hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

ドーナッツの夢


久しぶりのドーナッツ!
ツインズの大好物です。

M叔母さんから二人に差し入れがあったのは夕方。
早速「食べた~い!」と叫んだ二人でしたが、
夕飯が迫っていたので、
「じゃぁ、明日の朝食べてね。」
ということになりました。

そして袋を覗いたグランパに、
「お、うまそうだな。一つ食わせろ。」と言われ
ダメ~!絶対ダメ~!」と念押ししたあげくに
(もう・・夜中にこっそり食べちゃうんだから・・・)と
隠されてしまいました。



そして朝が来て
c0202113_14411468.jpg

テーブルには、色とりどりのドーナッツ。

袋を取りに行った妹が言うのに
よかったぁ!無事にあった!夢見たんだよ。夜中にグランパが見つけて
食べちゃう夢。6個あったのに一つしか残ってなかったんだよ~!


そんなに心配してたの?
まだまだ可愛いんだねぇ。(笑)


そして、近隣の中学校で給食のお弁当が大量に残されて問題になっている
ニュースを見ながら、「え~~小学校の給食はすご~く美味しいのに・・もったいなぁい!」と
びっくりしておりました。


hibari
2017.9.21
[PR]
# by unjaku | 2017-09-21 14:56 | 笑える話 | Comments(2)

美味しいタマゴ


今日は卵屋さんが来る日。
美味しいタマゴ。
c0202113_16204435.jpg

お値段は張るけれど
このタマゴを食べたら、もうスーパーのタマゴは食べられません。
黄味が盛り上がってオレンジ色していて
凄い弾力なの。生タマゴご飯が大好きなツインズです。



そしてタマゴの色のようなジンジャーの花が1輪咲きました。
c0202113_16254068.jpg

ああ・・いい匂い。
夜になると居間全体が、透明な匂いに包まれます。



hibari
2017.9.19
[PR]
# by unjaku | 2017-09-19 16:29 | 好きなもの | Comments(0)

昨日が嘘のよう


昨日の肌寒さは何だったのでしょう?
c0202113_16155055.jpg

Tシャツに薄手のセーター着てちょうどよいくらいの気温。写真ボケボケ。
お昼寝する時には、毛布が必要でした。

台風が各地に爪痕を遺して去った後
今度は猛烈な暑さ!
c0202113_15393010.jpg

色で表すとこんな感じかな?
とにかく陽射しの痛いこと!

c0202113_15412297.jpg

涼やかだった蕾も、あっという間に開花しちゃった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

不自由な足は、気圧の変化をまともに受ける。
退院して間もなく3か月。
順調に回復しているとはいえ、
手術前にドクターから言われた言葉をふと思い出した。

「手術がうまくいっても、QOLはそれ以前に比べると1段階下がると覚悟してください。」
忘れていたよ。
確かに日常生活は、あまり困らないところまで回復したけれど、
速足で歩くのは、まだ無理だし、長い時間の徒歩も内心不安だらけ。
バスや電車、階段の上り下りさえかなり緊張を強いられる。

退院した後が夏だったからよかったけれど、
入浴するのもかなり怖くてシャワーの日々だった。

風邪の後に襲われた絶不調は、これらのストレスだね。

慌てても仕方ないけれど、いろいろ調べてみたら、
元の生活を取り戻すまでに、健康な人でも平均2年を必要とすることがわかった。
何と焦りに満ちた精神状態の中で暮らしていたのだろう。
イライラするのは当たり前だ。
ただ幸いなことに、姿勢に変な癖をつけるのは避けることができた。
優秀な理学療法士のおかげだ。

できないことは諦めよう。
他人と比べるのもやめよう。

入院中は外を眺めながら、普通にスタスタと歩く人の姿が不思議でならなかった。
でも、私も何とか近所も学校までもスタスタと歩く力を回復したのだ。
感謝を忘れた自分がアホでした。



hibari
2017.9.18
[PR]
# by unjaku | 2017-09-18 16:20 | 日々のこと | Comments(0)

荒れ行く庭で


c0202113_1634525.jpg

秋を告げる庭。

白い彼岸花が群れ咲いています。
c0202113_165331.jpg



c0202113_16894.jpg

雨の降りそうな雲の下で、白い彼岸花はいっそう美しい。

この庭の持ち主であるご夫妻が亡くなられて、
もう数年が経とうとしています。
豊かな自然に惹かれて、この地に住まいを移し
野鳥や野の花を愛された芸術家ご夫妻でした。
庭は時折、草が刈りこまれているものの、
月日と共に荒れ果てていくのをみるのは切ないものがあります。

無断で庭になどもぐりこんではいけないのですが、
今朝はそっと写真を撮らせていただきました。

c0202113_16171790.jpg

雫をのせた萩の花。
主を失くしても忘れずに咲く花たち。



荒れた生垣には、何と山葡萄が実をつけていました!
お二人が見たら、さぞ喜んだことでしょう。
c0202113_16222946.jpg



来年は果たして見ることができるでしょうか?


hibari
2017.9.16
[PR]
# by unjaku | 2017-09-16 16:30 | 花・植物・小動物 | Comments(0)