hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧


緑が目に染みる


緑が目に染みる季節。
サングラスなしでは歩けない季節。

緑色の薄手の涼し気色のセーターを着たのですが
「グランマ!緑よく似合うね。もっとたくさん着て!」
と二人からお褒めの言葉をいただきました。
嬉しいな。
スカーレット・オハラの緑。
アイルランドの緑。
春 萌えいだすときの若葉の緑。

若い時代は、もっともっと緑色の服を着ていたような。
いっとき「みどりちゃん」なんて呼ばれたこともありましたっけ。


さて、春の花から季節は初夏の花へ。
薔薇シーズンが来る!
毎朝・毎朝、バラのご機嫌を伺いに出る楽しい時間。

春の花もそろそろ最終版。また少しだけ貼りますね。





c0202113_10271293.jpg
シラーの花

c0202113_10280671.jpg
ステップストーンも隠れる狭い通路。 シャガやシラーやシダが勝手に生えています。
もちろんドクダミも。

c0202113_10283184.jpg
コデマリもあっという間に満開。あっという間に散ります。

c0202113_10292474.jpg
今年はチューリップを少ししか植えませんでした。


春が過ぎるともう夏がすぐそこに。
短かくて、寒さから解放され身も心ものびやかに、心ものびやかに広がる季節です。
そんな季節・・・・・春!






[PR]
by unjaku | 2017-04-30 10:35 | 花・植物・小動物 | Comments(2)

GW開幕!


気持ちの良い朝。GWの幕開けです。
我が家のヴィオラも薔薇の若葉に覆われて
そろそろ終わりかな。
c0202113_11194101.jpg


お嬢様たちは、都内の「科学技術館」へ
グランパ引き連れてお出かけです。
渋いですねぇ。

実は遠足で行ったばかりなのですが、
時間が足りなくてゆっくりできなかった。というわけで
再度のお出かけとなりました。

だぁれもいない家は静かです。
散歩のときであったお花を少しだけUP。
c0202113_11261552.jpg

c0202113_11271857.jpg


c0202113_11274392.jpg
遅咲きのボタン桜が満開でした。

さて何をしようかな?
ここ数日あたふたと過ごしたので
たまった衣類にアイロンがけでもしましょうか。



hibari
2017.4.29



[PR]
by unjaku | 2017-04-29 11:51 | 日々のこと | Comments(0)

楽しい自転車


昨日ツインズは遠足でした。
国会議事堂や科学技術館へ行きました。


二人が留守の間に、パパが手配してくれた
色違いの自転車が2台届きました。

二人が大喜びしたのは言うまでもありません。
遠足から帰って、荷物を放り投げて
早速乗ったのはもちろんのことです。
暗くなるまで家の前で乗り心地を確かめていました。


そして今朝、登校時間ぎりぎりまで
二人でそぉっと自転車こぎをしていました。
c0202113_1631530.jpg

笑っちゃいます。


ごらんの場所は、昔、グランパの大事なブリティッシュ・バイクのガレージでした。
そのヴィンテージバイクを、みな手放して今や物置です。
そして、ツインズの自転車のガレージとなりました。



hibari
2017.4.25
[PR]
by unjaku | 2017-04-25 16:04 | twins | Comments(2)

フランスが泣いている


フランスが泣いている。
フランスが大きく動揺している。

c0202113_1313484.jpg


数日前のテロ。
これで何度目だろう。
どれほど兵士を増やして警戒しても
その目をかいくぐって、人が殺される。破壊される。

c0202113_134271.jpg

ルーブルでもあったし、
今回はシャンゼリゼ通り。パリの中心部だもの。

c0202113_135455.jpg

我が家のお嬢様が、美味しいマンゴー・シャーベットを食べた場所もシャンゼリゼだった。


去年行ったばかり。
「ヨーロッパは危ないからやめたほうがいい。」と
友人・知人にずいぶんと忠告されたっけ。
その前の歳の秋遅く、パリ中心部から少し離れた
劇場で爆発事故が起きて
多くの人々が亡くなった。

私たちもその劇場の前で黙とうをささげてきた。



もうすぐ、日本時間の午後3時ごろから
大統領選挙の投票が始まる。

これから世界はどうなっていくのだろう?



hibari
2017.4.23
[PR]
by unjaku | 2017-04-23 13:14 | その他 | Comments(0)

男子がね 優しいの


指の不自由なお嬢様の報告。

「あのねグランマ、今日の(昨日のこと)給食の時
こんなことがあったんだよ。
yui(自分のこと)がね、スープをよそろうとした時、
うまく自分の器に入れられなかったの。そしたら隣にいた男子がね
”いれてやるよ。これくらい?もうちょっと?”ってやってくれたんだよ。」

「あら・・・よかったわね。優しいのね。」と言ったら
とてもうれしそうにうなずきました。

ツインズの同級生たちは、男女の壁なくお互いにいたわりあって
仲良く遊びます。呼び合うときは、みんなファーストネーム。



私が子供だった頃は、お互い反目しあっていたものです。
ちょっと仲良くすれば、おおいにからかわれ笑いものにされました。
今から思えば変でしたね。(笑)



c0202113_13474528.jpg


c0202113_1348113.jpg


c0202113_13481717.jpg


写真は華周防(はなすおう)ちょっと見た目は地味な花だけど
ひとつひとつの花をみれば、びっくりするほど綺麗。
若葉も優しく花を彩ります。




hibari
2017.4.22
[PR]
by unjaku | 2017-04-22 13:55 | twins | Comments(2)

はて?


