hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:日々のこと( 155 )


変な置きメモ


12月になり、なんだかあたふたと日々が過ぎていきますね。
いいのか悪いのか、ここのところ家事もおっぽり投げて本読みに夢中。

今日は、術後の検診。
もうあれから半年もたったのか!

ハンサムなドクターが言うのに、
「問題なし。順調に回復です。次は来年の5月。経過が良ければ、それで終わりです。」
「え~~淋しいなぁ。先生にもう会えないのですか?」
「病院は来るところではありませんよ。」で、終わり。

そして家に帰ってみれば玄関にメモが。
c0202113_16142795.jpg

下の畑って、うちにそんなものありません!
もう宮沢賢治じゃあるまいし・・・。
いったい何処へ行ったんだ?



しばらく前には
c0202113_16155752.jpg

というメモが玄関の廊下に置いてありました。

全く変な人でございます。
そう言う男に連れ添ってはやうん十年。
私も変な女になりました。

hibari
2017.12.6
[PR]
by unjaku | 2017-12-06 16:21 | 日々のこと | Comments(4)

すっかり寒くなり


朝もすっかり寒くなり、冬も間近な季節。
でも、光も空気も綺麗だから、朝は大急ぎで外に出る。
c0202113_15122851.jpg

勝手に育っている小菊も光に映え

c0202113_15133415.jpg

皇帝ダリアも朝日に輝く。

こんな日は、この方とあちらこちらと散策する。
c0202113_151533.jpg



空のなんて青いこと!
c0202113_1515492.jpg

葉が落ちて、ますます山柿が美味しそう。
トープ、好きだったよね。

c0202113_15175847.jpg


c0202113_1518388.jpg


c0202113_1519071.jpg


野ばらにも落ち葉にももみじにも
季節は礼儀正しく訪れて、思い出ばかりが増えていく。



hibari
2017.11.25
[PR]
by unjaku | 2017-11-25 15:22 | 日々のこと | Comments(2)

あ~~あ・・の日々


朝の訪れが遅くなって、
それにつれて目覚めも遅くなった今日この頃です。
c0202113_19331553.jpg

昨日・今日と発熱娘がいて、世話が焼けました。
今日の夕方になって熱も落ち着き、食欲も出てきてホッとしています。
子育てって大変だなぁ・・・昔、息子たちの時代は若さで乗り切ってきたんだなぁ・・・とつくづく感じる日々です。
今週予定のインフルエンザ2回目の接種は、来週に持ち越しです。

私の骨折足は、寒さの訪れとともに、何とも言えず不具合を覚える始末。
おまけに階段の手すりを二人のチビ娘がまた壊してくれました。
2度目の破壊です。
足元が不安だとほんとに恐い階段。
夫は「直しは不要!こんな小さな工事、費用だけがかさむ。」とつれない返事。
夜中のトイレも恐くて仕方ありません。


そして、20数年使った炊飯器にもとうとう寿命が来て、新しい炊飯器に変えました。
c0202113_1947269.jpg

チビどもは、ご飯の炊き具合が気になって仕方ありません。
炊きあがると、早速確認に来ます。
おまけに、朝食も「ご飯に変えて」のリクエスト。
長い間「パン食」がご所望だったのに、「飽きた!」だそうです。
やれやれ・・年寄婆さんは、頭の切り替えが大変です。


hibari
2017.11.17
[PR]
by unjaku | 2017-11-17 19:56 | 日々のこと | Comments(4)

今朝放浪に出かけた夫を見送った時、
軽トラが一台止まりました。
運転席から見かけないおじい様が出てきて
袋入りの柿をご近所へ届けに行かれました。

荷台をのぞくと、美味しそうな柿がいくつか袋にいれて
置いてありました。

おじい様が戻るのを待って
「売っていただけるのですか?」と聞くと
「売り物じゃないんだよ。知り合いに届けるのさ。」
そう言うと、どこぞへと車で走り去りました。

「残念!!」
そう思って15分ごろした時、ピンポ~ンとチャイム。
出てみれば、先ほどのおじい様が我が家に柿をプレゼント!
「いやぁ 今年は柿が豊作でねぇ。」
c0202113_12123119.jpg

わざわざ、我が家用に持ってきてくれたのでした。
「お金は無しだよ。欲しい人に届けられればいいの。」
そう言ってお帰りになりました。
もちろんお名前だけはキチンとお聞きしました。
嬉しいなぁ!!

