hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:その他( 117 )


退院のお友達


私の杖です。
退院のお友達。
c0202113_15125553.jpg


本当はもっとド派手な色の杖が欲しかったのね。
でもお値段は高いし、好きな色はないわで
結局無難なグレー。


偏屈な私。
ずっと前から、杖が必要なら「杖美人」になるぞ!って決めてました。
今回の大怪我で、やっとそのチャンスが来ました。
でも実際に歩いてみれば、どうしても痛む右足を庇って歩くので
左の肩が上がってしまう。
クール・ビューティのトレーナーについてもらって、ひたすら歩く。
杖持つ手に力入れる必要はないのね。
手を振って歩くように、力を入れないで手を添える程度ね。


暇な時間は2回のロビーでひたすらマン・ウオッチング。
(みんなどうしてあんなにスタスタ歩けるの・・・?)
なんだかとても不思議で、そうなの不思議な眺めに思えました。

これからしばらくは杖がお友達。
絶対に杖美人になるぞ!


hibari
2017.6.24
[PR]
by unjaku | 2017-06-24 15:24 | その他 | Comments(0)

筋金入りの女帰宅する


皆様 おひさしぶりでございます。
お健やかにお過ごしでしょうか?

私、去る6月3日。
家事の途中、脚立から落ちまして、
緊急入院となりました。
c0202113_13123211.jpg



「大腿骨骨折」の診断。
ドクターから、
「頭や背中を打っていなかったのは
不幸中の幸いでしたが、元の生活には戻れないと
覚悟してください。」と言われました。

元の生活・元の生活・・・と繰り返しながら
あまりの痛みで何も考えることができませんでした。
数日待たされて手術。その後の数日も痛みとの格闘でした。
しかし、術後翌日からリハビリは始まり、
約2週間のリハビリを経て、帰宅と相成りました。

「思ったより立派な骨でした。ベッドに寝ている必要はありません。」
とは、三男と同じ年のドクターの」言。

まぁしばらくは自宅でリハビリ兼ねながらの静養です。
しかし、下界は暑いこと!頭がクラクラいたします。


詳しいご報告はあらためて後日。


hibari
2017.6.23
[PR]
by unjaku | 2017-06-23 13:13 | その他 | Comments(10)

暑いですね


ここ何日か、もう真夏のように暑くて
風がまださらりとしているから、なんとか我慢しているけれど
蒸し暑さが加わるともう耐えられない「夏バテ女」が
すぐ出来上がる。
c0202113_1683847.jpg

もう麦わら帽子とサングラスなしには外に出られない。
今朝庭仕事用のグローブをはめないで
薔薇の鉢にのさばった草取りをしていて
見事にひっかき傷だらけになった。
これが結構いつまでも痛いのね。

夕方近くなって、ノースリーブシャツに半ズボン・
白いトートバッグに帽子・サングラスといういでたちで買い物に出た。
友人に、「もうバカンスに出かけるの~。またフランス?」と
からかわれた。
いえいえ、今年はドイツ南部・スイス・オーストリアですよ。
お嬢さんがたの身体の自由がきくのもあと少しかも。
家族の長旅もいつまでできるのでしょう?


hibari
2017.5.22
[PR]
by unjaku | 2017-05-22 16:22 | その他 | Comments(4)

老いた花と今を生きる花


c0202113_1534683.jpg


清少納言 枕草子から

心ときめきするもの
唐の鏡の、すこし暗いのをのぞきこむの

やや曇りがちの、暗い鏡を見入るとき。
そこにいつもの私より、美しい私が映るからだ。
くまなく、けざやかに映す、あかるい鏡でなくて、
難点や欠点はおぼろな隈にかくれた、ぼうと美しい、
別の私があらわれるからだ。



うふふ・・私も一応女だから、この感覚はよくわかる。
汚れたガラスにぼうと映る私。
きらめく鏡に映る私よりましに見える。ちょっとおばかちゃんな私。



こちらは、ようやく開いたシビル姫。
c0202113_15154670.jpg

開いたばかりの時は沈んだ赤色。

翌日はもうこんな色
c0202113_15165290.jpg

まるで心変わりばかりして
恋人を振り回すコケットな女みたい。


ここ1~2年勢いがなくなって
地植えにしてみました。
花は咲いたけど疲れて枯れるかもしれないので
花は早めに落として、根をしっかり張ってもらいましょう。



hibari
2017.5.21
[PR]
by unjaku | 2017-05-21 15:22 | その他 | Comments(0)

