hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:トープ ( 111 ) タグの人気記事


林を行く


母の日の今日は怪しい空模様。
雨が降る前に、久しぶりに林の散策。
エゴの木の花は散っただろうな。
GWの時には蕾を一杯つけていたけれど
そのあと雨が降ったり、寒かったりで会いに行っていなかった。
c0202113_19343043.jpg

かろうじて、少しだけ花が残っていた。小さな花。
満開の時に会えなかったのは心残りです。

でも周辺には季節の草花が。
c0202113_1937643.jpg

ホタルブクロがねぇ・・もう咲いてる。

c0202113_1938111.jpg

ウツギの花。
犬たちとこの季節は、たくさん遊んだんだよね。
お星さまになった犬たちを懐かしく思い出す。
トープ・・・・ここへ来ると、君を思い出さずにはいられない。
君の思い出がひたひたと私を包み込む。
あの楽しい日々は、昨日のことのようだ。

c0202113_1943887.jpg

ノバラの花もたくさん咲いたんだろうね。
蜂も来たんだろうね。

c0202113_1945715.jpg


c0202113_19453047.jpg

小さな白い花をたくさん咲かせるこの花を私は知らない。
トープがいなくなって、来なかった間に広場の植物も少しづつ変わったんだろうね。
でも、十二単が咲いた後を見つけることができて嬉しかった。
もっともっと増えてね。来年はぜひぜひ会いましょう。


家に戻ってくれば、次男が贈ってくれた山紫陽花が
すっかり色づいていた。
c0202113_19541036.jpg

こうして季節が変わっていく。


そろそろ朝顔の種をまかないといけないのかな?


hibari
2018.5.13
[PR]
by unjaku | 2018-05-13 20:00 | 風景 | Comments(2)

遊ぶ犬


犬ってほんとに遊び好き。
友達同士会えば遊びが始まる。
c0202113_131576.jpg

ダックとスキッパー。じゃれあうのが大好き。



c0202113_133566.jpg

トープとポヨン。広場は二人だけ。思いっきり遊ぼうぜ!



こちらはキースとトープ。
c0202113_137967.jpg

キース若いなぁ。



c0202113_1375945.jpg

仲良し同士は、とにかくじゃれあうのが好き。
飽きもせず延々と。



c0202113_1392584.jpg

ハルは枯れ枝が好き。
投げてやると咥えて、風のように走ってくる。


c0202113_13111996.jpg

アディとトープは相思相愛でした。



c0202113_1316828.jpg

遊んだ後はおやつタイム。
皆大人しく待っています。喧嘩になることは、まずありませんでした。
人間が見習いたいほどです。
そうそうツインズよりお行儀が良かったわ。






こうして楽しい日々は過ぎていき、ほとんどの子がお星さまになりました。
ポヨンだけが健在で
時々我が家の前で、「トープ出ておいで・・・一緒に散歩しようよ。」
とでもいうように、しばらく玄関の中を覗き込んでいきます。
忘れないでくれてありがとう。



hibari
2018.2.15
[PR]
by unjaku | 2018-02-15 13:18 | トープ | Comments(2)

走る犬


トープの友達の懐かしい写真。
その中から「走る犬」。
c0202113_178372.jpg

ダック(茶)とセドリック。
この二頭、ほんとに仲良しだった。
♂同士だったけど、まるで恋人のようだった。

走り回った後は、必ずこうしてハグしていた。
c0202113_1784720.jpg

穏やかで優しい犬だった。



c0202113_1712412.jpg

ハルです。アイリッシュセッター。とにかくよく走る!


c0202113_1713042.jpg

キースとソラ。


c0202113_17133542.jpg

トープ。ボールキャッチの瞬間です。



c0202113_17142740.jpg

ボーダー・コリーのダヴ。ボール遊び大好き!
トープの最高の友達でした。



c0202113_17154124.jpg

サッカー遊びに夢中のトープ。
少年と一緒に、よく走りました。



c0202113_17165145.jpg

アンディとソラ。二頭ともボーダー・コリー。



c0202113_17175951.jpg

犬ってどうしてこんなに走るのが好きなんでしょう!!



c0202113_17195371.jpg

ソラ。よく走るおてんば娘だったねぇ。



c0202113_1721148.jpg

ダックとトープ。



c0202113_17222326.jpg

トープ 走れ!ディスクに追いつけ!!



