hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

悪い癖


色々なことが続いた1月。
皆一段落すれば、悪い癖が始まった。

み~~んなほっぽりなげて、本に埋没する日々。
今読んでるのは「暗幕のゲルニカ」。
これがねぇ、思った以上に面白くてと言うか
新しい発見が続々と続いてアドレナリンが出っぱなしなのです。
c0202113_10105125.jpg


著者は、原田マハさん。
ゲルニカの前には「ジヴェルニーの食卓」を読んだ。

「暗幕のゲルニカ」を読むうちに、
目の前に、あの大きな気難しい巨人ピカソの姿が彷彿としてきて
ゲルニカの記録をカメラに収め続けたドラ・マールの姿と共に
まるで目の前で見ているような錯覚に陥った。
著者の筆の力と言うしかない。


ゲルニカは、スペインバスク地方の小都市だが
ナチスの爆撃に会い、無差別攻撃と共に街は廃墟と化した。
それを新聞記事で知ったピカソは憤怒のあまり
新聞をびりびりに引き裂き、足で踏みつけ、
それでも足りず、もう一部新聞を買ってこさせて
それも引き裂き八つ裂きにした挙句、足で踏みにじったという。

ピカソはその後、パリ万博・スペイン館に飾られるべく大使館の依頼に応えて
懊悩の末「ゲルニカ」を描き上げた。
しかし、横8メートルにも及ぶ作品の評価はいまひとつで、
挙句はナチスの武官から「この絵を描いたのは貴様か?」と詰問される。
その質問に、ピカソは臆することもなく、タバコとシャンパングラスを片手に
「いいえ、この絵を描いたのはあなたたちだ。」と言い放ったという。

そしてゲルニカはその後数奇な運命をたどっていく。

小説は、1930年代のパリと2001年9月11日以降の
アメリカMoMA美術館のキュレーター達の活動を
交互に展開させる形で進行していく。


現代世界に屹立するゲルニカ。
人類の愚かしさにNOを突きつけるゲルニカ。
物語はいよいよ終わりに向かって展開されて行きます。


hibari
2019.1.19
# by unjaku | 2019-01-19 10:48 | 本を読もう | Comments(2)

アネモネ


アネモネのブーケ
c0202113_15142078.jpg


急ぐように花がひらいていく
c0202113_15143823.jpg


c0202113_15145885.jpg


チュチュのような透き通った花びら。 儚い。
c0202113_1515192.jpg


スラリとひとり立つ
c0202113_15153886.jpg




hibari
2019.1.15
# by unjaku | 2019-01-15 15:22 | ブーケ | Comments(8)

鳥見をしよう


気持ちが晴れない時は、鳥見をしよう。
可愛い仕草を見ていると心が和む。
c0202113_1419115.jpg

メジロさん お願いだから睨まないでね。
みかん無くなったら、いつでも新しいのをあげますよ


c0202113_1421102.jpg

ジョウビタキさん
せっかく二羽で来てくれたのに、一羽で残されましたね。
今年も綺麗です。


c0202113_14225243.jpg

シジュウカラさんは、いつも曲芸師。楽しませてもらっています。
今年はピーナッツリースが小さくてごめんね。
ヒマワリの種は何時でもありますよ。

c0202113_14244322.jpg

こんなバードバスでも、水を飲んでいきます。
そして時には派手な水浴び。
残念だけど、まだキャッチできないでいます。


c0202113_14265281.jpg

スズメさんはいつでもご飯争いですね。
そんなに仲が悪いの?
そういえばごはんが無くなってきました。
お買い物に行かなくちゃ。


そういえばねぇ、お向かいの林が無くなってから
ヒヨドリが来ません。たまぁに来る程度。
c0202113_14305675.jpg

けっこう器用にみかんをついばんでいきます。

キジバトも少なくなったような。
昔は大挙してやってきたオナガも、ある年を境に全く見なくなりました。
コジュケイもいなくなったし。
野鳥たちの環境がどんどん変わって、
ある時気がついたら、「沈黙の春」がきたりしてね。恐ろしいわ。


でもね、数日前ウグイスがやってきたのですよ。
一年に一回くらい見るかな。
凛々しかったわね。


そんなこんなで、鳥に慰められています。



hibari
2019.1.13
# by unjaku | 2019-01-13 14:41 | 野鳥 | Comments(12)

心模様


突然の訃報。
激しい動揺の後に来たのは、鉛のような重たい心。
何とも言葉が見つからず、
友人達からの知らせにも、動揺があふれていました。
全身癌。
新年を迎えてまもなく不調を訴え入院。
その後あっけなく彼は逝ってしまいました。
「あまり苦しんだ様子はない。」という友の言葉に
少しだけ慰められています。

c0202113_13390100.jpg

今日は灰色のモノクロの世界。
朝、みぞれの後初雪が降りました。


この十年余り、同窓会の幹事として、
煩雑な事務局を一手に引き受けてくれた人でした。
いつも穏やかで、口数もさほど多くなく
その完璧な仕事ぶりに絶大な信頼を集めていました。

今年の5月には3年ぶりの同窓会が控えています。
幹事それぞれ混乱の中に過ごしています。
同窓会がどうなるかわかりません。


そんなことより、大切な友人を突然に失った喪失感は
どのように埋めたらいいのか。まだわかりません。

最近は見送る人のなんと多いこと。
その中には彼のような幼馴染が何人も。
歳を重ねるとは、ひしひしとした孤独と向き合う事でもあるのね。
そうして、次第に思い出の中に生きるようにもなるわけですね。

お葬儀が済んだら、仲良しと集まって
しみじみと彼を偲ぶ会を開きたいと考えています。



hibari

2019.1.12
# by unjaku | 2019-01-12 13:58 | その他 | Comments(2)