hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:トープ ( 106 ) タグの人気記事


シダーローズと散歩


今日の散歩のお土産は
c0202113_15245811.jpg

シダーローズ。
拾うことができたのは何年ぶりでしょう?

ヒマラヤスギの落とし物です。
トープが元気だったころ、大きな袋に詰め切れないほど
拾って歩いたものですが、
その後、リースを作る人たちにみんな持っていかれるようになり
またその後、枝を詰めたためにシダーローズが木に生ることは、しばらくありませんでした。
しかも、雌の木・雄の木が揃わないとシダーローズはできないのです。

シダーローズと言っても、ヒマラヤスギのマツボックリのようなもの。
そのマツボックリの上の部分が落ちてくるのです。

今日は草の種にまみれながら、3個見つけることができました。
c0202113_1533517.jpg

これがトープの毛に絡まってしまった後は、綺麗にするのが大変でした。
私も今日は、服についた種を払いのけるのにひと苦労しました。



c0202113_1535195.jpg

ナンキンハゼもすっかり葉を落とし
白い実が青空に美しく映えます。

c0202113_15362911.jpg

林の散歩道は落ち葉に埋まっています。
歩くたびに落ち葉が乾いた音を立てて、私を追い立てます。



hibari
2017.12.12
[PR]
by unjaku | 2017-12-12 15:42 | 風景 | Comments(2)

あれこれ思い出


思い出の桜。
小ぶりの木、風情を感じる老木です。
毎年咲くかどうなのかハラハラしながら待っている。
今年も見事期待に応えてくれました。
c0202113_15201142.jpg

姉のような存在の人と見た思い出の桜。
とてもとても聡明な才媛でいらっしゃいました。


こちらは、若き日のトープ。
c0202113_15224386.jpg

2歳くらいのころかなぁ。
朝、通学時間がやってくると、窓に足をかけて
可愛い小学生たちが学校へと通う姿を眺めていました。
右の写真は、トープが拾い集めたボールの一部です。


そしてこちらは笑えるほど無邪気だったツインズ。
遊び疲れて沈没してますね。
c0202113_15311836.jpg

おむつを入れた籠がお気に入りで、オムツを引っ張り出して
カラになった籠を顔に被せて、えんえんといないいないばぁをして遊んでいました。
網を通してみる景色と直に見る景色の違いが
赤ちゃん心にも面白かったのでしょうか?


hibari
2017.4.14
[PR]
by unjaku | 2017-04-14 15:35 | その他 | Comments(4)

明日から


明日からちょいと出かけます。
スーツケースに荷造りしながら、
トープのことが思い出されました。

スーツケースを出すと、嫌な顔をするのです。
「え・・・また僕を置いて何処かへ行くの?またお留守番?」
そんな感じかな。
トープの嫌いなもの、スーツケースに猫と車とお留守番でした。


こちらは、毎日ノウテンキな二人。
c0202113_16225386.jpg

夜になるとPCでひと遊び。
毎日の習慣になってしまいました。

それでは行ってきます。


hibari
2017.3.27
[PR]
by unjaku | 2017-03-27 16:28 | 日々のこと | Comments(2)

春の彼岸


春のお彼岸に入ったのですね。
花束を持ってお墓参りに来る人を見かけます。
明日と明後日は大勢の人がなくなった家族を偲んで
お参りに来るのでしょう。

そんな人を眺めながらお墓を抜けると「クヌギ広場」。
トープを偲ぶ場所です。
c0202113_1632069.jpg

こうして春の陽射しの中、友達と遊んだものです。


落ち葉の中に見つけたもの。
c0202113_16334561.jpg

ボールです。
手に取ってしばらく感触を確かめました。


そしてこんなものも。
c0202113_1636840.jpg

ムフ懐かしい!
緑のガラス瓶だ。

いよいよ春本番です!



hibari
2017.3.18
[PR]
by unjaku | 2017-03-18 16:40 | 日々のこと | Comments(0)

白い花のブーケ


暖かな陽射し。
シジュウカラの鳴き声が、春の呼び声に変わりました。
「ツピー・ツピー」と呼んでいます。




白い花のブーケ。
c0202113_15483464.jpg


今日はトープと永遠の別れをした2度目の2月28日


手前の写真はビリー。トープが来る前に一緒に暮らした子です。
7月の11日がお別れの日。
もうすぐ梅雨も明けようか・・・・という日に亡くなりました。
2頭とも大切な家族でした。
c0202113_15532873.jpg