とにかくよく走る犬たちだった。
楽しい日々だった。
明日は、遊ぶ犬。



hibari
2018.2.14
[PR]
by unjaku | 2018-02-14 17:26 | トープ | Comments(0)

君は月食を見たか!


「君は月食をみたか!」なんて、偉そうなタイトルでしたね。(笑)
皆様もきっとご覧になったでしょうね。

次第にゆっくりと欠けてゆく月。
c0202113_13410030.jpg
天体ショーはやっぱり美しい。

そして最後は赤胴色に染まりました。
twinsも大興奮。
「ねぇねぇ・・どうしてこうなるの?なんで少しづつ見えなくなるの?
どうして あんな色になるの? 地球の影に隠れるって、じゃぁ今地球はどこでどうなってるの?」
「もっと勉強すれば、そのうち分かるようになるさ。」
大人って全くつまらない返事をするもんだなぁ・・・と我ながら情けない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
あの赤胴色の月には思い出があります。

トープと暮らす前に一緒に暮らしたシェルティのビリー。
難病で8歳で命を閉じました。

その翌日が皆既月食だったのです。
夫と二人、夏の夜空を見上げながら、
赤胴色に染まった月をしみじみと眺めたものです。

亡くなる前の日、半日の帰宅が許されて、
車で帰る時、疲れた体を起こして懐かしそうに外の風景を
眺めていた生き生きとした瞳を思い出します。

その翌日病院で亡くなったのですが、
それがわかっているなら、あのまま家に置いておけばよかったと
随分悲しい後悔をしたものです。


hibari
2018.2.1


[PR]
by unjaku | 2018-02-01 13:58 | 風景 | Comments(4)

トープの訪問


新年も早や3日。
穏やかな新春の初夢に訪れたのは、幼いトープでした。
c0202113_10365821.jpg


c0202113_10371880.jpg


ちっちゃなトープ。
気が小さくて怖がりや。

それでも夢の中では、嬉しそうに私の周りを跳ね回り
たっぷりと遊んでから、バッグの中に飛び込んで家に帰ったのでした。
夢の中でも、私はトープの足に大怪我をさせました。
それでも。「何でもないよ。」とでもいうように
私に身を任せた可愛い時代のトープの夢でした。

戌年のせいかしら?
ちょっと幸せな気分に浸りました。




そして
今読んでいるのは、塩野七生さんの「ギリシャ人の物語」第三巻。
後に大王と呼ばれる、若きマケドニア王アレクサンドロスの、ペルシヤ遠征と
速攻による胸のすくような勝利に次ぐ勝利と彼のカッコよさ!
おまけに凄い美貌の持ち主でもあったのね。
c0202113_1349989.jpg


アレキサンドロスの生涯がどのようなものかは意外と知りませんでした。
遠征中に熱病で若くして亡くなったのは知っていましたが、
それ以外はほとんどが霧の中でした。
更に、マケドニア王になったのが21歳で、ほどなくギリシャ各地のポリスを
傘下に収めて、それ以来亡くなるまで戦闘に次ぐ戦闘で、ついに1度として
故郷に帰ることがなかった人でもありました。没33歳。
若すぎますよねぇ。

彼の振る舞いや遠征地図を眺めながら思い出したのは
アレクサンドロス没後300年後に現れるローマ人・ユリウス・カエサルでした。

塩野七さんの知的な筆致に惹かれながら
ただ今若きマケドニア王の遠征にお付き合いしているお正月です。
読み終わっても、しばらくはこの世界に浸ってしまうんだろうなぁ。


hibari
2018.1.3
[PR]
by unjaku | 2018-01-03 11:05 | トープ | Comments(4)

シダーローズと散歩


今日の散歩のお土産は
c0202113_15245811.jpg

シダーローズ。
拾うことができたのは何年ぶりでしょう?

