hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧


またまたお世話に


ブログのスキンがしょっちゅう変わってめまぐるしい。

昨日まで使っていたものは、気にいっていたのですが
画像にポインターをあわせると、霧がかかったようになって
何とも煩わしい。
で、結局元に戻りました。
落ち着かないようですみません。


で、今日はこの画像から
c0202113_1537457.jpg


また松葉杖にお世話になることに。

いえいえ、今回は私ではなくてツインズの妹・ユイ。
昨日遊んでいる最中にこけて、
夜になって腫れがひどくなり、一晩冷やして寝ました。

今日整形外科へ行ったら、なんと骨にヒビが。
おまけに捻挫。全治1ヵ月。
もうトホホ以外の何ものでもありません。
当分、学校の送り迎えが始まります。
勘弁してよ!もう~~!




hibari
2016.10.31
[PR]
by unjaku | 2016-10-31 15:45 | twins | Comments(2)

それぞれの道


昨日来たパパが、チビ娘たちの相手をして、
先程帰りました。
数か月に一度の逢瀬です。

切ないけれど、それぞれの道を歩むしかありません。
c0202113_166366.jpg

この細道は、夏に行ったベルサイユ。

ルイ16世と王妃のマリー・アントワネット・その子供たちも
フランス革命でそれぞれの運命を生きなければなりませんでした。

最も悲惨な運命をたどったのは、ルイ17世(マリー・アントワネットの息子)でしょう。
たった10歳で悲惨な運命を閉じなければなりませんでした。
肖像画を見れば、何と愛らしい金髪の少年でしょう。

その少年が、母親と引き離され、トイレもない・光も入らない独房で
病に侵されて、気が狂って死ななければならないほどの悲惨を
味合わなければならなかったのです。




c0202113_1615411.jpg

それに比べれば、父親として愛する娘の成長を見守りながら、生きて働ける人生は
よほど幸せだと言ってよいでしょう。


もう少し年月が過ぎれば、チビどもは美しい娘になり、
パパも私たちもそれなりの幸せを感じるのかもしれません。
先に亡くなったママを思えば、胸は痛みますが、
人はそれぞれの人生を歩まねばなりません。
c0202113_162107.jpg

自分の力で、人生の花を咲かせるほかないのです。

理不尽な理由で人生を諦めた人の分まで、
若い人々よ!自分を生きよ!と言いたいのです。



少しばかりお説教まがしい管理人でした。




hibari
2016.10.30
[PR]
by unjaku | 2016-10-30 16:28 | その他 | Comments(0)

三色すみれ


なんだか無性にパンジーを植えたくなりました。
理由の一つは、小さな鉢が幾つかあること。

昨日通院の帰りにさっそくパンジーを買いました。
ほんとは、パンジーと呼ぶより、三色すみれの方が好きなのです。

「赤毛のアン」の主人公が「私の名前のAnnにeを付けてね。
Anneの方が好きなの。」
その気持がよくわかる。

・・・・・・・・・・・・・・・


さぁ、今日は雨が降る。
雨の前に大急ぎ・・・・・そうは言っても
朝から体調が悪くて、昼近くまで横になっていました。

体中が痛いのです。特に、右目の奥。辛いなぁ。

このまま身体が固まってしまいそうで、空の色にせかされて、思い切って起きました。
三色すみれが待ってる。
そして・・・・・・

c0202113_19384720.jpg


こんな具合。


c0202113_1941182.jpg

三色揃った物を二個、ぎゅうぎゅうに押し込みました。

そして、ダイニングからよく見えるベランダの特等席に置きました。

なんだかもう少し増やしてみたくなりました。
私も少し淋しいのです。
何故?・・・・・・・わからないことにしておきましょう。
心はいつも何かに触れながら揺れ動いているのです。




hibari
2016.10.28
[PR]
by unjaku | 2016-10-28 19:59 | 花・植物・小動物 | Comments(0)

boyfriend


c0202113_1671389.jpg


今日の午後
気持のいいまどろみが訪れた時、彼はやってきた。
「こんちは~。」
まるで自分の家のように入ってくる。
夫は出かけて留守。

「コーヒーのむ?」と聞くと
「もらおうかな。」
「苦いブラックでいいんでしょ?」
彼は甘い顔をしているくせに、苦いブラックコーヒーが好みだ。

そうこうするうちにツインズが帰宅。
「え・・・今日も来てたの?」
「彼にさ、コーヒー用意してあげて。グランマちょっと眠い。」
「いいけど・・すぐ遊びに行くよ。」
どうぞ どうぞ。