優しい家族にありがとう。
たくさんの思い出をありがとう。



hibari
2017.2.28
[PR]
by unjaku | 2017-02-28 15:55 | トープ | Comments(2)

お友達から、トープの思い出を、とリクエストがあった。



トープの思い出といえば、散歩にボール。
グラウンド周辺には、いろんなボールが落ちていた。
ボールのにおいが分かるらしくて、
草むらに頭を突っ込んで探し回った。
c0202113_16353792.jpg

こんな風にね。

見つけ出したボールは、まず感触を確かめる。
よくバウンドするゴムボールが好きだったね。

c0202113_16365645.jpg

この日は寒い朝だね。霜が降りてるもの。
しばらくボールをカジカジしたら、つぎは遊びが待っている。

「お母さん 早く投げて!」と言わんばかりに待っている。
反射神経がよかったから、どんなボールもキャッチしたね。
c0202113_16395841.jpg



c0202113_16412194.jpg

こんな風にね。
ボール一つでいつまでも遊んだし楽しかった。
ボールのコレクション、まだ形見にとってあるのよ。
赤いゴムボール。誰にも触らせない。


hibari
2017.1.23
[PR]
by unjaku | 2017-01-23 16:46 | トープ | Comments(4)

懐かしい写真


思いがけず懐かしいトープの写真が出てきた。
夢を見たせいだろうか?
優しくやわらかな胸毛を抱いている私。

c0202113_12204781.jpg


血が通う暖かな感触は、
思い出すたび私に、懐かしい暮らしを呼び戻す。

2頭の犬と20余年共に暮らして
犬とはこれほど健気で気高い存在かと教えられた。
こんな写真が出てくれば尚更・・・・忘れた出来事まで
鮮明に思い出す。

c0202113_12251053.jpg


犬が子守をすることに驚いた日々。
お風呂上がりの濡れた体を、一生懸命なめてやる。

濡れたまま放置されている、赤ちゃん時代のツインズを見れば
季節は暖かい時期のものだとわかる。
もう戦争のようなお風呂の時間。
私はトープに、このようにして守ってもらったんだね。


足に大けがをして、大学病院まで通って手術を受けることが決まった日々。
病院内でも騒ぐことなく足元に座っていた。
成功例は世界でたった1例。君だけが成功した難しい手術だった。

c0202113_12542580.jpg


トープ、来月の末になれば、君と別れて2年がたつ。
それでも君は今も胸の中で共に暮らしている。


hibari
2017.1.15
[PR]
by unjaku | 2017-01-15 12:45 | トープ | Comments(4)

トープと夕陽


c0202113_1544096.jpg


トープが元気だった日。
ちょうど冬の今頃の夕暮れ時。

夕陽ってこんなに赤かったんだねぇ。
箱根連山に沈んでいく夕陽を浴びながら過ごした時間。



夕陽の赤い色ももう忘れてしまった。




hibari
2016.12.15
[PR]
by unjaku | 2016-12-15 15:11 | トープ | Comments(0)

豊穣の山柿


c0202113_1557565.jpg


今年も豊穣な山柿。
葉っぱが落ちた頃が食べ時。

甘いの!
トープが落ちた柿を、よく拾って食べていた。

今年もいただきに行くかな。




hibari
2016.10.19
[PR]
by unjaku | 2016-10-19 16:01 | 風景 | Comments(0)

もう彼岸花


c0202113_1422334.jpg


気が付いてみれば、もう彼岸花が咲いていました。

今日は冷たい雨です。
長袖に着替えないと、チト寒いかな。
そうかぁ・・・・長袖恋しい季節かぁ・・・・・・。

c0202113_14282187.jpg


トープのいる頃は、散歩しながら季節の移ろいを楽しんだものだけど、
お相手がいないと、丘を登っていく気にもならないし、
林の中は、もうどれくらい歩いていないのでしょう。

大好きな南京ハゼはどうしているだろう?
広場の片隅で、相変わらず鳥たちとお喋りしているのだろうか?
野薔薇の実はどうなった?
白い彼岸花も、そっと隠れるように咲いているのかしら?

気になっても足が向かない。
どうしてもトープを思い出すから。

「もう犬は飼わないの?小さい子なら歳をとっても大丈夫よ。」
「でも、犬はやっぱり大きくなくちゃ。それに、きっと私の方が先に死ぬ。」


顔をあげれば、未練たっぷりのさるすべりが、まだ咲いている。

c0202113_14422764.jpg






hibari
2016.9.14
[PR]
by unjaku | 2016-09-13 14:44 | 花・植物・小動物 | Comments(2)