hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

ツインズもこだわる


昨日とは打って変わって肌寒い朝。

長袖とは縁のなかった今年の秋のツインズ。
さすがに今日は長袖を着こみました。
それでも最近は着るものにこだわりがでてきて、
これはいいけどあれは嫌だ。
こんな色着たくない。
スカートよりショートパンツがいい。
と一丁前です。

数日前の朝も、あ~でもない・こ~でもないと数分の間に3度のお召し替えをした姉。
「グランマァ・・洗わないでいいからねぇ。」
当たり前だ。アライグマじゃあるまいし。

鏡の前に立てば、髪形が決まらない。
ヘアピンが思ったところに止まらないとまぁうるさいこと。
「そんな短いショートヘアじゃいじくりまわすこともないでしょ!それに、サラサラヘアじゃ、ヘアピンも使えません!」

集合時間ぎりぎりまで粘りに粘り、出かけていく日が多くなりました。

さてこれからどんどん寒くなる季節、二人のこだわりはどんな服装になるのでしょう?
ちなみに今日は、ほぼ二人お揃いのスタイル。
c0202113_14134956.jpg

右側の写真の服装です。(写真はこの前も使ったばかり。)
寒いので、ショートパンツの下にスパッツを重ねました。

大急ぎで出ていったと思ったらすぐに舞い戻り、
「寒いよ~!」
フリースの上着つかんで再び飛んでいきました。

hibari
2017.10.13
[PR]
by unjaku | 2017-10-13 14:26 | お洒落もしよう | Comments(0)

二人のお買い物


冷たい雨の中、重い荷物抱えて帰宅した二人。
「ただいまぁ~~!ああ・・お家の中はあったかぁい!」
の言葉と共になだれ込みました。
心配したとおり、日光はかなり冷え込んだようです。

それでも、元気一杯!
夕食の時には、順番を争ってマシンガントーク炸裂でした。
江戸村では、こわ~~いアトラクションを悲鳴と共に楽しんだようです。

「あそこも行ったし、ここも行ったけれど、やっぱり江戸村が一番!!」
ま、子供ってそんなものなんでしょうね。


お二人さんのお買い物。
c0202113_1534281.jpg

やっぱりお揃いです。

刀買ってきて振り回していた息子たちとは、やはり違うのですね。
女の子はきれいなものが好きです。

「大きいばぁばとM叔母さんにはお土産あるけど、グランマとグランパにはありませ~~ん。」
違うでしょ。ちゃんとあります。
山のような洗濯物が。


hibari
2017.10.7
[PR]
by unjaku | 2017-10-07 15:09 | twins | Comments(0)

修学旅行


昨日からtwinsは修学旅行。
朝からすでに大騒ぎ。

半袖で行く!と譲らない二人に
「もう日光は、あんたたちが考えてるよりずっと寒いんだから長袖着て行け!!」
と無理やり長袖のTシャツ押し付け、
短いスパッツも、長いものに変更させ
ぶ~たら・不満たらたら、何が入っているのか知らないけれど
でかい荷物抱えて大急ぎで、お二人さんは出かけていきました。

そして、やっと洗面所へ行けば、歯磨きチューブが予備も含めて略奪されていました。
残っていたのはスッカラカンのチューブ。
生まれて初めて塩で歯を磨きました。


下の画像は江戸時代・丹波の塩壺です。
意匠がお洒落ですよね。昔は蓋もついていたのかもしれません。
c0202113_9161638.jpg

もちろん今は使っていません。

お二人さんが楽しみにしているのは「江戸村」なのですが、
楽しみにしていた、食べ歩き(食べながらブラブラ歩き)は禁止され
ポットに用意したお茶があるうちは、飲み物買ってはいけません。の御沙汰がでて
すでに楽しみは半減。
他校生徒との争いごとは絶対禁止!(そんなにあるのかい・・・?)
と首傾げる注意も出て、なんだかずいぶん窮屈そう。

さて、どんな報告が来るのやら。

暇な私は、久しぶりに銀のスプーン磨き。
c0202113_928298.jpg

明治時代のものです。
小さいから、すぐ終わる仕事なんですが。



夕方になって久しぶりに夫と駅前デート。
焼き鳥やさんで、大人の会話を楽しみ、
そして
術後初めて自宅から駅前までの間を
往復歩くことができたのでありました。




さぁ・・・・今日はもうマシンガントークが帰ってくるぞ!!
ああ恐ろしや。


hibari
2017.10.6
[PR]
by unjaku | 2017-10-06 09:41 | 骨董が好き | Comments(2)