特別な日 憲法記念日


今日は5月3日。憲法記念日。
若いころというより、もう少し子供時代。
この日は子供心に厳粛な気分になったものです。
成長して、憲法成立までの様々な過程・出来事などが多少なりともわかってくると、
厳粛さに複雑なものが加わり、
それでも世界に確たる理想的な思想が謳いあげられた憲法だと思うようになったものです。

残念なことに、当時の日本人、主に国の上層部は「国体」にこだわりすぎて、
戦前の思考から抜け出せなかったことです。
それが結果的にアメリカの意に沿った形にならざるをえなかったということでしょう。
その憲法のおかげで、日本人は世界のあらゆる血なまぐさい紛争に巻き込まれないで済んだことは、間違いありません。

「一国平和主義」とまで呼ばれる、日本人の戦争に対する嫌悪感は、
ある意味、世界の悲惨に目をつぶってきたことにもなったのでしょう。
無関心は無慈悲につながります。
「他人の不幸の上に自分の幸福を築いてはならない。」
という名言が、今私たちの前に大きくそびえたちます。

地球上の国々がかってないほど、緊密な関係の上に成り立ち、
日本人の安定した暮らしぶりが、
その国々の繁栄と安定の上にもたらさているならば、
何も問題は起こらないでしょうが、ことはそう簡単なものではなくて、
相も変わらず人は些末な相違を認めることができずに分断と破壊を繰り返しています。
「建設は死闘 破壊は一瞬」
この言葉を真摯に受け取るならば、平和に向けて死闘を繰り返している人々に、
目をつぶることは許されないでしょう。

世界の富の9割が、世界中の人口のわずか数%の人の手の中にあるという
この現実。
残りの1割を世界の人口の90%の間で奪い合っているという現実もあります。
この格差がもたらす悲惨が、多くの紛争を招いるといっても言い過ぎではないでしょう。

映画ではありませんが、「そして誰もいなくなった」という日が来てはならない。
その日が現実にならないために、私にできること・あなたにできること・国にできる貢献に
もう一度目を向けて考えてみてもいいのではないでしょうか。

今日は憲法記念日です。

晴れやかな空を、ここ数日轟音と共に戦闘機や自衛隊機・ヘリコプターが行きかっています。
北朝鮮の問題も影響しているのでしょうか?
あの戦闘機が、ある日、頭の上から轟音と共に落ちてくる夢を、
悲しいかな、時折見ます。
そんな夢を見ないで済む日がくることを。

稚拙な世迷いごとを書き連ねました。


hibari
2017.5.3
[PR]
by unjaku | 2017-05-03 10:49 | その他 | Comments(2)

フランスが泣いている


フランスが泣いている。
フランスが大きく動揺している。

c0202113_1313484.jpg


数日前のテロ。
これで何度目だろう。
どれほど兵士を増やして警戒しても
その目をかいくぐって、人が殺される。破壊される。

c0202113_134271.jpg

ルーブルでもあったし、
今回はシャンゼリゼ通り。パリの中心部だもの。

c0202113_135455.jpg

我が家のお嬢様が、美味しいマンゴー・シャーベットを食べた場所もシャンゼリゼだった。


去年行ったばかり。
「ヨーロッパは危ないからやめたほうがいい。」と
友人・知人にずいぶんと忠告されたっけ。
その前の歳の秋遅く、パリ中心部から少し離れた
劇場で爆発事故が起きて
多くの人々が亡くなった。

私たちもその劇場の前で黙とうをささげてきた。



もうすぐ、日本時間の午後3時ごろから
大統領選挙の投票が始まる。

これから世界はどうなっていくのだろう?



hibari
2017.4.23
[PR]
by unjaku | 2017-04-23 13:14 | その他 | Comments(0)

あれこれ思い出


思い出の桜。
小ぶりの木、風情を感じる老木です。
毎年咲くかどうなのかハラハラしながら待っている。
今年も見事期待に応えてくれました。
c0202113_15201142.jpg

姉のような存在の人と見た思い出の桜。
とてもとても聡明な才媛でいらっしゃいました。


こちらは、若き日のトープ。
c0202113_15224386.jpg

2歳くらいのころかなぁ。
朝、通学時間がやってくると、窓に足をかけて
可愛い小学生たちが学校へと通う姿を眺めていました。
右の写真は、トープが拾い集めたボールの一部です。


そしてこちらは笑えるほど無邪気だったツインズ。
遊び疲れて沈没してますね。
c0202113_15311836.jpg

おむつを入れた籠がお気に入りで、オムツを引っ張り出して
カラになった籠を顔に被せて、えんえんといないいないばぁをして遊んでいました。
網を通してみる景色と直に見る景色の違いが
赤ちゃん心にも面白かったのでしょうか?


hibari
2017.4.14
[PR]
by unjaku | 2017-04-14 15:35 | その他 | Comments(4)

そうだった!