c0202113_16124919.jpg


コーヒーの用意が出来ると、二人はさっさと出かけて行った。
彼がいることに何の不思議もないらしい。

ちょっと若すぎるボーイフレンドを相手にしながら、
料理の話やら家族の話やら。
「つまるところ、君がお母さんに反抗するのは、お家に帰った時
誰もいないからなんだ。」

「そうだね、それもあるね。ぼっち(ひとりぼっち)は好きなんだけど、
今日みたいにだぁれも遊び相手がいない時はちょっぴりね。」

1時間ほど、どうでもいい話をして
その後、でかくなった体には不釣り合いのランドセルを肩にして帰っていった。
「明日も気が向いたらまた来るかも。」
「お好きなように。」


その昔、チビ姉に一方的に婚約を迫って、
フィアンセ気分だった彼も、すっかり思春期・反抗期。
大人の入り口に立っている。

私が自分を持て余したように、彼にも
自分ではわけのわからない苛立ちがあるのだろう。
そのうち、声変りが始まって男っぽくなるのだろうけど、
ま、どうしようもない時は、私で済む間は話し相手ぐらいするさ・・・・ネ。



hibari
2016.10.27
[PR]
by unjaku | 2016-10-27 16:34 | 日々のこと | Comments(2)

ランタナとシラサギ


迫りくる誕生日。おお嫌だ!
もう歳は要らない。
返したい。でも何処へ返せばいいのかわからない。
減らしたい分だけハガキに書いてポストに入れようか?

貯金は増えてほしいけど。

愚痴を言っても仕方ないので
カメラを持って川へいきました。

ランタナの群生があるのです。
思った通り、陽ざしに映えて満開でした。

c0202113_16221066.jpg


c0202113_16223355.jpg


c0202113_16225391.jpg


c0202113_16231067.jpg


いつの間にこんなに見事になったのか・・・・?

そして、ランタナの下を流れる川。歳も流してしまいたい。
でも、御褒美かな。シラサギがいました。
そういえば昨日もいたね。

c0202113_16263249.jpg


c0202113_16264982.jpg


c0202113_1627344.jpg


羽の白さと水のしぶきが目に染みいるよう。
見上げれば、青い空をアオサギが悠然と横切っていきました。



hibari
2016.10.26
[PR]
by unjaku | 2016-10-26 16:35 | 日々のこと | Comments(0)

ビフォー・アフター


お譲さま達がお悩みの汚部屋です。

ビフォー。
c0202113_1574681.jpg


すごいですねぇ!足の踏み場がありません。
二人ともどこで毎日勉強しているのでしょうか?

そこで匠は考えました。
まず掃除せよ!片付けよ!

アフター。
c0202113_1510201.jpg

おお、奇麗になりましたねぇ。

指すが匠の技、信じられません。

ご覧ください。足の踏み場もなかった汚部屋が
匠の技によって、こんなに快適な空間になりました。
今夜から、しっかりゆったり二人で過ごせますねぇ。

依頼主のお嬢様方曰く
「ううん・・ここでは勉強しないの。
此処の部屋ではテレビが見られないから、ダイニングテーブルがいい。」

え・・・せっかくこんなに奇麗になったのに?

「だって一週間たてば同じだもん。」


だめだこりゃ!!



hibari
2016.10.23
[PR]
by unjaku | 2016-10-23 15:17 | twins | Comments(0)

少し御洒落しましょうか


季節が急に秋めいて
いよいよ半袖から長袖へ、
さらに暖かな素材を身につけたくなります。

此処のところ、身体がふっくらして
お気に入りの服が縁遠くなり、ジーンズも腰のサイズ・ウエストが合いません。
体になじんだお気に入りのシャツやらTシャツやらも窮屈でしっくりきません。

