hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

映画 「草原に黄色い花を見つける」


昨日は都内まで映画を観に行きました。
足の骨折以来の大冒険(笑)。
小田急線で新宿まで、片道約1時間の冒険。
自信がなかったけれど、
どうしても観たい映画なので、
夫に最寄り駅まで送ってもらって出かけました。

「草原に黄色い花を見つける」
c0202113_13414776.jpg
日本ではもう見られなくなった懐かしい農村の風景。
ベトナム戦争の影を引きずりながら懸命に生きる人々。
そこで暮らす兄弟の日常と、兄のティエウの初恋。
c0202113_13453305.jpg
聡明な弟が兄に、詩の部分を語るシーンがある。
二人一緒に寝る夜の蚊帳の中。
「神様が病気だと空が泣く。君を思う切なさは恋わずらい。」

兄は近くに住む少女ムーンに恋をしている。
ある事情で少女ムーンがティエウの家に
しばらく身を寄せる。
弟・トゥオンとムーンが、毎日無邪気に遊ぶ姿を見て
ティエウは心が落ち着かない。というより嫉妬している。
二人を見つめるティエウの眼がいい。
少年のやりばのない苛立ちと悲しみと恋心が凝縮している。
その心を象徴するように、遠い雷鳴がティエウにはいつも聞こえている。
何かが起こるという不安。

やがて事件がおこる。
取り返しのつかない事件。
でも、トゥオンの身に起こった不幸な事件が
やがて、黄色い花と共に奇跡を生む。

どんな試練も乗り越えていくことができる。
暑い陽射しが照り付ける、貧しい農村の風景の中でくり広げられる
少年と少女の二度と帰らぬ大人になる前の束の間の時間。
傷ましさと同時に、憧れや未来への希望が美しい映像の中に
描き出されて、人間の心の柔らかな豊かさに触れた至福の時間でした。

笑えるのは、ドラえもんに出てくるジャイアンみたいなガキ大将がいて
ティエウはいつもやられっぱなし。挙句は「ムーンをよこせ。」と迫る。
その兄に、弟トゥオンが「弱くても頭を使えばいいんだ」と一計を授け
見事やっつける場面。弱くても知恵。兄弟の絆の深さがわかるシーンです。

劇場は、新宿武蔵野館です。

hibari
2017.9.1





Commented by artfarmandgarden at 2017-09-01 17:08
hibariさん、冒険の謎は映画を観賞されに。
手のひらの黄色いお花、可愛いですね。
何気ない日常の中に優しさが見えてくるような気がしました。

庭の黄色いダリアを見つけて下さったのですね♪
Commented by unjaku at 2017-09-01 20:03
アキさん こんばんは。
笑っちゃうでしょ。私の大冒険。
普段ならなんでもなくできたことが、
大きな冒険になるのです。不安も一緒にね。
また見たい映画が見つかりました。
きっと行きますよ。

目立たない良い映画を観る。
本当に心にしみる映像でした。
Commented by gallery-asaba at 2017-09-01 22:46
hibariさん、いつもながらお見事ですね!
相変わらずの素晴らしい表現力と文章力による映画レビュー、
とても楽しく読ませて頂きました。
二人の間に漂うほのぼのとした兄弟愛や、素朴な農村での生活風景が
目に浮かぶ様です。
これからも楽しみにしていますので、是非お願い致しますね。

冒険の大成功、本当によかったです!
焦らずご無理をされず、一歩一歩ですね。

Commented by unjaku at 2017-09-02 12:12
浅羽さん いつもメッセージありがとうございます。
親は厳しい環境で生活に苦労していても、子供には子供の営みがありますよね。
7~8年前ベトナムを旅行した時の風景が髣髴としてよみがえり、郷愁を誘われるという言葉がぴったりでした。
Commented by aipopy at 2017-09-02 21:15
hibariさん、御無沙汰しております。だんだんと秋の気配
が強くなってきました。もうじき、新米の季節になります。

hibariさんが紹介していらっしゃる、こちらの映画ですが
新潟でも11月だったと思うのですが、上映されるので
今から楽しみなんです。

早く上映されないかなってhibariさんの記事を読んで
思っています。アジアの風景、よいですよね。監督は
違いますが、台湾映画がよかったんです。いつか、
訪れてみたいなあって。働いている間は、長い休みが
取れないので、仕事をリタイアしたら訪れてみたいん
ですよ。

まだまだ先の話ですね。来週は「関ケ原」を観たいなあ
って思っています。平さんが出られるので、拝見したくて。

また、素敵な映画がありましたら、教えてくださいね。
読み逃げしていますこと、お許しくださいね。

Commented by unjaku at 2017-09-03 13:38
愛さん こんにちは。
お元気ですか?
水色のコート来て写っている旅のお写真も
どこかで拝見しましたよ。
愛さんは水色の人なのね。

11月に新潟で上映されるのですか?
ぜひぜひご覧になってね。ものすごく上質な作品です。アジアの映画は懐かしさがあります。
愛さんにそっと教えちゃいます。
この映画のラストはね、「ガマガエル」の民話のアニメーションで終わるの。それがまた素敵なの。
「平さんの関ケ原」楽しんでらしてね。
by unjaku | 2017-09-01 14:25 | 映画と女優 | Comments(6)