hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

我らがパラダイス


久々に、笑ったり・悲観的になったり・怒ったり・スリルにはらはら、
という様々な感情に浸りながら読んだ本です。
タイトル「我らがパラダイス」、作者 林真理子。
c0202113_19371526.jpg


毎日新聞に連載されているときから大きな反響を呼んで、
早くも映画化の話が出ているそうです。


テーマは親の介護。
単行本の帯には「介護では、優しい人間がまけるのだ」という少しばかり
衝撃的なキャッチコピーが書かれています。

主な主人公は、邦子・さつき・朝子という三人の女性。
三人ともそれぞれ親の介護をしながら働く女性です。
家族間の、或いは親子の介護現場における、様々な葛藤が描かれていきます。
さらに、三人の女性が働く場所は、入所に何千万とかかる超高級介護施設。
邦子は受付。さつきは施設内のウエイトレス・朝子は看護師と
それぞれ分野が違うのですが、
自分の親の介護と超高級介護施設における手厚い介護の落差に、
割り切れぬ思いを抱いているのが共通で、
その格差への憤懣から、三人の女性がやったことは何だったのか?!
犯罪一歩手前のスリルに、心がわしづかみにされます。
ここに敵役のマネージャー福田氏が絡んで、
最後のクライマックスに突入していきます。


さて、老人たちの選択したパラダイスとは何だったのか?

すでに社会問題化している、認知症の親・連れ合いを抱えて自宅で奮闘している家族は
次々と疲弊して、最悪の場合は悲惨な事件が報じられたりしているのは、周知のとおりです。
介護制度も崩壊寸前で、国はこの問題をどうしようとしているのか?

待機児童の解消の問題には、未来がかかっているせいもあって、
国も自治体も必死に取り組んでいるようですが、
将来のない介護の現場は、まるで忘れ去られたように
格差の問題が取り上げられることもありません。



さりとて
高齢の親を抱える身にとっては他人事でなく、
認知症を発症した親とどう暮らすのか?面倒を見ていけばいいのか、
笑った後の爽快感とは裏腹に暗澹とした思いが残るのでした。


hibari
2017.4.18
[PR]
# by unjaku | 2017-04-18 20:19 | 本を読もう | Comments(8)

今日も頑張る月曜日


桜は週末にすっかり散ってしまい
今日は月曜日。
陽射しが強くなって帽子着用の登校です。

c0202113_16255770.jpg


何とかクラスでの生活も無事終わったようで
「ただいま~!」と元気に帰宅いたしました。

帰宅しても遠方までは行けないので
自宅周辺で適当に体を動かしていました。
c0202113_16342097.jpg


c0202113_16343684.jpg


白かった包帯もあっという間に汚れてきます。


hibari
2017.4.17
[PR]
# by unjaku | 2017-04-17 16:37 | twins | Comments(2)

みんながんばる。


さあて、今日の日曜日の朝の特訓。
右手固定されたお嬢様は、特訓免除されたでしょうか?

いいえ、いつもと同じように問題1ぺーじ。
左手で、一生懸命取り組んでいました。
「明日からの学校は、自分でやらなきゃいけないから
下手でもがんばる!」だって。
泣かせてくれるよね。



ところで、この花なんでしょう?
ん・・バラが咲いたんか?
c0202113_16495589.jpg

違いました。
薔薇の鉢に根を下ろしたポピーの花でした。
ちょっとびっくり!
薔薇にアブラムシが増えてきました。ゾウムシはまだあまり見かけませんが、
これからが勝負ですね



こちらのヴィオラは、まだまだ元気。
花柄摘みが毎朝の仕事ですが、今や鉢を覆うようになりました。
頑張るねぇ。水やりもだんだん忙しくなる季節です。
c0202113_16544784.jpg




相変わらず、薔薇の鉢の菫も元気。
c0202113_16555185.jpg

一番花が終わったら、鉢増しして菫には別な場所に引っ越してもらうかな。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それから、千葉の小学生の傷ましい事件の犯人が捕まりましたね。
子供が一番信頼している人間・一番安全に配慮しなければならない立場の大人が
犯人とは、絶句しました。
いったい子供にどうやって身の安全を守る事を教えればいいのでしょう。
塾やら習い事で、暗くなる時間に一人帰ってくる子も多いですから。



hibari
2017.4.16
[PR]
# by unjaku | 2017-04-16 17:04 | 日々のこと | Comments(2)

やっぱり骨折


c0202113_1912359.jpg


13日の記事で書いた、yuiの転んだあとの指の痛みは
やはり骨折でした。
金曜日の昨日、授業が終わった後、駆け込んだ整形外科のドクター。
顔色を見ながら、親指周辺を触って「ここが痛い?ここは?」と丁寧に
触診してくれました。
痛みの強い親指を思い切り引っ張って、それからレントゲン。
本人は痛みをぐっとこらえてレントゲン室へ。
結果が思わしくなくて、ドクター再度親指を思い切り引っ張る。
もう本人は声こそ出さないけど、真っ赤な顔して涙ほろほろ。
再度レントゲン。

診断は、親指の変形骨折。
1週間後、もう一度見てもらいますが、
状態が悪ければ、大きな病院で切開手術!と言い渡されました。
成長軟骨が死んでいた場合、指は曲がったまま固まってしまうのだそうです。
オーマイゴッド!です。

着替えも食事も文字も書けません。
今日は体操教室があったのですが、当然見学。
担当の先生から「またお前か!」と言われたそうです。
そりゃぁそうですよね。
昨年の秋、足の剥離骨折やったばかりなんですから。

参りやしたねぇ。
こうなりゃ、出たとこ勝負。とことん付き合ってやろうじゃないの!


hibari
2017.4.15
[PR]
# by unjaku | 2017-04-15 19:27 | twins | Comments(4)