土曜日は運動会でした


キリッと秋らしく冷え込んだ土曜日の朝。
c0202113_138091.jpg



運動会の朝です。
薄暗いうちから、あたふたとお弁当の用意に追われる。
c0202113_1392892.jpg

唐揚げの量が少し足りなかったなぁ。
ま・・M叔母からサンドイッチの差し入れがあるから
何とか足りるでしょう。

こんな時ばかり早く起きてきて、お節介をやく二人。
「グランマァ、おにぎりは作らないの?」
もうカッチ~ンと頭の中で音がする。
「作りますよ!作ります。 梅干しがそこに用意してあるでしょ!」
思い切りデカイおにぎりを作ってやった。


そして、登場する種目に間に合うように学校へ。

c0202113_1322712.jpg

今年もお姉ちゃんは決勝・ゴール係。
妹は放送係。
二人とも一生懸命に取り組みました。

騎馬戦
c0202113_13243323.jpg


c0202113_13245187.jpg




6年生渾身の組体操
c0202113_13274490.jpg

全国の学校で事故が続いたので、今年から、ピラミッドや灯台も1段~2段低くなりました。
その分美しい音楽に合わせて、流れるように美しい動きができるよう構成に
工夫がされていました。


最後は、波のようなうねりを3重の円を作って魅せてくれました。
男女力を合わせて、渾身の演技です。
ここでも流麗な音楽が使われました。
c0202113_1337077.jpg


c0202113_13371886.jpg


c0202113_13375112.jpg


今年の組体操は力強さだけではなくて、美しさも求めた素晴らしい試みでした。
父兄の方々にも大きな感動を届けることができたようです。


懐かしい先生方も来賓として来てくださって、生徒たちはもう鈴なりになって
抱きついていました。

6年生の最後の運動会。
大成功だったね。
皆様 本当にお疲れさまでした。

そして、私も疲労困憊です。


hibari
2017.10.1
[PR]
by unjaku | 2017-10-01 13:53 | twins | Comments(4)

たまにはお手伝い


夕方、いつもの通り台所をのぞきに来た二人組。
「あ・・何作るの~~~?」
「餃子です。水餃子!」
「やる!やる・やる・やらせて~~!」
もはや哀願調。餃子包む作業が大好きな二人。
あっという間に台所を占拠されました。
c0202113_1358955.jpg


c0202113_1358362.jpg

いつもはぶ~たらなのに、好きなことは真剣ね。
「う~ん・・やっぱりグランマみたいに上手くいかないねぇ。」

c0202113_140389.jpg

扇みたいになっちゃった。
いいのいいの。お腹に入ればおんなじだから。


というわけで、水餃子美味しくいただきました。
「次は、焼き餃子がいいな。」
やってもらいましょ。


hibari
2017.9.25
[PR]
by unjaku | 2017-09-25 14:05 | twins | Comments(2)

みなさまこんにちは。
今日は爽やかな日曜日。

ツインズも運動会が済むと、すぐ修学旅行が控えています。
そこで、サイズアウトしたり着古したTシャツなどを整理して
新しい季節に向けて、お洋服をそろえました。

ツインズもお洒落しよう!です。
c0202113_12182444.jpg

とはいえ、相変わらずTシャツが中心かな。
珍しく肩から胸にかけてフリルのついた薄手のセーターも用意しました。

スカートよりショートパンツが多かった夏の服。
秋服も当分は、こんなコーディネイトでしょうか。
c0202113_12202351.jpg


c0202113_12223460.jpg

肌寒い日には、コットンニットのカーディガンにコーデュロイのパンツ。
たまにはジャージーのジャンパースカート。
こんなもんでしょうかねぇ。

修学旅行は、昔からお決まりの日光。
気温は当然低めでしょうから、ま・それなりの準備をさせましょう。

もう今から、風邪と怪我だけは気を付けろ!と毎日お小言です。
「風邪ひいたら、怪我したら、泣こうがわめこうが行けなくなるぞ!」と
脅かしております。


hibari
2017.9.24
[PR]
by unjaku | 2017-09-24 12:35 | お洒落もしよう | Comments(0)