「天高く管理人肥ゆる秋」
困ったものです。捨てられない服はどうすればいいのでしょう?
私としては、まだ十分執着があるのです。

そんなわけで、今日は久しぶりに街へウオッチングと出かけました。

来年の手帳やらソックスを買い
木綿の白いTシャツを買おうと思えば、これが無いのです。
モダールとかストレッチ素材のはいった、ヤワヤワしたものばかり。

モダールとかストレッチ素材がはいってると
年取った身体にはどこか余計にだらしなくて、
おまけに体の線をもろに拾ってしまうのです。

そしてGAPでようやく見つけたのが下のニット。

c0202113_16252040.jpg


メリノウール100%。ハイゲージで肌触りは超優しい。
おまけに50%オフなのです。
サイズ違いで2枚買いました。


c0202113_1628053.jpg

そしてスニーカー。実物はもう少し薄いグレーです。
ホントは紺色が欲しかったのですが、残念お財布とつりあいませんでした。



最後は、ハリスツイードのショルダーバッグ。
これは、数年前セールの時に買って、そのまましまっておいたものです。
c0202113_1632784.jpg

愛用の帆布のトートバッグがくたびれて来たので
ようやく出番が来ました。

さてさてこんなものでこの秋冬間に合うのでしょうか?
セーターやカーディガンはそれなりに何とかなりそうなので
あとはジーンズ。どうしたものやら。
ジーンズ買うのは試着が必要なので、エネルギーがないと買えません。

シーズンはこれからなので、じっくり考えましょうか?
お洒落をするのも大変。

とっかえひっかえ何でも切られた月日は遠くなりにけり・・です。



hibari
2016.10.22
[PR]
by unjaku | 2016-10-22 16:43 | お洒落もしよう | Comments(6)

メッセージ


そろそろ来年の手帳が気になる季節になりました。
私の定番はB5サイズ。無印から出ているものです。

予定表に書き込んでいても、時折忘れてしまうたわけ者ですが
なければ非常事態がしょっちゅう出るから、無くてはならないのです。


昨夜も電話がかかってきて、予定表とにらめっこをしていたら
マイさんが余白に何やら書いていました。

c0202113_1592040.jpg


c0202113_159377.jpg


「今月もがんばれ! ファイトだ もうひとふんばり ★ まい
今月もいっぱいだけどファイトだ! イエーイ」


嬉しいメッセージ!でした。


c0202113_15121612.jpg

今回の贈り主は、向かって左のお譲さん。

気が付いてみれば足が伸びている。手も伸びている。


そして今日は、トープの誕生日。


hibari
2016.10.21
[PR]
by unjaku | 2016-10-21 15:15 | twins | Comments(0)

夏回帰


今日は久しぶりに真澄の空。
しかし暑い!
夏物は大方片付けてしまったから、
薄めの生地の長袖シャツを着こんだけれど、
汗だくで過ごす一日となった。

c0202113_165524.jpg

健気に子孫を残そうとするシジミチョウ。


c0202113_1675333.jpg

散歩道の陽射しも強い!
サングラスなしでは外を歩けない。
不自由ばかり増える月日。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本のオリンピック騒動は終息するのでしょうか?
バッハ会長がお見えになったしね。
しかしながら、膨らみ続ける予算の問題は果たしてどうなる?

豊洲の問題は?

お役所の仕事はどうしてこう体たらくなのだろう?
庶民は野菜の高騰に、いささか疲れていると言うのにね。

今日はハンバーグを作るのだけれど、付け合わせの野菜が足りない。
野菜売り場をうろつきながら、「キャベツが残っているから茹でて付け合わせに・・・!」でオチです。
毎日野菜の炒め物ばかりでも飽きてしまう。
近所から頂いた野菜もほぼ使い切ったし。


アメリカのトラとクリの闘いももうすぐ決着!
トラだけは勘弁してくれ!
恥ずかしくてみっともなくて見るのも嫌だ!!
アメリカの大統領選挙に、こんなにハラハラするのも初めてのこと。



hibari
2016.10.20
[PR]
by unjaku | 2016-10-20 16:23 | 風景 | Comments(0)

豊穣の山柿


c0202113_1557565.jpg


今年も豊穣な山柿。
葉っぱが落ちた頃が食べ時。

甘いの!
トープが落ちた柿を、よく拾って食べていた。

今年もいただきに行くかな。




hibari
2016.10.19
[PR]
by unjaku | 2016-10-19 16:01 | 風景 | Comments(0)