hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:笑える話( 13 )


ドーナッツの夢


久しぶりのドーナッツ!
ツインズの大好物です。

M叔母さんから二人に差し入れがあったのは夕方。
早速「食べた~い!」と叫んだ二人でしたが、
夕飯が迫っていたので、
「じゃぁ、明日の朝食べてね。」
ということになりました。

そして袋を覗いたグランパに、
「お、うまそうだな。一つ食わせろ。」と言われ
ダメ~!絶対ダメ~!」と念押ししたあげくに
(もう・・夜中にこっそり食べちゃうんだから・・・)と
隠されてしまいました。



そして朝が来て
c0202113_14411468.jpg

テーブルには、色とりどりのドーナッツ。

袋を取りに行った妹が言うのに
よかったぁ!無事にあった!夢見たんだよ。夜中にグランパが見つけて
食べちゃう夢。6個あったのに一つしか残ってなかったんだよ~!


そんなに心配してたの?
まだまだ可愛いんだねぇ。(笑)


そして、近隣の中学校で給食のお弁当が大量に残されて問題になっている
ニュースを見ながら、「え~~小学校の給食はすご~く美味しいのに・・もったいなぁい!」と
びっくりしておりました。


hibari
2017.9.21
[PR]
by unjaku | 2017-09-21 14:56 | 笑える話 | Comments(2)

まだまだ暑~~い夕方近い時間。
いつもとは違う林のほうへ坂道を上りました。
その途中、百日紅の花を見上げていた時
何かが足にガシっとしがみつきました。

エッ!エ~~~ッ!!
c0202113_21252393.jpg
お見舞いですか?!
そのうち、羽を震わせてミ~ン・ミ~~ンと鳴きだして。
しばらくの間、夏の力強いメッセージを残していってくれましたね。
笑っちゃいました!


見ていたのはこの樹。
c0202113_21304840.jpg
まだまだ暑い日は続きそうですね。


hibari
2017.8.25


[PR]
by unjaku | 2017-08-25 21:31 | 笑える話 | Comments(4)

穏やかな日々


c0202113_13393778.jpg


こんなに静かで穏やかな日々が続くのも
珍しいのではないかと思うほどの新春。


今朝夫に起こされたとき
もう大笑いしたくなるほど
楽しい夢を見ていました。

「もう楽しい夢だったのに・・・・」と
不平を言えば、
「君の人生が喜劇みたいなもんなんだから、夢にまで見なくてもいいっしょ!」
と笑われました。

はいそのとおりです。と温い布団から這い出したわけであります。
ああ・・学校がないとゆっくり寝ていられるのねぇ。
ナマケモノの主婦は、今年もこんな調子で過ごすのでしょうか。




hibari
2017.1.5
[PR]
by unjaku | 2017-01-05 13:50 | 笑える話 | Comments(0)

白状します


ツインズが告白します。




Y・・・・あのね、二度目の恋をしているの。
私・・・・ようござんすねぇ。思春期だもんねぇ。
Y・・・・・今度の席替えでも隣にならなかった。最悪の奴と一緒なの。2度目だよ~!
私・・・・それは残念ねぇ。

M・・・・・私の初恋は1年生の時に終わりました。
私・・・・・へぇ~~~~。初耳!


私、小学校の1年生の時に何してたっけ????
白状します。いい歳になったのだから。
いまさらいい子ぶったってねぇ・・・?

c0202113_1939522.jpg


あの頃はいじめっ子だったの。
一番前の席にすわってね、となりの男の子が気に入らなかったの!
だから、奴の筆箱からいろんなもの取り上げてやった。

そうしたら、担任から母親に連絡がきて、みっちり叱られた。
電話もない頃、先生はどうやって連絡取ったのかしら?今でも不思議なの。

奴の名前は覚えている。女々しい奴だったの。
とにかく出目金で嫌いだったのね。
真っ白なシャツ着て、その上に紺の上着なんか着ちゃってさ。


それがトラウマなのかしら?
一度も同窓会で会ったことない。

どうでもいいけど。




hibari
2016.10.8
[PR]
by unjaku | 2016-10-08 19:48 | 笑える話 | Comments(4)

夢は夜ひらく


雨・雨・大雨・台風!

