hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


梅雨あれこれ・・・


今日で6月も終わり。一年の半分が終わりました。
速いのか、変わりないのか、わかりませんが、
やがて苦手な夏がやってきます。

今日は田んぼから
c0202113_20283728.jpg


やはりこの風景ですね!
「清しさや 稲田の苗の 青々と」 雲雀

やはり日本の原風景。
これを見ないと、次の季節へ進めません。


c0202113_20293459.jpg


待ち焦がれた、山百合が咲きました。
夕暮れ時には、濃厚な匂いが漂います。

もっともっと増やしてみたい山百合です。


c0202113_20333394.jpg

友人の
緑に埋もれた「庭」。
これもまた素敵です。
持ち主の雰囲気にピッタリ。


最後はこれ
c0202113_20362369.jpg


「子供らのヒュンと伸びたり夏の足」・・・雲雀
社会科の授業で、ゴミの話と分別、自分の家からどんなゴミが出るのか勉強が始まりました。
いい機会なので、朝のゴミ出しは、ツインズの仕事になりました。
さぁ・・・毎日どんなゴミが出るのでしょうね。大いに研究してもらいましょう。


hibari
2015.6.30
[PR]
by unjaku | 2015-06-30 20:46 | 日々のこと | Comments(4)

平凡な毎日だけど


平凡だけれど心安らぐ毎日。
トープが亡くなって4カ月が過ぎた。

c0202113_16101663.jpg


早朝のサッカー・ワールドカップ準々決勝。
勝ちましたねぇ!なでしこジャパン!
後半42分のゴ~~ル!でした。
勝利するって、何と気持のよいことでしょう!

憔悴してピッチに座り込んだり、
横になったまま動けぬオーストラリアに対して
「なでしこ」達の晴れ晴れとした表情。

c0202113_16171948.jpg


準決勝にはまた大きく険しい壁。

もちろん また応援します!

私もガンバ!


hibari
2015.6.28
[PR]
by unjaku | 2015-06-28 16:23 | 日々のこと | Comments(0)

素敵な雑貨を扱うティン・パン・アレイさんへ
遊びに行ってきました。
ただいまセール中。
お客様が大勢いらしていて、ごった返しています。

c0202113_15272958.jpg

お客様の対応に忙しいアツコさん。
ラズベリーを用意してくださいました。
帰りには、手前の小さなグラスに詰めてお土産に。

c0202113_15273935.jpg

お客様は、それぞれ好みのお品を物色中。
楽しい笑顔がひろがるベランダです。


お買い物がすんだらお庭をウオッチング。
c0202113_15331997.jpg

黄色いブッドレアは、初めて見ました。
紫色が多いんですよね。



行くたびに表情の変わる庭。
アツコさんの頭の中は、植栽の設計がいっぱい詰まっているようです。
c0202113_15334436.jpg
c0202113_1534182.jpg



シソ畑の中に、ぽつんと葵?かな。
c0202113_15342067.jpg

何が咲くか、出てくるかわからない、楽しみ一杯のお庭です。


hibari
2015.6.25
[PR]
by unjaku | 2015-06-25 15:42 | 好きなもの | Comments(2)

グランマ取り扱い説明書


夜、シャワーも浴びてサッパリとしたくつろぎのひと時、
マイさんが言いました。
「グランマァ、推薦図書のなかに、かあちゃん取り扱い説明書、っていう本があるよ~!」
夫曰く、「違うだろ。グランマ取り扱い説明書、だろ!」

そうですよ。グランマ取り扱い説明書、でなきゃぁ駄目ですよ!
何しろ、すごぉいオッチョコチョイの気短かですからね。取り扱いは難しいですよ。


今朝は、おにぎり食べたい、と言う二人のリクエストで
おにぎりを作った後
コーヒーに塩を入れて、とんでもない目にあった私です。
やったことある人いらっしゃいますか?
思わず吐きそうになりますよね。


まぁ年中そんな私ですから、ぜったい取り扱い説明書は必要です。
ま・・作るのは夫しかいませんがね。


写真はご近所の庭の花です。

c0202113_2051977.jpg

カンゾウの花も気が短くて一日花です。
昔は、あちこちの土手に咲いていたのになぁ。

c0202113_20531156.jpg

この紫陽花、ご近所の庭に毎年咲いていたと言うのですが
気がつきませんでした。
きっと私に見つかるのを、恐れていた恥ずかしがり屋さんなのでしょう。

もう・・おもしろくない!明日の午前中は家出して友達の処へ行く。
すると夫、「昼ごろには帰ってこいよ~。ドイツ旅行のレクチャーするから。」

あ~~あ、こんな毎日って・・・・・・・やっぱり面白いか!
連れて行ってもらえるうちが花だもんね。


hibari
2015.6.23・・・・ちなみに今日は6千歩ちょっと。昨日は8千歩ちょっと。でした。
[PR]
by unjaku | 2015-06-23 21:05 | 笑える話 | Comments(4)

またまた雨~!!


