hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

薔薇と映画と物思い


今日も暗い空。
雷が鳴っている。

雨も止んだので、今朝は薔薇の花がらを摘む。
c0202113_1205664.jpg

今年は一斉に咲いてしまった薔薇。
連休後は雨に打たれて散り、そして花も傷んでしまった。



逢見ての後の思いにくらぶれば昔は物を思はざりけり[権中納言敦忠]
昨日は、そんな和歌をふと思い出す映画を観た。
そして、宮沢賢治も。
話題の映画「君の名前で僕を呼んで」。
始まりの瞬間から、とても印象的な映像でした。

出かける時夫から、
「そんなだらしのない格好で出かけるなぁ!」と叱られたのですが
いいの いいの映画が端正なんだから、私はどうでもいいのよ~~。
と気分のまま近くのシネコンへ。


今は頭の中で色々なものが交錯しています。
整理出来たら、映画の話は後日にでも。
c0202113_1215323.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・
最近孫娘がひとり、どことなく物思いにふけっている時があります。
今朝も「何か物思いですか?」とそっと聞いてみた。
するともう一人がすかさず「物思いってなぁに・・・?」
え・・「物思いにふけるとか、物思いに沈む、とか言わない?」と聞けば
「言いません、知りません。」
駄目だこりゃ!まだまだこ・ど・も!
映画の主人公エリオみたいに、少しは本を読め!


hibari
2018.5.10
[PR]
Commented by BBpinevalley at 2018-05-10 15:02
この映画、娘が大好きな映画です。
今回、ニュージーからアメリカ行きの飛行機の中で、娘が熱心に観ていました。
その後、東海岸の大学を訪ねた時に原作の本を買い、それも読んでカンゲキしてました。
私は、映画の方を横からチラチラ眺めてたのですが、イタリアのシーンが良かったなぁ。
南イタリアですね、あれは。
映画の主人公は、盛んに物思いにふけっていましたね。
かなりのインテリ少年ですよね、彼は。
Commented by unjaku at 2018-05-10 21:18
こんばんは。
そうですか。お嬢様のお気に入りの物語・映画。
逞しい青年と、まだ大人になり切れない自分を持て余す未成年の少年の恋。
なんだかねぇ、分かるような気がするのです。映画を観て、恋には異性も同性もないのだなぁ・・としみじみ思いました。
主人公のエリオは、屈折した自分を持て余していますよね。必死に自分探しをしている年頃でしょうか。感受性も豊かで、わがままで少年特有のエゴイズムの中で生きている。オリヴァーは、24歳とは思えないほど成熟している若者。
二人が罪の意識を感じながら惹かれ、求めあっていくのは、自然の事のように思われます。この映画には、続きが用意されているようです。二人の物語はどうなるのでしょうか?
Commented by maxmomdad at 2018-05-11 08:12
unjakuさん、おはようございます。今日はようやく爽やかなこの季節らしい一日になりそうですね。

また私の好きなunjakuさんの「映画のお話」。昨日ちょうど思ったんです。人間って本当に「人の間」で存在しているなあって。自分って、つまりは相手があってはじめて「どういうヒト」であるかが決まる、というか。昨日、母の付き添いで病院へ行き、母といるときの自分を感じました。 彼といるときの自分、旧友といるときの自分、最近仲良くなった友人といるときの自分。同じ自分のようでいて、それぞれ違う。 そういうことを考えると、恋愛でも、この人とはこうなる、この人といるとこう感じる、と、対象は男女、年齢、など問わず、「人間」である限り、様々なケースがあり、その時にどれを一番幸せに感じるか、ということかな、と。うまく言えませんがそんなことを考えました。 この映画もぜひ観てみたいです。いつもありがとうございます(^^)

お嬢様方もだんだん成長して物思いにふけるようになり、unjakuさんとも深いお話が出来るようになってくるのでしょうね。 楽しみですね♪
Commented by unjaku at 2018-05-12 16:17
マックスママさん こんにちは。
晴れたかと思えば暑くなってきましたね。
人間は、やはり人との関わりのなかで、生きていくしかない存在ですね。
年齢や男女に関係なく、様々な場所や仕事などを通じてより良い人間関係・友人を作れたなら、それは大きな財産です。
でも、時として、激しくぶつかり合う相手が、自分自身を大きく鍛えてくれることもあり、悩むことなしに生きていくのは難しい、というのも事実です。
熱に浮かされたような「恋」は、もう長い間経験しておりませんが、映画や小説を通して、追体験していることもあります。

お嬢様方には、最近叱られることが多くなり、体力と気力がついていくことが難しくなりました。
by unjaku | 2018-05-10 12:30 | 日々のこと | Comments(4)