hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

逃げ出したOxfordと宿・・その1


Oxfordは人混みと喧騒の中にあった。
大學は休みの最中だったから、静かに街を見て回れると思ったのが
とんでもない勘違いだった。
街はツアー客であふれかえり、観光バスやタクシーがひしめき合う通り。
静かな田舎町からたどり着いた私たちは唖然茫然・口あんぐり状態だった。

おまけに、路上生活者の多いことときたら、これも半端じゃなかった。
夕暮れ近くなると、教会の門の前には数人の男が宿の準備を始め、
有名ショップの軒下には別の男性。
女性も多かったなぁ。それも若い人。
朝など、交差点の脇に薄い布団を引きかぶって寝てる女性もいた。

ああ・・・もう嫌だ。こんな街。
c0202113_8342823.jpg

この人はずっと立ち尽くしながら何を見ているのだろう?


さらに驚いたのが宿。
1階のパブでカギを受け取り、別の入り口から今宵の宿へ。

ジャーン!!
素晴らしいおとぎの世界へ迷い込んだようだったわ!!
この喧騒の街にすごくお似合いの部屋だったから!

カーテンは破れてぶらさがり、
クロークは掃除機や壊れた家電の収納庫。
ゆがんだ針金ハンガーがわびしくぶら下がり、
部屋には説明書も何もない。

シャワー・トイレはあったけれど、便座はゆがんでずれまくってる。
天井はカビで真黒!
もっと驚いたのが洗面台の蛇口。
水はだいたい下に向かって落ちると思っていたが
その常識・思い込みを見事に覆してくれたのだ。
何しろ蛇口をひねると、水が勢いよく洗面台の前に立つ人目掛けて飛んでくる!
まるで強力な水鉄砲を浴びたようだ。
この経験をした人は、皆絶叫したに違いない。
床は当然水浸しだ。
やってくれるねぇ。誉め言葉をどうやって見つければいい?


夫の部屋はシングルで隣。
ここにはトイレもシャワーも無かった。
階段の踊り場に共同のシャワールームがあり、
そこを使えということらしい。
キャビネットも送風機も壊れていて、もう呆れて言葉も出ない。


「もうこの街は早く逃げ出そう。もうそうしよう。」
一同が同意。

そして翌朝、またまたびっくりしたのだ!


長くなるので続きは明日ね。


hibari
2018.8.23
[PR]
by unjaku | 2018-08-23 08:54 | | Comments(0)