hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

雨 あがる


冷たく寒い雨が降り続き、気持ちも鬱々と落ち込み
何ともやり切れぬ日が続きましたが
ようやく今朝は光があふれ
「お日様が出てる~!」とツインズも晴れ晴れと登校しました。


c0202113_10585725.jpg

雨に濡れそぼっていた薔薇をビリーやトープの写真に飾り
外に出てみれば、ご近所のクレマチスもまだまだ元気です。
c0202113_113225.jpg

綺麗だねぇ。



昨日は久しぶりに夜遊び。
中学校時代の友人たちと飲み会。
もちろん盛り上がったことは言うまでもありません。
「あの先生が・・・・」
「僕のマドンナは・・・・」
「あの薄暗い教室は淋しかったよなぁ・・・」
と、一気にタイムスリップ。
皆昔の中学生にもどって賑やかなこと。
多感な時期を共に過ごした、田舎の中学校時代は
時を経て、反発も反抗も様々な事件も、懐かしく大切な思い出へと
変化し、友情へと昇華してしてきたのでありました。
そして
秋の夜は、温かなぬくもりと共に更けていきました。

みんな またね。


hibari
2017.10.18
[PR]
by unjaku | 2017-10-18 11:26 | 日々のこと | Comments(0)

すこし歩こう


林のほうへ少し歩こう。
秋が見つかるかもしれない。
c0202113_11233200.jpg
誰かが水に落とした彼岸花を眺めながら


c0202113_11252100.jpg
ヒヨドリジョウゴの実が色づき始めた。
そのうちあたり一面真っ赤な実が連なり重なる。


c0202113_11274368.jpg
テイカカズラ。美しい赤。


c0202113_11290758.jpg
林はまだ緑の中。誰もいなくて静かな時間。


c0202113_11324916.jpg
日陰の草むらには仙人草。日本の野生のクレマチス。


c0202113_11345460.jpg
日向に咲く花。新顔かな?でも増えそう・強そう。


それからびっくりしたわ。
なんで朝顔が咲いているの?
c0202113_11395878.jpg
堆肥やチップが積んである場所で、今、花盛り。
種をもらいに来なくちゃね。たくさんある!



そして、クヌギ広場に出ると
c0202113_11422072.jpg
高い・高いヒマラヤスギの空。



林を抜ければ、いい匂いがあたり一面。
c0202113_11485239.jpg

そのうち地面も金色に染まる。
季節が変わっていくって素敵なことなんだね。


hibari
2017.9.27



[PR]
by unjaku | 2017-09-27 11:52 | 花・植物・小動物 | Comments(4)

美味しいタマゴ


今日は卵屋さんが来る日。
美味しいタマゴ。
c0202113_16204435.jpg

お値段は張るけれど
このタマゴを食べたら、もうスーパーのタマゴは食べられません。
黄味が盛り上がってオレンジ色していて
凄い弾力なの。生タマゴご飯が大好きなツインズです。



そしてタマゴの色のようなジンジャーの花が1輪咲きました。
c0202113_16254068.jpg

ああ・・いい匂い。
夜になると居間全体が、透明な匂いに包まれます。



hibari
2017.9.19
[PR]
by unjaku | 2017-09-19 16:29 | 好きなもの | Comments(0)

荒れ行く庭で


c0202113_1634525.jpg

秋を告げる庭。

白い彼岸花が群れ咲いています。
c0202113_165331.jpg



c0202113_16894.jpg

雨の降りそうな雲の下で、白い彼岸花はいっそう美しい。

この庭の持ち主であるご夫妻が亡くなられて、
もう数年が経とうとしています。
豊かな自然に惹かれて、この地に住まいを移し
野鳥や野の花を愛された芸術家ご夫妻でした。
庭は時折、草が刈りこまれているものの、
月日と共に荒れ果てていくのをみるのは切ないものがあります。

無断で庭になどもぐりこんではいけないのですが、
今朝はそっと写真を撮らせていただきました。

c0202113_16171790.jpg

雫をのせた萩の花。
主を失くしても忘れずに咲く花たち。



荒れた生垣には、何と山葡萄が実をつけていました!
お二人が見たら、さぞ喜んだことでしょう。
c0202113_16222946.jpg



来年は果たして見ることができるでしょうか?


hibari
2017.9.16
[PR]
by unjaku | 2017-09-16 16:30 | 花・植物・小動物 | Comments(0)

見事にバトンタッチ!


