hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

ウランバートルの国際空港が強風のためフライトが
遅れに遅れて、ようやくついた「草原と風の国モンゴル」。
近いようで遠い国でもあります。

それでは早速モンゴル報告です。
c0202113_11211470.jpg


c0202113_11213913.jpg


c0202113_1122549.jpg


c0202113_11222459.jpg



モンゴルの平原が緑に覆われるのは、1年のうち4か月程度らしく、
9月の末には雪が降り始めるとか。
今年は雨が少ないようで、草原に咲くエーデルワイスも少なかったそうです。
モンゴルにエーデルワイス?意外でした。

昼は30度近くなっても夜は10~15度。
大陸性の気候ですね。
いつも風が吹いていて空気は乾いているようです。
その代わり、写真にもあるように大きな雲が湧き出して雲が暗くなると
スコールのような雨が降るとか。それも時間にして20~30分。
貴重な雨です。


c0202113_11323896.jpg

ガイドさんとゲル村を眺める。宿泊施設です。
レストランやトイレ・シャワーは屋外施設。
夜はグランパについていってもらって出かけたようです。


hibari
2017.8.5
[PR]
# by unjaku | 2017-08-05 11:37 | | Comments(2)

スクラップより


スクラップノートがだいぶたまって
久しぶりにのぞいてみました。

ファッション・スタイル・インテリア・料理・トープ・ツインズ関係・時事問題etc。
よくもまぁ、と思うほど。
c0202113_1426389.jpg


中でも下の画像はお気に入り。
c0202113_14265026.jpg

可愛い孫ができたら、こんな服装をさせたい・・・・という願望で
長い間しまっておいたものです。
ちょうど今が、この写真の年頃になったツインズです。


他にも。いろいろと。
c0202113_14285194.jpg


c0202113_1429832.jpg


c0202113_14292625.jpg



最近は読みたい雑誌もなくて、
切り抜いておきたいと思う写真も、みな似たり寄ったりで
刺激されるものが少なくなりました。


c0202113_1432087.jpg

これは、ツインズが保育園時代、お手紙の交換が流行って
お友達から頂いた手紙に、びっしりと描かれた可愛い絵・絵・絵。

こんな可愛いイラスト入りのお手紙は、全部スクラップしてあるのです。
過ぎてみれば、捨てないでよかった!


hibari
2017.8.3
[PR]
# by unjaku | 2017-08-03 14:38 | その他 | Comments(0)

フランスの大女優、ジャンヌ・モローが亡くなりました。
淋しくなりました。
見た映画はさほど多くはありません。
「恋人たち」「死刑台のエレベーター」「黒衣の花嫁」
そして「突然炎のごとく」。

「死刑台のエレベーター」のジャンヌは上品できれいでした。
悪女・男を破滅させるファムファタルを見事に演じていました。

でもやはり「突然炎のごとく」のジャンヌがいいな!
つかみどころがなく、いつ何をするかわからない美しい女・カトリーヌ。
c0202113_21383387.jpg

恋人にするには、楽しくて愉快で申し分ないかもしれないが
家庭には大人しく収まらない女。一人の男だけでは我慢できない女。
そんなカトリーヌに夢中になった男二人、ジュールとジムとのあいだに
奇妙な三角関係が生じる。
c0202113_21404231.jpg


誰だったか。
「二人の間の恋愛関係は平凡だが、三人の間の恋愛は哲学的である。」
といった人がいる。そのとおり、この三人の関係は誠に難解なのです。
c0202113_21443628.jpg


ジュールはカトリーヌをジム以外の誰にもとられたくない。
それはジムも同じである。
カトリーヌはどちらの男も失いたくない。

ある時三人は山荘で楽しい時間を過ごす。
その時に、カトリーヌが「つむじ風」というシャンソンを披露する。
とても意味深な歌詞なのだが、その1節を。

彼女はオパールのような目をしていた
それは僕を虜にした
卵形の顔をしていた
男を破滅させる女の顔、僕はあがらえなかった
男を破滅させる女の顔、僕はあがらえなかった


やがて第一次大戦がはじまり、ジュールとジムは出征する。
その間に、カトリーヌはほかの男と関係を持ったりする。
彼女に深い考えはない。
やがて先に帰ってきたジュールと出会い二人は結婚するが、
ジムが戦地から戻れば、また3人の関係は復活する。
c0202113_21584032.jpg

2階の部屋でジムとカトリーヌが戯れているのを、下の部屋でジュールは黙って聞いている。

こんな関係は最後はどうなるのだろう。
やがてジムが出ていく。そしてほかの女性と結婚する。

これでなんとか収まると思いきや、たまたま出会った二つのカップル。
ジムが乗っていた車をカトリーヌが運転したいと言い出し、楽しそうにジムを乗せたまま海へと向かいそのまま海へ転落する。

残されたジュールは二人の葬儀をだしてやり、
それほど一緒にいたかったのだからと、一緒に葬ってやるのである。
去っていくジュールの後ろ姿は淡々として見える。
これでもう二人を失うことは永遠に無くなったとでも考えているように。

ジャンヌ・モローはファム・ファタルが似合う女優だった。


下のポスターは、黒衣の花嫁。
c0202113_22164272.jpg


この話にヒントを得て、山本周五郎は「五辯の椿」を書いたという。
テレビで初めてドラマ化されたとき、若くて儚げな藤(富司)純子が主演したのを覚えている。

2017.8.2
[PR]
# by unjaku | 2017-08-02 22:36 | 映画と女優 | Comments(2)

リハビリと薔薇ふたつ


今日は 猛烈な雨が降りました。
幸いモンゴル組は、昨日の夕方帰りました。

成田から「夕食にはハンバーグとワイン」と
メールが入りましたが、
メールが届いたときは、リハビリの真っ最中。
クールビューティのBさんにみっちりしぼられているときでした。

「一度落ちた筋肉は、年齢のせいもあるけれど、努力しないと
細くなったままで、もどってこないのよ。頑張るしかないの!」とトレーナー。
思わず、「自信ないなぁ・・」
すると顔色も変えずに、
「何言ってんの!まだ元気にやらなきゃいけない理由があるんでしょ?!
そんな弱気でどうするの? 
来週もやりますからね。しっかり家でストレッチしてくるのよ。意識して歩きなさい。」

頭の中で、やるしかない・やるしかない・・・と繰り返しながら病院を出ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
すこし憂鬱な気分の夕方に、モンゴル組帰宅。
お片付けもそこそこに
「楽しかったよ~~!乗馬楽しかったぁ!ラクダも乗ったよ。」
「馬に乗って25キロも軽く走ったんだよ。片道12.5キロ。
馬に乗るのが上手だって褒められちゃった。」
まぁ・・次から次とマシンガントーク。
おかげで気持ちも少し楽になりました。

ツインズは、まぁ可愛い薔薇の花のような存在ですね。
c0202113_2164472.jpg

「For your home」好きな薔薇です。



すねている私の気分です。
c0202113_212298.jpg


山のような洗濯物が控えてます。
憂鬱な空の下で乾くのかなぁ・・・。写真もボケるなぁ・・・。


hibari
2017.8.1
[PR]
# by unjaku | 2017-08-01 21:29 | twins | Comments(4)