今日はまたもや雨~~!
午前中から大雨・雷雨・突風の注意報が出ていましたので
ハラハラしましたが、今のところ小雨程度。
でもね、湿度が高くてジーンズが足にベタベタまとわりつく。
やな感じ!

ここのところ、悩みを持つ人から、様々な問題を相談され
聞くだけしかできない私だけれど、それで心が少しでも軽くなるならと
時間を費やしてきました。
本当に聞いてみないと分からないけれど、悩みのない家庭はありません。


c0202113_1625661.jpg


かく言う私は、簡単な話だけれども
夫からついに「万歩計」を持たされました。
毎日、暇さえあればゴロゴロしてるからねぇ。

少なくても6千歩が目標ですが、
まぁそれに近いか、少し越す程度は歩いています。


友人たちは、
「ご主人優しいのねぇ。」と言ってくれますが、とんでもない。
「俺は君の介護はできない。死ぬまで自分の健康には
責任を持ってくれ。」
と言う意味なのです。

c0202113_1634921.jpg


twinsがいるから、簡単には死ねないけれど
二人に迷惑はかけられないからねぇ。

来月には2週間の旅行が待っています。
夫曰く、
「毎日1万歩以上歩かせるからな!」

へぇへぇ・・分かっておりやす。
お腹が凹んでくれるなら、難行苦行は耐えます。
twinsからも、
「グランマァ、今夜も腹筋よ~~!」と
毎晩しごかれています。
あ~~あ・・・・いつから立場がかわったのかなぁ・・・?


hibari
2015.6.21
[PR]
by unjaku | 2015-06-21 16:13 | 日々のこと | Comments(2)

梅雨の晴れ間に


今日は、雨もやんで朝から夏の光。

3カ月ぶりに、お二人さんのヘアカットです。
予約時間まで少しあるので
駅前公園で遊ばせました。

c0202113_1451528.jpg


七夕の飾りにジャ~~ンプ!

ホントに元気なこと!

結果は、マイさん 満足で鏡見てニッコリ。
ユイさんは、出来あがりにガックリ!べそをかいていました。

な~~んで泣くわけ?
グランマが見ても充分可愛いのに。

少女の心は分かりません。

そして帰ってくれば、グランパとチャンネル争い。
絶対リモコンを離しません。
グランパとバトルしたって勝てっこないのにな。



hibari
2015.6.20
[PR]
by unjaku | 2015-06-20 14:11 | twins | Comments(2)

c0202113_1405553.jpg
梅雨とはいえ、雨ばかりだと憂鬱ですね。
おまけに今日は、気温も低い。
テンションも下がりっぱなしです。

おまけに滅入るような出来事ばかり。
c0202113_13564641.jpg

薔薇も濡れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


先日母が散歩中に、背後から犬に跳びつかれて転び
両膝をしたたかに打ちました。
あまりの痛さに声も出なかったとか。
近所の男性が助け起こしてくれたそうですが、
犬と飼い主は、知らん顔で現場を立ち去ったということです。
少し大きめの犬だったと母は言っておりますが、
飼い主の顔は分からないと言うばかりです。

幸い時間と共に痛みは薄らいできたようですが、
その後の足取りは、以前よりずっと心もとなくなってきました。

もうひとつ、転んだはずみで、大事にしていたメガネが
こなごなに割れてしまったと嘆いておりました。

「どうして警察に通報しなかったの?」と問えば
「自分の不注意でぼんやりしていたのがいけなかったのだから
これ以上恥をかかせないで。」というばかり。


情けなくて腹がたって、憤りを誰にぶつければいいのやら!
もうすぐ90歳に手が届く年寄りを、転がしておいて
知らん顔したのはどんな犬とご婦人だったのか?


もうやりきれんです。


hibari
2015.9.19
[PR]
by unjaku | 2015-06-19 14:38 | 日々のこと | Comments(2)

アイスキャンディ


アイスキャンディ!
ツインズにとって一年中欠かすことのできないおやつです。
暑くなればなおさらのこと。
c0202113_2022939.jpg

数日前、用事や買い物を済ませて帰宅したら
5人のお嬢様方がリビングや子供部屋を占拠して
それぞれにくつろいでおりました。
もうまるで自宅でくつろいでいるようなご様子です。

「ありゃ~、こりゃ私が休む場所もないわ~・・・!」
と諦めて、買い物の中身を整理して、冷凍庫を開けました。
あれ・・・朝あったはずのアイスキャンディが無い!
確か3本しかなかったはずだから、誰かが食べそこなったのね・・・・。と思いながら
新しいキャンディを補充しました。


夕食の時、その話題になって、二人が言うには
「うん・・・・お友達にあげたの。ユイとマイはまた後でもいいと思って。」

優しいなぁ。 誰に似たんでしょ。
二人の間で喧嘩は起きても、お友達には本当に優しい二人です。

「グランマ!ごはん食べ終わったら、アイス食べてもいい?」
「もちろんよ!」
やっぱりあま~くなってしまう婆なのでありました。


hibari
2015.6.18
[PR]
by unjaku | 2015-06-18 20:33 | twins | Comments(2)