はて、これは何でしょう?
c0202113_1165457.jpg


正解は、「母子草」の綿毛。
花を摘んで花瓶にさして置いたら
いつのまにか綿毛になっていました。

初めて見るような。




hibari
2017.4.21
[PR]
by unjaku | 2017-04-21 11:09 | 花・植物・小動物 | Comments(0)

モッコウバラも満開に


ご近所のモッコウバラがほぼ満開に。
c0202113_1918192.jpg

上品な匂い。可憐な花。丈夫な株。
我が家にもゾウムシが現れ始めました。被害も出ています。
油断も隙もありませぬ。
コンチクショー!の日々が始まります。

そしてどくだみの群れ。
今朝もチョイ抜くか・・・と思ったら1時間もやっていました。
まだまだたくさん生えてます。



こちらは可愛い星の子。ピンボケ~。
c0202113_1922850.jpg



親株はこちら。満開です。
c0202113_19224461.jpg

オンファロディス スターリーアイ。
舌を噛みそうな名前。



ツバメが元気にさえずっています。
どこからかアオゲラの声も。
いっとき華やかだったウグイスは、さて何処に。

今宵もツインズのマシンガントークにボロボロになった管理人です。
明日は医者だぞ!親指どころか右目の周辺のあざも気になります。


hibari
2017.4.20
[PR]
by unjaku | 2017-04-20 19:29 | 花・植物・小動物 | Comments(0)

このお方のすることは


c0202113_16512152.jpg


このお方のすることと言ったら!
毎日元気に過ごしているのはいいのですが、
2日ほど前、お仲間とお近くの公園を数か所渡って遊びました。


帰ってきたら、顔に新しい傷が。
目の横とあごの下。
一夜明けた朝は、目の下に青あざ!

何をしとるんじゃ!

わき見しながら走っていて、公園の金網に激突したんだそうな。

あんたほど顔に傷を作ってる子は見たことない!!

今日も出かけていますが、
姉ちゃんくらい、もう少し鏡で自分の顔をよく見なさい!!


hibari
2014.4.19
[PR]
by unjaku | 2017-04-19 17:00 | twins | Comments(0)

我らがパラダイス


久々に、笑ったり・悲観的になったり・怒ったり・スリルにはらはら、
という様々な感情に浸りながら読んだ本です。
タイトル「我らがパラダイス」、作者 林真理子。
c0202113_19371526.jpg


毎日新聞に連載されているときから大きな反響を呼んで、
早くも映画化の話が出ているそうです。


テーマは親の介護。
単行本の帯には「介護では、優しい人間がまけるのだ」という少しばかり
衝撃的なキャッチコピーが書かれています。

主な主人公は、邦子・さつき・朝子という三人の女性。
三人ともそれぞれ親の介護をしながら働く女性です。
家族間の、或いは親子の介護現場における、様々な葛藤が描かれていきます。
さらに、三人の女性が働く場所は、入所に何千万とかかる超高級介護施設。
邦子は受付。さつきは施設内のウエイトレス・朝子は看護師と
それぞれ分野が違うのですが、
自分の親の介護と超高級介護施設における手厚い介護の落差に、
割り切れぬ思いを抱いているのが共通で、
その格差への憤懣から、三人の女性がやったことは何だったのか?!
犯罪一歩手前のスリルに、心がわしづかみにされます。
ここに敵役のマネージャー福田氏が絡んで、
最後のクライマックスに突入していきます。


さて、老人たちの選択したパラダイスとは何だったのか?

すでに社会問題化している、認知症の親・連れ合いを抱えて自宅で奮闘している家族は
次々と疲弊して、最悪の場合は悲惨な事件が報じられたりしているのは、周知のとおりです。
介護制度も崩壊寸前で、国はこの問題をどうしようとしているのか?

待機児童の解消の問題には、未来がかかっているせいもあって、
国も自治体も必死に取り組んでいるようですが、
将来のない介護の現場は、まるで忘れ去られたように
格差の問題が取り上げられることもありません。



さりとて
高齢の親を抱える身にとっては他人事でなく、
認知症を発症した親とどう暮らすのか?面倒を見ていけばいいのか、
笑った後の爽快感とは裏腹に暗澹とした思いが残るのでした。


hibari
2017.4.18
[PR]
by unjaku | 2017-04-18 20:19 | 本を読もう | Comments(8)

今日も頑張る月曜日


桜は週末にすっかり散ってしまい
今日は月曜日。
陽射しが強くなって帽子着用の登校です。

c0202113_16255770.jpg


何とかクラスでの生活も無事終わったようで
「ただいま~!」と元気に帰宅いたしました。

帰宅しても遠方までは行けないので
自宅周辺で適当に体を動かしていました。
c0202113_16342097.jpg


c0202113_16343684.jpg


白かった包帯もあっという間に汚れてきます。


hibari
2017.4.17
[PR]
by unjaku | 2017-04-17 16:37 | twins | Comments(2)