数日前、見つけました。
c0202113_15341699.jpg

ああ・・もうこんな季節になったのね。
と感心していたら、見事にmaiさんから バトンタッチ!してしまいました。
吐く風邪です。

移した本人は、
「グランマァ~、大丈夫すぐ治るよ!」とケロッと言いました。

バトンタッチされた私は、胃液を盛大に吐いて休んでいたら
吐き気は割と早く治まったものの、腹痛と発熱で2日ほどダウン。
ほぼ絶食状態で過ごして、ようやく今日はなんとか起きています。
ただ体にも心にも力が戻りません。
「何が大丈夫なのやら・・・自信喪失だよ。歳を感じるなぁ・・・」
参った!参った!

そして、
c0202113_15431327.jpg

今朝はもう咲いていました。

線路わきには、真っ赤な彼岸花。



先日の大雨の後、雲が割れて光が綺麗でした。
c0202113_15455052.jpg


カメラ取りに行っている間に、一番きれいな瞬間を逃しました。
あっという間に光がうつろっていきます。




夜にはまた雨が降るんだね。



hibari
2017.9.11
[PR]
by unjaku | 2017-09-11 15:51 | 日々のこと | Comments(2)

手紙


c0202113_215581.jpg


今日、覚悟を決めてやっと1通の手紙を書いた。
このひと月、どうしても書けなかった手紙。
数枚の便せんに、やっとの思いを綴った。

書き上げて切手を貼った時に、突然の大雨。
雨が止むのを待っていると出せなくなりそうで
大急ぎでポストへ走った。

夜になっても手の甲が痛い。
明日手紙を受け取るだろう友の顔が
行ったり来たり心をよぎる。


そして夕暮れ時
難病を抱えた知り合いの娘さんに
久しぶりに会った。
お母さんの背丈を超えて、綺麗なお嬢さんになっていた。
「〇〇ちゃん、綺麗になったのね!びっくりしたわ。」
今まで一度も笑顔を見せたことのなかったお嬢さんが
初めて笑顔を返してくれた。

笑顔は花。ご褒美。嬉しかった。


hibari
2017.9.8
[PR]
by unjaku | 2017-09-08 21:22 | 日々のこと | Comments(0)

花の肖像と困ったスマホ


c0202113_12285684.jpg


twinsのママが亡くなって9年が経とうとしている。
そんなことが、自分たちの身の上にあったことさえ忘れている二人。
とにかく今を生きていくのに忙しい。

今は運動会に向けて、
組体操の前のストレッチを兼ねたダンスを覚えるのに必死。
そしてお勉強はかったるい、だるい。

あんたたちのママは、写真の中で若いまま。
いつかそのママの歳を追い越す日がやってくる。
強くたくましくなってよね。


最近ちょっと困っていることがある。
twinsの友達・何人かから
「ねえ・・yuiちゃんとmaiちゃんは、いつになったらスマホ持てるの?」
と余計なおせっかいが来ることだ。
二人が言わせてるのかと思ったら、どうもそうでもないらしい。
「話をしたい時どうすればいいの?」と質問がくる。
「イエデン・イエデンにかけて!子機がついているんだから少しくらい内緒話もできるわよ!」
「イエデンかぁ・・・」諦め顔の相手。
それでもまだ引き下がる気配は無く
「中学生になったらいいの?」
「ダメ!!」
「高校生になったら?」
「場合によったら考える。」

日が暮れるまでしゃべっていて、そのうえ何を話すんだ!
友達や先生の悪口か?ゲームの話か?もうやり切れなくなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この夏休み、新たにスマホを買ってもらった友達数名。
遊びに来なくなった。
twinsに聞いてみると、家に籠ってスマホ三昧。
遊びに引っ張り出しても上の空で、スマホの画面にくぎ付けだったらしい。

他人事とは言え、ため息が出る。「それでいいのか。子供たち!」
読書の習慣も身に着けないで、真っ当な大人になんかなれないぞ。
バカばっかりだ。
親は何を考えているんだ?
子供数人にスマホ持たせて、使用料を負担できるほど裕福なのか?
1か月で1万円以上使うこともあるなどと、
平気で言う子供の感覚はどうなっているんだ!
年金暮らしの年寄り夫婦の妬みでも僻みでもありません。