ドーナッツの夢


久しぶりのドーナッツ!
ツインズの大好物です。

M叔母さんから二人に差し入れがあったのは夕方。
早速「食べた~い!」と叫んだ二人でしたが、
夕飯が迫っていたので、
「じゃぁ、明日の朝食べてね。」
ということになりました。

そして袋を覗いたグランパに、
「お、うまそうだな。一つ食わせろ。」と言われ
ダメ~!絶対ダメ~!」と念押ししたあげくに
(もう・・夜中にこっそり食べちゃうんだから・・・)と
隠されてしまいました。



そして朝が来て
c0202113_14411468.jpg

テーブルには、色とりどりのドーナッツ。

袋を取りに行った妹が言うのに
よかったぁ!無事にあった!夢見たんだよ。夜中にグランパが見つけて
食べちゃう夢。6個あったのに一つしか残ってなかったんだよ~!


そんなに心配してたの?
まだまだ可愛いんだねぇ。(笑)


そして、近隣の中学校で給食のお弁当が大量に残されて問題になっている
ニュースを見ながら、「え~~小学校の給食はすご~く美味しいのに・・もったいなぁい!」と
びっくりしておりました。


hibari
2017.9.21
[PR]
by unjaku | 2017-09-21 14:56 | 笑える話 | Comments(2)

朝の二人


もうすぐ誕生日と運動会を迎える二人。
c0202113_1338484.jpg

お姉ちゃん ボケボケになっちゃってごめんね。
yuiちゃんはきりりといい感じ!

と思ったら・・
c0202113_13394100.jpg

こら!あくびするな!


c0202113_13395556.jpg

昼過ぎには真夏のような空が。
午後の授業は、運動会の練習。
騎馬戦なんだって!
「女もすなる騎馬といふものを男子(おのこ)もすなり・・・」
そんな時代ですかねぇ。今どきの女子(おなご)は、言葉も悪いし態度もでかい。
そして、朝礼の時には、男子(おのこ)もバタバタ倒れるらしい。

暑いから、体育の時間に倒れたりしないでねぇ。


hibari
2017.9.13
[PR]
by unjaku | 2017-09-13 13:51 | twins | Comments(2)


ヒヨドリのヒナです。
あ~あ はぐれちゃった。
お母さんがいない。どうすればいいの?
c0202113_2021254.jpg


さっきからお母さん鳥が必死に探している。
c0202113_20222356.jpg

やっと一羽見つけた!
あと一羽。私の子供はどこ?

c0202113_20232854.jpg


今度は置いていかれた。
「そこで待っておいで!」

巣立ちはしたものの、立派な大人になるまでは大変。
大人になったら子供を自立させるのが大変。

人間の世界と同じだなぁ。

ヒナと親鳥の出会いが完了するまで、およそ半日。
何とか無事に合流できたようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人間も同じ。
守られている間は、文句ばかりわめいて
素直に人の話を聞こうとしない。
ここ数日、算数がわからなくて、我が家の夜は阿鼻叫喚。
我慢してたけど、
ついに夫と衝突。
「算数分からなくても生きていける。ほぉっておいて!」
夫は憤懣として引き上げた。
残された二人はめそめそ泣くだけ。
「せっかく例題や考え方出ているんだから、もう一度そこへ戻って考えてごらん?
それができないのなら、教えてくれる人に威張ってわめくんじゃない! あんたたちはいつもわかったふりをしているだけ。わからなきゃ明日先生にもう一度聞くんだね。テストが惨めな結果に終わったら、それがあんたの実力。自分の実力に唖然茫然するのも悪い経験じゃないと思うよ。無理してつじつま合わせるより、復習をきちんとやりなさい。その時は友達に遊べないと言う勇気を持たなきゃね。」

たぶんもう少しきつい説教だったね。
なんでもそうだけど、甘ったれる奴は大人も子供も嫌いだ。
 
私は子供時代から、今まで甘えることを許されない人生だった。
学校では教師と折り合い悪いし、家では長女というだけで誰よりも厳しく扱われた。
他家の友達のように、遊びに行くのもままならなかった。

大人になってからは、不釣り合いな責任を押し付けられ、「できません。」の一言が許されない厳しい社会に放り込まれた。
先輩という名の人たちからは、力以上の仕事を山のように押し付けられ、ブラック様様の待遇だった。