そうだった! 今日は次男の誕生日だった!
すっかり忘れていた。
だから恨まれるんだ。
あの日、夜中に陣痛が始まって、慌ててタクシーを呼んだ。
たまたまいてくれた母に父を呼んでもらって後事を頼んだ。

そして、日付変更時を超えた真夜中の1時過ぎ、あいつは生まれたのだ。
その日、産院は、別の出産で大騒ぎだった。
生まれた子に異常があって命が危うくて、救急車で大学病院へ手配するのに
ドクターも助産婦も看護師も必死だった。
そのさなかに奴は生まれたのだった。3900gを超える大きな赤ちゃん。
でも、頭のでかい長男と比べれば、奴は頭が小さかったので、長男の時ほど
苦しくはなかった。
c0202113_16283055.jpg


立派な男になった今ごろになって、恨み言を言う。
「俺、放りっぱなしにされて育ったんだ。」
気難しかったしなぁ・・・赤んぼのころからね。
熱は37度を超えればぐずりっぱなし。家事をするどころではなかった。

放りっぱなしにされたのは長男だ。
彼は熱に強かったから38度を超えても元気だった。
その代わりお腹が弱くて、何かというと下痢をしたっけ。
どっちもどっちぐらい世話が焼けて、夫は帰りが遅いから
ひとりで孤軍奮闘の日々だった。

世の中から忘れ去られていく孤独感と闘いながら育児をしたのだ。

ヘッそんなことも知らんだろ?
私の大事な時間と引き換えにでかくなったのは誰だ。

そうかぁ・・・・今日は奴の誕生日だったのだ!

c0202113_1624371.jpg


写真は、いつもご機嫌だったツインズ。




hibari
2017.3.17
[PR]
by unjaku | 2017-03-17 16:32 | その他 | Comments(2)

幕を閉じました


13年と半年余り続けたHP「hibariの巣」に、今日幕を下ろしました。
いろいろなことがあったな・・・・自分の中では様々な感慨もあります。
教本片手に、わけのわからないPC用語と格闘して
デザインも、文字も、色も、写真もレイアウトも
下手は下手なりに凝りまくって作った「私の巣」でした。
タグも全部手書き。
一文字間違えば表示もされず、綺麗にレイアウトしたはずの文章が
団子のようになっていたり、写真の配置と文字の配置がうまくいかずに悩み、
リンクに手惑い、友人からは「見るのは問題ないけど、表紙にもどれない。」と
指摘があり、様々悩み続けながら、好奇心と遊んだ日々でした。

訪問してくださった皆様、応援してくださった皆様、掲示板で遊んでくださった皆様
本当にありがとうございました。

ブログはこのまま続けます。
HPのように好きな色では遊べないけれど、
まだ駄文を書く気力は少し残っています。
時折、旧HPからお気に入りの文章や写真を引っ張り出して
お茶を濁すこともあるかもしれませんが、その時は、笑ってやってくださいませ。


名残に、過去にHPの表紙を飾った写真を少しだけ貼っておきます。

c0202113_17161134.jpg


c0202113_1717162.jpg


c0202113_17164922.jpg


c0202113_17163776.jpg


c0202113_17162593.jpg



お付き合いのほど、これからもよろしくお願い申し上げます。


hibari
2017.1.31
[PR]
by unjaku | 2017-01-31 17:21 | その他 | Comments(0)

さようなら 大統領


c0202113_16275677.jpg

(画像 お借りしました。)

さようなら オバマ大統領!

あなたがどんな大統領だったかは
歴史が決めてくれるでしょう。

広島を訪問してくださってありがとうございます。
あの時の真摯な姿を忘れることはないでしょう。

もういちど
さようなら オバマ大統領!



hibari
2017.1.21
[PR]
by unjaku | 2017-01-21 16:33 | その他 | Comments(0)