先日映画を観に行った時も、電車内で7人掛けの椅子に座った人
7人中5人がスマホの画面にくぎ付け。
皮肉になるけれど、1号車から最後尾の車両まで、
いったい何人がスマホに憑りつかれているのか数えたら面白いだろうな・・なんて考えた。
本はおろか新聞読んでる人もいない。

何年か前北海道旅行した時、
夕暮れの車内でノート広げて勉強している中高校生に何人も出会った。
訳を聞いてみると、「電車の時間を無駄にすると間に合わないんで。」と答えが返ってきた。
北海道では、今でも夕方の車内で勉学に取り組む学生はいるのだろうか?

悩ましいスマホ。
先日使いかけのテレホンカードが出てきた。
「こんなカードまだ使えるのか?」と夫。
まだ使えますよ。数は少ないけれどね。

ああ・・・時代は変わっていく。


hibari
2017.9.3
[PR]
by unjaku | 2017-09-03 13:26 | 日々のこと | Comments(0)

秋が始まる


c0202113_14412342.jpg


昨夜は久しぶりにクーラーなしで眠りました。
心地よい夜の風。

薔薇?
優しいにおいのブノワ・マジメル。








そして、草むらでは
c0202113_1443144.jpg




ヤブミョウガも綺麗な実をつけました。
ラピスラズリ色。
c0202113_14452731.jpg

束にしてほしいけど、よその庭じゃぁね。
見るだけです。

こちらはヘクソカズラ。
c0202113_14471698.jpg

凄い名前。
匂い?・・・試したことはありません。


いよいよ秋の始まりかな?



hibari
2017.8.28
[PR]
by unjaku | 2017-08-28 14:51 | 日々のこと | Comments(0)

晩夏のいちにち


朝目覚めてみれば、久しぶりの太陽が!
夏の復活?

↓の記事の画像が、一気に夏へと戻りました。
c0202113_21171120.jpg


蕾だったブルーセージが花開き、用済みかと思われた
麦わら帽子がよく似合う朝でした。
c0202113_21211978.jpg


気持ちが軽くなるのが不思議なくらいで、洗濯機を回している間にとうとう
やらないはずのドクダミ・シダ狩りを決行!
もちろんヤブ蚊対策をして、足には長靴まで履いて用意万端。
お隣の奥様から「無理しないほうがいいと思うけど・・・」と言われながら、
約1時間ほどタイムに覆いかぶさるようにのさばっているドクダミとシダを
抜きまくりました。

もちろん汗まみれのクタクタ。
腰は痛くなる
足は重くなる
腹は減るというありさまでシャワー。
ま・・気が済んだからいいでしょう。

久しぶりの蝶の写真です。
c0202113_2134087.jpg



暗くなり始めてから降り始めた大雨とでかい雷。
変わりやすい空のご機嫌。

郵便配達のお兄さんが、ずぶぬれでバイクを走らせていきました。

雨が一息ついて窓を開ければ、待っていたような虫の声。
日を追うごとに虫の声が大きく広がっていく夜です。



hibari
2017.8.19
[PR]
by unjaku | 2017-08-19 21:43 | 日々のこと | Comments(0)

夏のブノワ・マジメル


c0202113_11192812.jpg


横を向いてしまったブノワ・マジメル。
夜、部屋のドアを開けると
ふわりと匂いに包まれる。
思うようにならない右足の不自由さを
労わってくれるような優しい白薔薇。

ジョーン・バエズの「愛の歓び」を聞きながら・・・
そして「花はどこへいった」
彼女はこの歌をドイツ語で歌う。
私は、マレーネ・ディトリッヒを思い出す。

花をかざして戦車に立ちふさがった少女を思い出す。

世界中で闘う人がいる。
たったひとりでも歩みを休めない人がいる。

八月は目を背けたくても、
心が、もう嫌だ・たくさんだ!と叫んでも
空を仰いでも、涙が落ちる時。







hibari
2017.8.14
[PR]
by unjaku | 2017-08-14 11:16 | 薔薇 | Comments(0)