hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ランドセルの旅とユイさんの挑戦


二人が6年間使用したランドセル。
今日トンガ王国へ旅に出ました。
「こんなに綺麗なランドセルをふたつもよろしいのですか?」
と恐縮されました。
集まったランドセルは、市が責任を持ってトンガへ送ることになっています

トンガ王国は、地震や津波・台風と常に自然災害に見舞われて
学校の施設や教科書・備品・ランドセルなどが不足しているのだそうです。

去年の秋、市内の運動場で開催されたラグビーの大会を観戦にこられた
トンガ王国の大使の方から、
「トンガの子供たちに不要になったランドセルを送ってもらえないだろうか?」
との要請が市長になされました。

そして今年の卒業生のランドセルを寄付することになったのです。
もちろん希望者だけですが。
自分のランドセルが、困っている子供たちにまた使ってもらうことができれば
ランドセルだってきっと嬉しいと思うよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、ポピーも咲き始めました。こぼれだねであっちにもこっちにも。
c0202113_20544690.jpg



c0202113_20552956.jpg

あっというまに散ってしまうのですが。
春は走るように、急いで過ぎていきます。




ところで入院中のユイさん。
月曜日から始まったステロイドの大量投与も4日目になり
血液検査の結果、入院当時6000単位しかなかった血小板が12万まで回復し
ようやく平均値に戻りました。

これからは、いつ どのタイミングでどこまで薬を減らしていけるのかが
大きな課題になります。
骨がもろくなるという最大の副作用を軽く抑え込むための
薬の投与も始まりました。



ベッドの上では、ドクターから出された宿題をやっています。
ノートを一冊用意して、自分の言葉で綴っていきます。
分からないことは聞いてもよいことになっています。

☆・・・自分の病気は何なのか?どんな病気なのか?
☆・・・いままでも、これからも自分の生活にはどんな注意が必要か?
    またそれは何のためなのか?
☆・・・今呑んでいる薬の名前は?何のために飲むの?
☆・・・いつごろまでには退院したいと考えてるの?
☆・・・先生や看護師さんに聞きたいことや話したいことはありますか?
    または、どんなふうにしてほしい?

それらを整理して箇条書きにして、次のドクター・看護師を交えての面談で
話し合い、次の目標を決めて治療の計画を作っていきます。
受け身ではない本人の自覚がどうしても欠かせない難病なのです。

Dr.Eは言います。「できるだけ普通の生活をさせたい。でも、当然できないことも増えてくる。
その現実をきちんと理解して受け止めることが大切なのです。」


ユイさんの病にどんな意味があるのか?それがわかるのはしばらく先でしょう。
素敵なコメディエンヌのユイさん、あなたも哲学してくださいね。



hibari
2018.4.12
[PR]
by unjaku | 2018-04-12 21:45 | 膠原病日記 | Comments(0)