14 16:51 | 花・植物・小動物 | Comments(0)

雪の朝


雪の朝。
まばゆい朝の光の中に美しい光景がありました。

大きく枝を広げた桜の古木。
氷の粒が枝枝を花のように覆って
陽射しの中でキラキラと輝いていました。

儚い光の花。あっというまに陽射しの中に消えていった。


c0202113_20245479.jpg

ヴィオラは健気。

楽しみだったスノードロップの開花。
私が臥せっていた5日ほどの間に盛りを過ぎてしまったようです。

明日は少し外に出られるかな?


hibari
2017.2.11
[PR]
# by unjaku | 2017-02-11 20:31 | 花・植物・小動物 | Comments(6)