そして昨日の夕方は
c0202113_1216449.jpg

ピンクの食用菊が。
「これさぁ、もってのほかっていうらしいんだよ。美味しいから食べて。」
ご近所の壮年の方です。

夕食時、独り占めしていただきました。
この時期にしか味わえないご馳走です。

昨日も今日もし・あ・わ・せです。単純だなぁ。(笑)


hibari
2017.11.11
[PR]
by unjaku | 2017-11-11 12:21 | 日々のこと | Comments(4)

放浪家族


我が家には、夫の妹から「放浪家族」というあだ名を頂戴している。
皆好き勝手に、行きたいところへフラフラと出かけていくからだ。
まだ息子たちがいた頃、帰省した時に、ありがたくも命名してもらった。
c0202113_15331118.jpg

光あふれる今朝も
ツインズ達が登校してしばらくしたら
昨日に続き、夫が「放浪してくる。」と言う。
「どちらへ?」と尋ねれば
「さぁねぇ。こんないい日に出かけなくていつ放浪するのだ。」と
訳の分からぬことを言って出ていった。

ま、今に始まったことではない。
若かった頃も、育児中の私をおっぽり投げてよく出かけて行った。
行先は大体わかっているのだが、連絡先も宿泊先もわからないのは毎度の事。
「よく平気でいられるねぇ。留守中に何かあったらどうするの?」
友人たちは呆れ顔でそういったものだ。
そんなこと言われたってねぇ。

さすがに親が高齢になったころからは、連絡先だけはメモを残してくれるようになった。
今はスマホもあるが、気が向かなければ連絡もなし。

ま・・そんなわけで昨日も今日も夫は行方不明。

ツインズたちもあっちこっちとよくほっつき歩くしなぁ。
「あんな遠いところまで遊びに行くの?」と
半ばあきれ顔で友人から報告が入ることも。
これも血かな?

でも物騒な事件が多いから、夕方は早く帰って欲しいなぁ。
今日も帰りが遅かった。もう不安ばかりが先立つ。


今、新聞やテレビをにぎわしている凄惨な事件。
現場からさほど離れていないのです。
ヘリが二日ほど飛び回っていました。
胸がつぶれるようです。
恐ろしい不安が募る世の中。
人間の心が崩壊して荒涼たる風景が広がって行くのでしょうか。
ニュースは見ないようにしているこの数日です。


hibari
2017.11.2
[PR]
by unjaku | 2017-11-02 16:03 | 日々のこと | Comments(2)

とうとう台風まで


10月の冷たい秋の長雨。
とうとう台風まで連れてきてしまった。

今日は衆院選の投票日。
皆さん車で投票所へ行くのかな?
それとも期日前投票済ませたのかな?
投票所へ行きかう人はまばらです。
本当に困った台風です。

おまけに「避難準備」情報が流れました。
何処へ避難するの?
市内の学校の体育館は投票所に使われているところも多いしねぇ。
明日の学校も休校になって、なぜかツインズだけがハイテンション。

夜が心配だなぁ。




長雨の前に刈り取りしてさお干してあった稲。
c0202113_12563886.jpg

長雨でカビが出ないかと心配になります。
刈り取りができない田んぼもあります。

あれこれ心配していると、身体だけでなく心までしぼんできそうです。
c0202113_1259152.jpg

林からもらってきたヤマブドウも、すっかりドライになってしまいました。

災害列島の日本。
この台風は、選挙のあとに国や政治が荒れる前兆でしょうか?
ともあれ気になる台風の進路です。


hibari
2017.10.22
[PR]
by unjaku | 2017-10-22 13:05 | 日々のこと | Comments(0)

雨 あがる


冷たく寒い雨が降り続き、気持ちも鬱々と落ち込み
何ともやり切れぬ日が続きましたが
ようやく今朝は光があふれ
「お日様が出てる~!」とツインズも晴れ晴れと登校しました。


c0202113_10585725.jpg

雨に濡れそぼっていた薔薇をビリーやトープの写真に飾り
外に出てみれば、ご近所のクレマチスもまだまだ元気です。
c0202113_113225.jpg

綺麗だねぇ。



昨日は久しぶりに夜遊び。
中学校時代の友人たちと飲み会。
もちろん盛り上がったことは言うまでもありません。
「あの先生が・・・・」
「僕のマドンナは・・・・」
「あの薄暗い教室は淋しかったよなぁ・・・」
と、一気にタイムスリップ。
皆昔の中学生にもどって賑やかなこと。
多感な時期を共に過ごした、田舎の中学校時代は
時を経て、反発も反抗も様々な事件も、懐かしく大切な思い出へと
変化し、友情へと昇華してしてきたのでありました。
そして
秋の夜は、温かなぬくもりと共に更けていきました。