ヒマラヤスギの落とし物です。
トープが元気だったころ、大きな袋に詰め切れないほど
拾って歩いたものですが、
その後、リースを作る人たちにみんな持っていかれるようになり
またその後、枝を詰めたためにシダーローズが木に生ることは、しばらくありませんでした。
しかも、雌の木・雄の木が揃わないとシダーローズはできないのです。

シダーローズと言っても、ヒマラヤスギのマツボックリのようなもの。
そのマツボックリの上の部分が落ちてくるのです。

今日は草の種にまみれながら、3個見つけることができました。
c0202113_1533517.jpg

これがトープの毛に絡まってしまった後は、綺麗にするのが大変でした。
私も今日は、服についた種を払いのけるのにひと苦労しました。



c0202113_1535195.jpg

ナンキンハゼもすっかり葉を落とし
白い実が青空に美しく映えます。

c0202113_15362911.jpg

林の散歩道は落ち葉に埋まっています。
歩くたびに落ち葉が乾いた音を立てて、私を追い立てます。



hibari
2017.12.12
[PR]
by unjaku | 2017-12-12 15:42 | 風景 | Comments(2)

あれこれ思い出


思い出の桜。
小ぶりの木、風情を感じる老木です。
毎年咲くかどうなのかハラハラしながら待っている。
今年も見事期待に応えてくれました。
c0202113_15201142.jpg

姉のような存在の人と見た思い出の桜。
とてもとても聡明な才媛でいらっしゃいました。


こちらは、若き日のトープ。
c0202113_15224386.jpg

2歳くらいのころかなぁ。
朝、通学時間がやってくると、窓に足をかけて
可愛い小学生たちが学校へと通う姿を眺めていました。
右の写真は、トープが拾い集めたボールの一部です。


そしてこちらは笑えるほど無邪気だったツインズ。
遊び疲れて沈没してますね。
c0202113_15311836.jpg

おむつを入れた籠がお気に入りで、オムツを引っ張り出して
カラになった籠を顔に被せて、えんえんといないいないばぁをして遊んでいました。
網を通してみる景色と直に見る景色の違いが
赤ちゃん心にも面白かったのでしょうか?


hibari
2017.4.14
[PR]
by unjaku | 2017-04-14 15:35 | その他 | Comments(4)

明日から


明日からちょいと出かけます。
スーツケースに荷造りしながら、
トープのことが思い出されました。

スーツケースを出すと、嫌な顔をするのです。
「え・・・また僕を置いて何処かへ行くの?またお留守番?」
そんな感じかな。
トープの嫌いなもの、スーツケースに猫と車とお留守番でした。


こちらは、毎日ノウテンキな二人。
c0202113_16225386.jpg

夜になるとPCでひと遊び。
毎日の習慣になってしまいました。

それでは行ってきます。


hibari
2017.3.27
[PR]
by unjaku | 2017-03-27 16:28 | 日々のこと | Comments(2)

春の彼岸


春のお彼岸に入ったのですね。
花束を持ってお墓参りに来る人を見かけます。
明日と明後日は大勢の人がなくなった家族を偲んで
お参りに来るのでしょう。

そんな人を眺めながらお墓を抜けると「クヌギ広場」。
トープを偲ぶ場所です。
c0202113_1632069.jpg

こうして春の陽射しの中、友達と遊んだものです。


落ち葉の中に見つけたもの。
c0202113_16334561.jpg

ボールです。
手に取ってしばらく感触を確かめました。


そしてこんなものも。
c0202113_1636840.jpg

ムフ懐かしい!
緑のガラス瓶だ。

いよいよ春本番です!



hibari
2017.3.18
[PR]
by unjaku | 2017-03-18 16:40 | 日々のこと | Comments(0)

白い花のブーケ


暖かな陽射し。
シジュウカラの鳴き声が、春の呼び声に変わりました。
「ツピー・ツピー」と呼んでいます。




白い花のブーケ。
c0202113_15483464.jpg


今日はトープと永遠の別れをした2度目の2月28日


手前の写真はビリー。トープが来る前に一緒に暮らした子です。
7月の11日がお別れの日。
もうすぐ梅雨も明けようか・・・・という日に亡くなりました。
2頭とも大切な家族でした。
c0202113_15532873.jpg


優しい家族にありがとう。
たくさんの思い出をありがとう。



hibari
2017.2.28
[PR]
by unjaku | 2017-02-28 15:55 | トープ | Comments(2)