結婚してからも状況はさして変わらない。
子供が生まれたら、世界から取り残されていく不安に日夜さいなまれ続ける日々。
本当に孤独だった。子供の相手だけして、ママ友と過ごす日々に心からの充実感はなかった。
そしてある日夫から言われた。「主婦は消費だけして、何の生産も生み出さない無能な存在。」
世の中はすべて効率主義の時代。能率がすべての時代。子育ては最大に効率の悪い仕事だものね。野菜の促成栽培じゃあるまいし。
自分のすべてを否定されたと感じた。

すこしづつ地域や社会の問題に取り組むようになって、少しは「生きている。」という実感も味わえるようなったら。次に来たのは、子供を放りっぱなしにしている。という母からの苦言。
何処へ行っても、苦労と不自由はついて回る。相変わらずどこの組織でも男は威張っている。女がどこで辛くてつぶれそうな立場に追い込まれようと、いざとなったら誰も庇ってくれない、守ってくれない。ひとりで切り抜けるしかないのだ。そんな時代の一隅を生きてきた。

これから迎える人生最終章。
そのあいだに二人の子供を独り立ちさせねばならない。
あんたたちを守ってくれる人は、いまよりずっと少なくなる時代がそこまで来ている。
暢気にアニメなどと戯れている時間は少ないのだよ。
どんどん頑固になる年寄も控えているのだからね。

大人になるのは大変。なってももっと大変。
まだ わかんないよねぇ。



hibari
2017.9.7

[PR]
by unjaku | 2017-09-07 21:41 | 野鳥 | Comments(0)

花の肖像と困ったスマホ


c0202113_12285684.jpg


twinsのママが亡くなって9年が経とうとしている。
そんなことが、自分たちの身の上にあったことさえ忘れている二人。
とにかく今を生きていくのに忙しい。

今は運動会に向けて、
組体操の前のストレッチを兼ねたダンスを覚えるのに必死。
そしてお勉強はかったるい、だるい。

あんたたちのママは、写真の中で若いまま。
いつかそのママの歳を追い越す日がやってくる。
強くたくましくなってよね。


最近ちょっと困っていることがある。
twinsの友達・何人かから
「ねえ・・yuiちゃんとmaiちゃんは、いつになったらスマホ持てるの?」
と余計なおせっかいが来ることだ。
二人が言わせてるのかと思ったら、どうもそうでもないらしい。
「話をしたい時どうすればいいの?」と質問がくる。
「イエデン・イエデンにかけて!子機がついているんだから少しくらい内緒話もできるわよ!」
「イエデンかぁ・・・」諦め顔の相手。
それでもまだ引き下がる気配は無く
「中学生になったらいいの?」
「ダメ!!」
「高校生になったら?」
「場合によったら考える。」

日が暮れるまでしゃべっていて、そのうえ何を話すんだ!
友達や先生の悪口か?ゲームの話か?もうやり切れなくなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この夏休み、新たにスマホを買ってもらった友達数名。
遊びに来なくなった。
twinsに聞いてみると、家に籠ってスマホ三昧。
遊びに引っ張り出しても上の空で、スマホの画面にくぎ付けだったらしい。

他人事とは言え、ため息が出る。「それでいいのか。子供たち!」
読書の習慣も身に着けないで、真っ当な大人になんかなれないぞ。
バカばっかりだ。
親は何を考えているんだ?
子供数人にスマホ持たせて、使用料を負担できるほど裕福なのか?
1か月で1万円以上使うこともあるなどと、
平気で言う子供の感覚はどうなっているんだ!
年金暮らしの年寄り夫婦の妬みでも僻みでもありません。


先日映画を観に行った時も、電車内で7人掛けの椅子に座った人
7人中5人がスマホの画面にくぎ付け。
皮肉になるけれど、1号車から最後尾の車両まで、
いったい何人がスマホに憑りつかれているのか数えたら面白いだろうな・・なんて考えた。
本はおろか新聞読んでる人もいない。

何年か前北海道旅行した時、
夕暮れの車内でノート広げて勉強している中高校生に何人も出会った。
訳を聞いてみると、「電車の時間を無駄にすると間に合わないんで。」と答えが返ってきた。
北海道では、今でも夕方の車内で勉学に取り組む学生はいるのだろうか?

悩ましいスマホ。
先日使いかけのテレホンカードが出てきた。
「こんなカードまだ使えるのか?」と夫。
まだ使えますよ。数は少ないけれどね。

ああ・・・時代は変わっていく。


hibari
2017.9.3
[PR]
by unjaku | 2017-09-03 13:26 | 日々のこと | Comments(0)