hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

ドクターヘリは今日も飛ぶ


今日の午後、救急車・消防自動車のサイレンが
立て続けに鳴り、近くで止まったような気配があった。
何気なく空を見上げれば、ドクターヘリ!

もちろん降りるのは、近くの小学校の校庭。
今頃児童たちは、皆教室に避難させられているはず。

野次馬丸出しで飛んでいけば、やはり救急搬送です。
c0202113_1552758.jpg

救急車の中では救急処置がなされているようです。

そして、飛び立つ直前のヘリ。
c0202113_157941.jpg

間もなく飛び立つはずです。

c0202113_1582376.jpg

凄い砂ぼこりと共に飛び立つヘリ。
あっというまにその雄姿は小さくなっていきました。

ドクターヘリが無事飛び立ったアナウンスが校内に流れ、
いつもの平和が小学校に戻りました。
[PR]
Commented by share-gaki at 2011-06-10 07:59 x
ドクターヘリって、こういう色模様なんですね。
降りられるのは、校庭のように、なにもない近くの敷地なんですね。
一枚目の写真にホースが写ってて、どういう状況なんだろうって
想像を廻らしています。
Commented by unjaku at 2011-06-10 12:32
こんにちは。

ドクターヘリのデザインは、各自治体でことなるようです。
ただ、ヘリが着陸できる場所は、あらかじめ決まっているので
それ以外の処に着陸することはできません。

ヘリが到着する前に、消防車が出動して水巻をします。
あのホースはそのためのものです。
かなりの水を巻いておかないと、凄まじい土ぼこりが、待機している救急車や患者を襲います。

3枚目の写真を見ていただけるとわかると思います。
痛いほどの砂粒が飛んできます。

飛び立ったヘリは、約10分で受け入れが整った病院へつきます。ヘリが無かった時は、どんな重病人でも高度医療の整備された病院まで、慢性渋滞道路を何10分もかかって運ばれていたのです。ドクターヘリは頼もしいです。
今回の震災の被災地にも、全国から終結したドクターヘリが
大活躍だったようです。
Commented by share-gaki at 2011-06-10 15:35 x
水撒きのためのホースだったんですね。
この辺りで、ヘリコプターの活躍を見ることがないものだから
砂ぼこりがすごいことも、気が付かなかったなぁ。
そういえば、大きい病院は、ヘリコプターが降りられるように作ってあるんですよね。
震災での映像で、吊り上げて運ぶところは見たけど
災害時にこそ、頼もしいづくターヘリですね。

そういえば、浜松の奥の山のてっぺんで暮らしてた透析を受けてる人が
台風で倒れた木や鉄砲水で、山を降りられなくなったとき
ヘリが飛んできてくれたって言ってました。
ただし、透析患者なんだから、てっぺんではなく
下で暮らすようにって、お叱りも。
雪で降りられなくなったこともあって、友人達が奔走しただけに
病院の近くにも借家を借りなきゃッて言ってたようです。
Commented by unjaku at 2011-06-10 17:39
いいことづくめのドクヘリですが、
操縦士はも同乗している医者も患者も
みんな「ヘリ酔い」と格闘しながらの活動のようですよ。

私の地域では10分程度で、病院に到着しますが
山間部などでは、病院へ行くまで大変だと思います。

今回の震災でも、人口の流出がとまらず、不便を抱えた地域が
取り残されるのではないかと危惧されているようですね。
by unjaku | 2011-06-09 15:12 | 日々のこと | Comments(4)