12日に書いた記事「アンギアーリの戦い」に
思いがけない数のアクセスをいただきました。

あまり関心のない内容かと思うと同時に
長すぎる文章も、面倒な事と思い
調べたかなりの部分は省略しました。

読んでくださった皆様方にもう少し話題を
と思い追記を書きます。


c0202113_16173654.jpg


アンギアーリの戦いは、史実に基づいた争いで、
1440年に、ミラノ公国とフィレンツェ共和国の間で
アンギアーリという地で、両方の軍隊の激烈な戦いが起こりました。

その戦いをモチーフにして描かれたのが、この絵「アンギアーリの戦い」なのです。

フィレンツェの500人大会議場の壁を飾る絵を依頼されて、
L・ダ・ヴィンチが1504年に書き始めた時、契約書にサインしたのは
かの有名な政治家マキャヴェリでありました。
時にダ・ヴィンチ52歳。晩年に近くなっていました。

「アンギアーリの戦い」は、フレスコ画ではなく油絵具を使って書かれましたが
板絵に油絵具がうまくなじまなくて、そうとうダ・ヴィンチは苦労したようです。
結果として、ダ・ヴィンチは途中で製作を諦めることになります。

しかしながら、この絵に描かれた人物の名前は判明しています。
それは、ダ・ヴィンチが夥しい肖像画のスケッチや、
馬や人間のあらゆる動きを、驚くほどの数のスケッチにして
遺しているからです。

ダ・ヴィンチは左利きだったと言われていますが
文字は右側から全て鏡文字にして残しました。
克明に描かれたノートの文字は、誠に美しく整然とならび、
そのノートさえ芸術品と呼びたくなるほどです。

まさに稀有の天才でありました。
今回、「アンギアーリの戦い」を観ることができたのは
幸せなことでした。
イタリア・ウフィッチ美術館から貸し出された、まさしく名画でした。


hibari
2015.6.14
[PR]
by unjaku | 2015-06-14 16:19 | その他 | Comments(0)

アンギアーリの戦い


今日は東京・八王子の東京富士美術館で開催中の
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展を
見てきました。
c0202113_19542978.jpg


この絵は板に描かれたレオナルド・ダ・ヴィンチの失われた壁画と呼ばれる
壮大な作品の模写であり、長らく行方が分からなかった「タヴォラ・ドーリア(ドーリア家の板絵)」と呼ばれる
16世紀の油彩画です。作者は不明です。
模写とはいえ、この作者は、実際にレオナルド・ダ・ヴィンチの描いた壁画「軍旗争奪」」を実際に見ていたと
考えられ、その後ルーベンスを始めとして、多くの一流の画家が模写をしています。

では、ダ・ヴィンチが実際に描いた壁画は何処へ消えてしまったのか・・・・が現在に至る大きな謎と
されてきました。
イタリア・フィレンツェのヴェッキオ宮殿に行かれた方は、多分「500人大会議場」をご覧になっていると
思いますが、その部屋の壮大な壁画は、J・バザーリによるものです。
J・バザーリが、壁画の注文を受けた時に、会議場の壁画としてあったのは、ダ・ヴィンチの未完の大壁画、
この「軍旗争奪」と、やはり未完のまま放置されたミケランジェロの戦闘画でした。

バザーリは、ダ・ヴィンチを尊敬していたので、未完とはいえ壮大な壁画を塗り潰すことはありえない、と
いうのが最近の一致した見解のようです。
では、ダ・ヴィンチの「軍旗争奪」は何処へ消えたのか・・・・・・。
研究者たちは、バザーリの貴重なフレスコ画に小さな穴をあけ、そこから超小型カメラを入れてみたところ、
なんと数センチの空間の奥に、もうひとつ絵が隠されていることが分かってきたのです。

7m×14mという大きなフレスコ画の奥に隠れているのが、実際の「軍旗争奪」の絵ではないかと
研究者達は、睨んでいるわけですが、それにしても前面の、こちらも貴重なバザーリのフレスコ画を
どうやって取り除くのか、取り除くことによって、奥に隠された絵の色が空気に触れて急激な変化を来す
事も考えられて、さてどうしたものか・・・・・・。まだ結論は出ていないようです。
バザーリのフレスコ画の軍旗の中に「さがせよ。さればみつからん。」と言う謎めいた言葉が書かれており、
古代からローマ軍は「軍旗」を奪われることを、最大の恥辱と考えていたことを考えると、この激烈な
板絵と共にバザーリが残した言葉が、謎をいっそう深いものにしているようです。

c0202113_20284112.jpg


ダ・ビンチの偉大な功績の一部分を見た後
少し疲れた頭を抱えてテラスの向こうを眺めれば、緑濃い美術館の庭が広がっているのでした。


hibari
2015.6.12
[PR]
by unjaku | 2015-06-12 20:34 | その他 | Comments(4)