hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:本を読もう( 3 )


雨の日には物語を


いとにくきもの
薔薇の花のやっと咲きたるに
朝から雨の止むことなく降り続いて
美しき花びらが悲しげにうちしおれて
下を向いてしまうもの

許せるのは
降り始めたときに
玉の光となってつぼみをいろどるときなど
きよげにながめらるる折りもあり
c0202113_16154832.jpg



こんな薄暗い日はものがたりなど読みちらし
憧れの人のことなど思い出しながら
あれこれと過ぎた日々を思い出すのはいとおかし。
c0202113_1620786.jpg

中宮様のお手紙は何度読んでも素敵
まして定子さまのみやびやかで晴れやかな明るいお部屋へ
おつとめするのはいとたのしきことなり。




なぁんて、清少納言になったつもりで書き散らしてみました。
彼女は鼻持ちならぬ女性だと紫式部は言っていますが
実は時の公達らと何度も文のやり取りをして、
それはそれはもてた女性だったようです。
ハンサムで機知に富んで振る舞いはダンディ。
中宮定子の訓練の賜物でもあるのですが
中宮のおそば近くで控えながら、最も頼りにされていた女房だったとか。

決まり事など次々と破って、新しくモダンで軽やかなサロンを作り上げたのが
定子だったのですが、当然のごとく若い公達たちは押し寄せ、その応対に追われていたのが
清少納言をはじめとするキャリアウーマン達だったわけです。
今でいう自立した女性達です。

こんなに面白い小説はめったにないというのが私の感ずるところです。



hibari
2017.5.13
[PR]
by unjaku | 2017-05-13 16:41 | 本を読もう | Comments(0)

我らがパラダイス


久々に、笑ったり・悲観的になったり・怒ったり・スリルにはらはら、
という様々な感情に浸りながら読んだ本です。
タイトル「我らがパラダイス」、作者 林真理子。
c0202113_19371526.jpg


毎日新聞に連載されているときから大きな反響を呼んで、
早くも映画化の話が出ているそうです。


テーマは親の介護。
単行本の帯には「介護では、優しい人間がまけるのだ」という少しばかり
衝撃的なキャッチコピーが書かれています。

主な主人公は、邦子・さつき・朝子という三人の女性。
三人ともそれぞれ親の介護をしながら働く女性です。
家族間の、或いは親子の介護現場における、様々な葛藤が描かれていきます。
さらに、三人の女性が働く場所は、入所に何千万とかかる超高級介護施設。
邦子は受付。さつきは施設内のウエイトレス・朝子は看護師と
それぞれ分野が違うのですが、
自分の親の介護と超高級介護施設における手厚い介護の落差に、
割り切れぬ思いを抱いているのが共通で、
その格差への憤懣から、三人の女性がやったことは何だったのか?!
犯罪一歩手前のスリルに、心がわしづかみにされます。
ここに敵役のマネージャー福田氏が絡んで、
最後のクライマックスに突入していきます。


さて、老人たちの選択したパラダイスとは何だったのか?

すでに社会問題化している、認知症の親・連れ合いを抱えて自宅で奮闘している家族は
次々と疲弊して、最悪の場合は悲惨な事件が報じられたりしているのは、周知のとおりです。
介護制度も崩壊寸前で、国はこの問題をどうしようとしているのか?

待機児童の解消の問題には、未来がかかっているせいもあって、
国も自治体も必死に取り組んでいるようですが、
将来のない介護の現場は、まるで忘れ去られたように
格差の問題が取り上げられることもありません。



さりとて
高齢の親を抱える身にとっては他人事でなく、
認知症を発症した親とどう暮らすのか?面倒を見ていけばいいのか、
笑った後の爽快感とは裏腹に暗澹とした思いが残るのでした。


hibari
2017.4.18
[PR]
by unjaku | 2017-04-18 20:19 | 本を読もう | Comments(8)

おかしな勘違いの話


そんなにもあなたはレモンを待ってゐた
かなしく白いあかるい死の床で
私の手からとった1つのレモンを
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
トパアズいろの香気が立つ
・・・・・・・・

智恵子抄「レモン哀歌」より

c0202113_11474519.jpg


トパアズいろは、はちみついろ。
橡の実のはちみつはこがねいろ
こがねいろにかがやく宝石のしぶきのいろ。




そのしぶきは
まひるの光のつぶてのように
光太郎に降りそそいだのだろうか。

c0202113_1152526.jpg


智恵子没 1938年10月5日52歳






ところで・・・・
頭の中に出来上がったイメージというのは
なかなか頑固なもの。

トパアズいろははちみついろ・・・・が、私の場合は
長い間トルコ石の色だった。

つまりはブルーだった。

これは私にとって大いなる謎で、
レモンをかじると、どうしてブルーの「香気がたつ」のか?
高村光太郎にはそうかんじられたのだろう・・・と
ずっと思い込んでいたのだから、おかしな話・とんでもない勘違いではある。


今でも「智恵子抄」のレモン哀歌を読むと
長い間のとんでもない勘違いに、自分ながら可笑しくなるのであります。


hibari
2017.1.14



hibari
2017.1.14
[PR]
by unjaku | 2017-01-14 12:06 | 本を読もう | Comments(2)