9月になって雨ばかり!
それでも、ベランダには絡みついた「むかご」が
ぶら下がっています。
もう少ししたら、むかごを美味しくいただくつもりです。

c0202113_11375876.jpg


秋の終わりに、地面掘り返したら「山芋」が収穫できるだろうか?
そのかわり、クリスマス・ローズが全滅するだろうなぁ・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

c0202113_11505746.jpg

最近 「恋する夢」をたまに見ます。

昨夜は思いがけずに
「君を待っていたんだ。探していたんだよ。」
窓から身を乗り出すように、私に声をかけたハンサムな青年がいた。
その男性と丘の上まで歩いた。
丘の上には絶景が待っていた。
しばし見とれて振り返ると、もう誰もいなかった。

戸惑いながら、ひとりとぼとぼと陽射しの中を帰った。
駅に着くと、そこは昔懐かしい風情で、
なぜか「横浜」まで切符を買った。
ホームの両側には、行き先も書いていない電車が2両乗客を待っていた。
どちらに乗ればいいのか、私はわからないまま立ちつくした。





そして次の瞬間
「イテ~~~!!」と叫ぶ
自分の声で目が覚めた。
隣に寝ていたマイさんに、思い切り顔を蹴飛ばされたのだった。
「あ・・ごめん。」小さく囁くマイさんの声がした。

そしてその瞬間、儚いロマンスも消え去ったのだった。



hibari
2016.9.20
[PR]
by unjaku | 2016-09-20 12:08 | 笑える話 | Comments(6)

ある夏の夜のできごと


9月に入ったと言うのに、夏を引っ張っている記事でごめんなさい。

お友達のブログに「蜂の巣退治」の記事が出ていました。
その昔の出来事ですが
私も蜂の巣退治で一苦労した思い出がありますので
ちょっと書いてみます。

ただし良い子の皆様真似してはいけません。

c0202113_1433251.jpg


その昔、
幼い息子たちと社宅で暮していたころです。

暑い夏は玄関開けっぱなしで、風をいれていました。
ある夜、玄関を閉めようとして、
ふと見上げると、玄関扉の上にアシナガバチがびっしりと
身を寄せ合うようにして泊まっています。(止まっている?)
その数たるや、百~2百匹はいたでしょうか?!

オドロキ モモノキ サンショノキ!!
とはこういうことをいうのでしょうか。一瞬パニックを起こしそうでした。

急いで蜂を刺激しないようにして
そぉっと懐中電灯を持って、玄関周辺をみれば
何と玄関の軒下に蜂の巣があったのです。
雨除けの庇の陰で、ちょっと見えづらい位置にありました。

夫はいない!さぁどうする・・・・??
こういう時って頭が急速回転するんですね。

幸い子供たちは、遊び疲れて眠っています。

まず家の中の蜂を始末する。外はその後考えよう。
そこで思いついたのが掃除機。
廊下の明かりを落して、少し離れたところの明かりを頼りに
掃除機のノズルで、片っ端から吸いこみました。
吸いこみ終わったところで、殺虫剤を掃除機の中目指して
思い切り噴射!!

その後は、ノズルの口を紙袋を2重3重にしてかぶせ
ガムテープでぐるぐる巻いて封鎖!
そして、万が一に備えて、安全な所へ掃除機移動。
後は、明日考えよう。


次は外だ!
脚立もないし、足場もちょっと悪い。
当然手も届かない。
さぁ・・どうする。

明日にすれば、今日と同じことが起こる可能性がある。
もう絶対今夜始末!!
というわけで思いついたのが、火で始末する!!
夜だから、蜂は皆巣の中にいる。

ぼろくなった物干しざおに古布グルグル巻きにして
油を落して火をつける。
その火で焼き殺す。一網打尽だ!


で、決行!!
バラバラ蜂が落ちる音がした。

あまりしつこくして、屋根に火が燃え移ると危険なので
1分ほど巣を脅かして終了!







今考えると、よくもまぁ荒っぽいことをやったものです。
近所の皆様が気づかなくてホッ!

次の日、玄関に出ると、巣を失った蜂が数匹飛び回っていましたが
その後蜂の巣が復旧することはありませんでした。

しかし、掃除機を厳重封鎖したため、しばらく掃除機は使えませんでしたとさ。



お付き合いありがとうございました。




hibari
2016.9.2
[PR]
by unjaku | 2016-09-02 15:14 | 笑える話 | Comments(6)

平成娘 昭和を熱唱する


先程から雨が降り始め、外で遊んでいたおチビ連中、
早速家の中に転がり込んできました。

合わせて6人! 今日もわが家は解放区です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


話は昨夜のできごと。
自他ともにオンチを認めているtwins。
お風呂に入るとリラックスするのか、
二人で歌いだしました。

「おかを~~こえて いこうよ・・・・・・♫」

え・・まさか!!