みんな またね。


hibari
2017.10.18
[PR]
by unjaku | 2017-10-18 11:26 | 日々のこと | Comments(2)

美しい秋


秋の一日に夕暮れが訪れ、あたりが闇に沈むと
小さな虫たちの音が、夜を揺り動かすような大音響となって
窓辺からなだれこんでくる。
誘われるように外へ出れば、
まるで虫の音に体が包まれてしまうような錯覚におちいってしまう。

秋の夜の荘厳な歌。
まるで、夜空へ届けとばかりに命を振り絞って叫んでいるようだ。
長いこと続いた虫たちの饗宴も、冷え込む朝がやってくると
次の登壇者に舞台を譲るように静まっている。

そして朝陽の中で、朝露が光の粒のようにきらめいている。
c0202113_10194076.jpg


c0202113_10203755.jpg

少し寒いな・・・と感じる朝のいっときに植物が見せてくれる儚い夢のような美しさ。



暖かな昼下がりに林をさまよえば、
どんぐりやカラスウリがお土産になる。
c0202113_10241059.jpg


一日は長いのに、一年はあっという間に過ぎる。
「僕は感じる 人生が流れていくのを」とシュトルムは謳った。
そう、決して戻ることなく人生は流れていく。
それなのに、子供たちは未来への輝きとエネルギーに満ち溢れて
夕焼けの中を帰ってくる。

そんな不思議をしみじみ味わう秋の夕暮れ時。
c0202113_10333370.jpg



hibari
2017.10.12
[PR]
by unjaku | 2017-10-12 10:36 | 日々のこと | Comments(0)

土曜日のお彼岸


朝夕過ごしやすくなって、夜もぐっすり快適な寝心地。
運動会の練習で疲れているのか、
土曜日の朝もゆっくりの二人。
c0202113_1518183.jpg

窓を開けるとひんやりとした風が、
身体を包むように流れ込んでくる朝。


今日はお彼岸。秋分の日。
近所のお寺には大勢の人がお墓参りに。
c0202113_1522189.jpg

立派な蓮の花托がありました。


いよいよ本格的な秋。
疲れた体も静かな季節と共に落ち着いてくれるといいな。

hibari
2017.9.23
[PR]
by unjaku | 2017-09-23 15:31 | 日々のこと | Comments(0)

昨日が嘘のよう


昨日の肌寒さは何だったのでしょう?
c0202113_16155055.jpg

Tシャツに薄手のセーター着てちょうどよいくらいの気温。写真ボケボケ。
お昼寝する時には、毛布が必要でした。

台風が各地に爪痕を遺して去った後
今度は猛烈な暑さ!
c0202113_15393010.jpg

色で表すとこんな感じかな?
とにかく陽射しの痛いこと!

c0202113_15412297.jpg

涼やかだった蕾も、あっという間に開花しちゃった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不自由な足は、気圧の変化をまともに受ける。
退院して間もなく3か月。
順調に回復しているとはいえ、
手術前にドクターから言われた言葉をふと思い出した。

「手術がうまくいっても、QOLはそれ以前に比べると1段階下がると覚悟してください。」
忘れていたよ。
確かに日常生活は、あまり困らないところまで回復したけれど、
速足で歩くのは、まだ無理だし、長い時間の徒歩も内心不安だらけ。
バスや電車、階段の上り下りさえかなり緊張を強いられる。

退院した後が夏だったからよかったけれど、
入浴するのもかなり怖くてシャワーの日々だった。

風邪の後に襲われた絶不調は、これらのストレスだね。

慌てても仕方ないけれど、いろいろ調べてみたら、
元の生活を取り戻すまでに、健康な人でも平均2年を必要とすることがわかった。
何と焦りに満ちた精神状態の中で暮らしていたのだろう。
イライラするのは当たり前だ。
ただ幸いなことに、姿勢に変な癖をつけるのは避けることができた。
優秀な理学療法士のおかげだ。

できないことは諦めよう。
他人と比べるのもやめよう。

入院中は外を眺めながら、普通にスタスタと歩く人の姿が不思議でならなかった。
でも、私も何とか近所も学校までもスタスタと歩く力を回復したのだ。
感謝を忘れた自分がアホでした。



hibari
2017.9.18
[PR]
by unjaku | 2017-09-18 16:20 | 日々のこと | Comments(0)