hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

懐かしい写真


思いがけず懐かしいトープの写真が出てきた。
夢を見たせいだろうか?
優しくやわらかな胸毛を抱いている私。

c0202113_12204781.jpg


血が通う暖かな感触は、
思い出すたび私に、懐かしい暮らしを呼び戻す。

2頭の犬と20余年共に暮らして
犬とはこれほど健気で気高い存在かと教えられた。
こんな写真が出てくれば尚更・・・・忘れた出来事まで
鮮明に思い出す。

c0202113_12251053.jpg


犬が子守をすることに驚いた日々。
お風呂上がりの濡れた体を、一生懸命なめてやる。

濡れたまま放置されている、赤ちゃん時代のツインズを見れば
季節は暖かい時期のものだとわかる。
もう戦争のようなお風呂の時間。
私はトープに、このようにして守ってもらったんだね。


足に大けがをして、大学病院まで通って手術を受けることが決まった日々。
病院内でも騒ぐことなく足元に座っていた。
成功例は世界でたった1例。君だけが成功した難しい手術だった。

c0202113_12542580.jpg


トープ、来月の末になれば、君と別れて2年がたつ。
それでも君は今も胸の中で共に暮らしている。


hibari
2017.1.15
Commented by maxmomdad at 2017-01-15 20:25
unjakuさん、

こんばんは。 お返事ありがとうございました。 PCならこんな簡単なことなのに、このところずっとスマホでブログアップもしていたのもので、ワンクリックではうかがえないでおりました。 長い事ご無沙汰してしまいました。

ようやく今PCで訪問させていただいたら、なんと可愛いトープちゃんの写真。 ほんとうに可愛いお姿、そしてそこに書かれているお気持ち。 涙がでました。 まだ2年ですものね、こんな写真を見たら感触まではっきり思い出しますね。 ふたごの息子さんのお世話もちゃんとしてたんですね。 ほんとに良い子だったんだなあ、トープちゃん。 

これからまたさかのぼって過去のブログも見せていただきますね。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by unjaku at 2017-01-15 21:35
マックスママさんこんばんは。
ほんとに久しぶりのトープ記事です。
グッドタイミングでした。ふ・し・ぎ。
写真は、山のようにあり整理してきたつもりでも14年も暮らすとね、忘れてしまったものもあって、整理するつもりが思い出探しになってしまいます。
マックス君を見るとついついトープを重ねてしまって、だってそっくりなことをするんだもの。ほほえましくなります。
ついでに双子は女の子でした。髪が短くお転婆なせいか、今でも男の子に間違われます。
おだてるときは、「昭和の美少女に明治の美少女」と呼んだりしています。(笑)
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by maxmom at 2017-01-16 07:43 x
unjakuさん、あー、ごめんなさい! 娘さんでしたね、大変失礼いたしました。

トープちゃんの思い出記事もいつかお願いします。お写真見ると私もマックスを見ているように感じます。

これからもよろしくお願いいたします(^^)
Commented by unjaku at 2017-01-16 15:09
マックスママさん ありがとうございます。
トープの思い出話、14年一緒に暮らせばいろいろありますね。
本当に可愛い子でした。

マックス君もほんとに可愛い。ブログで出会えるのがとてもうれしいのですよ。
Commented at 2018-01-29 01:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by unjaku at 2018-01-29 15:26
Hi 鍵コメさん
ワンコたちにニャンコ、いいですねぇ。
涎が出そう。

ペットのいない生活も来月で3年。
散々「もう一度!」とわめいてきましたが、
去年、股関節骨折で入院した時、意地悪な夫から「これで思いしったか!」と、最終勧告が出ました。
チャオチャオさんは、股関節不全ですか?
私と親せきのようなものですわ。

どうぞ楽しいドギーライフ・cat ライフを
お過ごしください。羨ましい~~!
Commented at 2018-01-30 01:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by unjaku at 2018-01-30 17:25
我が家の犬たちがお世話になった獣医さんも
シェルター・ドッグの里親探しに熱心な方でした。里親が見つからない子は、時々院内で死を迎えるまで面倒を見てもらっていたケースもしばしばでしたね。立派なジャーマン・シェパードがいたこともあります。

股関節不全のワンコは先天的に持ってくる子も多いと聞いています。
痩せなきゃ!筋肉つけなきゃ!・・それでも愛情たっぷりの家族に恵まれれば幸せというものです。
そうそう階段はほんとに要注意ですね。

頼りになるアドバイザーに恵まれれば、一層安心ですものね。
by unjaku | 2017-01-15 12:45 | トープ | Comments(8)