歌は延々と続きます。
やっぱりお風呂は歌うのには気持のいい場所なんですね。

ちなみに昭和の大歌手、藤山一郎さんの「丘を越えて」です。
なんであんたらが知ってんの?!

c0202113_1703962.jpg


丘を超えて  行こうよ
まつりの(真澄のまちがいだろうが・・・)空は  朗らかに  晴れて
たのしい  こころ

鳴るは 胸の血潮よ
讃えよ  わが青春(はる)を
いざゆけ
遥か 希望の丘を越えて


知らなかったという方、twinsより お若い?


どこで覚えたのと聞けば、CMだって。
へ~~そんなのやってた? 知らなかったわぁ!



hibari
2016.4.21
[PR]
by unjaku | 2016-04-21 17:09 | 笑える話 | Comments(0)

けつ圧の話


ろうばいの花も終わりましたね。
ホントに清らかで澄んだ冬の空気に相応しい匂いでした。

c0202113_20152126.jpg


子供の頃、寒い日にはおしくらまんじゅうをして遊んだものですが、
今はツインズと3人でやることがあります。

身長も伸びてきた二人、おしりがぶつかって
吹っ飛ばされることもあります。
「すごいけつ圧ねぇ!」というと
「やっぱりそう?」と涼しい顔。

そして
次の質問がお二人らしい。
「グランマァ、けつ圧の話なんだけど、どうして腕で計るの?」
?????????私は質問の意味が一瞬わからなぁい。

「ほら、グランパが腕に巻いて計ってるでしょ?お尻のけつ圧がどうして腕でわかるの?」

もう大笑いでしたね。

「ああ、血圧ね。あれはお尻じゃなくて、
血が血管の中を上手く流れているかどうかを見ているの。
車の渋滞みたいに、体のどこかで血の流れが詰まっていたら困るでしょ?」

ああ・・もう上手く説明できないなぁ・・・・。

「ふ~~ん、そうなんだぁ。でも病院で計る機械とは違うよねぇ・・・・・?」


まぁ、分かったのか判らないのか?
とんでもない勘違いの「けつ圧」の話ではありました。


hibari
2012.2.3
[PR]
by unjaku | 2016-02-03 20:36 | 笑える話 | Comments(4)

グランマ取り扱い説明書


夜、シャワーも浴びてサッパリとしたくつろぎのひと時、
マイさんが言いました。
「グランマァ、推薦図書のなかに、かあちゃん取り扱い説明書、っていう本があるよ~!」
夫曰く、「違うだろ。グランマ取り扱い説明書、だろ!」

そうですよ。グランマ取り扱い説明書、でなきゃぁ駄目ですよ!
何しろ、すごぉいオッチョコチョイの気短かですからね。取り扱いは難しいですよ。


今朝は、おにぎり食べたい、と言う二人のリクエストで
おにぎりを作った後
コーヒーに塩を入れて、とんでもない目にあった私です。
やったことある人いらっしゃいますか?
思わず吐きそうになりますよね。


まぁ年中そんな私ですから、ぜったい取り扱い説明書は必要です。
ま・・作るのは夫しかいませんがね。


写真はご近所の庭の花です。

c0202113_2051977.jpg

カンゾウの花も気が短くて一日花です。
昔は、あちこちの土手に咲いていたのになぁ。

c0202113_20531156.jpg

この紫陽花、ご近所の庭に毎年咲いていたと言うのですが
気がつきませんでした。
きっと私に見つかるのを、恐れていた恥ずかしがり屋さんなのでしょう。

もう・・おもしろくない!明日の午前中は家出して友達の処へ行く。
すると夫、「昼ごろには帰ってこいよ~。ドイツ旅行のレクチャーするから。」

あ~~あ、こんな毎日って・・・・・・・やっぱり面白いか!
連れて行ってもらえるうちが花だもんね。


hibari
2015.6.23・・・・ちなみに今日は6千歩ちょっと。昨日は8千歩ちょっと。でした。
[PR]
by unjaku | 2015-06-23 21:05 | 笑える話 | Comments(4)

c0202113_20415599.jpg


雀が来たとてご飯はない。

ご飯はあっても、トープは食べない。
食べるものはプリンに日替わり・気まぐれメニュー。
私だって疲れます。
老老介護の日々だもの。

「建国記念日、それってなぁに?」
「神話の世界はわかりません!」

星空奇麗でも
わが家に静かな夜はない。
今日も今日とて漢字の書き取り。
グランパメニュー。

忘れた・書けない・わかりません。
挙句の果ては泣きの一手で勝負に出る。
その手が通じる相手じゃない。
眠い目こすり・損をする。
終われば、寝る時目の前に。
テレビは消されてストレスたまる。

あ~あ今日も賑やかな夜。



hibari
2015.2.10
[PR]
by unjaku | 2015-02-10 20:58 | 笑える話 | Comments(0)