hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧


暑いけれどカラリと晴れた空。
5月の青空をツバメが飛んでいる。
気持ちよさそう。ツバメが翻る空すきだなぁ。

青い可愛い花が良く似合う季節。
こんな花が咲きだしました。
c0202113_14235131.jpg

「オーストラリアンブルーベルズ」と言うんだそうです。
去年まで、花が咲くとは知りませんでした。
つる性の植物です。
5月の乾いた空にぴったりの色です。


グレーの髪にこんな色のシャツやブラウス似合うんだろうなぁ。
最近グレーヘアがかなりの注目を集めています。
髪を染めるのをやめる人も相次いでいるようです。
私の場合は中途半端。
グレーヘアは前と横の髪だけ。後頭部はまばらです。
アンバランスであります。

もうず~~っとお洒落とは無縁の生活です。
お洒落上級者の方たちのブログを拝見していると、
皆さん流行には敏感でいらっしゃるし、
お持ちの服も靴もかなりの数です。
「う~~ん、私には無理だなぁ・・・」
着ていく場所もないし、収納スペースも限られているし、
twinsの制服や衣類にかなりのスペースが必要になってきたしね。
これから二人の夏服もやって来ます。

ま・・ジーンズ数本と、お気に入りのTシャツがあれば暮らせるということが
去年の夏で分かったし。(何しろ骨折後は外出がままなりませんでしたから。)
あとは、まさかの外出用に少しだけ服を用意しておけば事足りそうです。
増々色気からは遠くなったお婆さんです。

c0202113_14414184.jpg

リネンのシャツにジーンズ。すべてユニクロです。
相変わらずギンガムチェックが好きで買いました。
色はねブルーがかったグリーンなのです。
画像ではグレーに見えるかな?

それでも長袖は長袖。
もうしばらくすると、暑くて無理かも。
私の夏はリネンより木綿・・コットンです。
歳重ねると、リネンの皺は夕方ごろになると要注意なのです。
ますますボロボロの年寄りが出来上がるからです。



hibari
2018.5.16
[PR]
by unjaku | 2018-05-16 14:54 | お洒落もしよう | Comments(0)

林を行く


母の日の今日は怪しい空模様。
雨が降る前に、久しぶりに林の散策。
エゴの木の花は散っただろうな。
GWの時には蕾を一杯つけていたけれど
そのあと雨が降ったり、寒かったりで会いに行っていなかった。
c0202113_19343043.jpg

かろうじて、少しだけ花が残っていた。小さな花。
満開の時に会えなかったのは心残りです。

でも周辺には季節の草花が。
c0202113_1937643.jpg

ホタルブクロがねぇ・・もう咲いてる。

c0202113_1938111.jpg

ウツギの花。
犬たちとこの季節は、たくさん遊んだんだよね。
お星さまになった犬たちを懐かしく思い出す。
トープ・・・・ここへ来ると、君を思い出さずにはいられない。
君の思い出がひたひたと私を包み込む。
あの楽しい日々は、昨日のことのようだ。

c0202113_1943887.jpg

ノバラの花もたくさん咲いたんだろうね。
蜂も来たんだろうね。

c0202113_1945715.jpg


c0202113_19453047.jpg

小さな白い花をたくさん咲かせるこの花を私は知らない。
トープがいなくなって、来なかった間に広場の植物も少しづつ変わったんだろうね。
でも、十二単が咲いた後を見つけることができて嬉しかった。
もっともっと増えてね。来年はぜひぜひ会いましょう。


家に戻ってくれば、次男が贈ってくれた山紫陽花が
すっかり色づいていた。
c0202113_19541036.jpg

こうして季節が変わっていく。


そろそろ朝顔の種をまかないといけないのかな?


hibari
2018.5.13
[PR]
by unjaku | 2018-05-13 20:00 | 風景 | Comments(2)

mother's day


明日は母の日。
花屋さんと宅配さんが一番忙しい季節。

我が家にも長男と次男から届きました。
いつもありがとう。

長男からは、華やかなアレンジメント。
c0202113_19523469.jpg


c0202113_19525022.jpg


c0202113_1953539.jpg


次男からは、今年も紫陽花。
紫陽花が好きなのかしらん?
c0202113_19545891.jpg


c0202113_19551615.jpg


c0202113_19553610.jpg



息子がもう一人いたはずなんだけど・・・・音沙汰無いのは毎度の事。
住んでるところも知らないし。
しばらく前になるけれど、「パスポートを取らなきゃいけない。」と
私の留守中に電話が来たらしい。

何でも、会社の営業所の経営が好調で、香港・マカオに行くんだとさ。
「へぇ・・・・今どき贅沢だねぇ・・・。」
ま・・好きにしろ!



今週はなんだか気ぜわしく慌ただしい毎日だった。
そして、今日は二人のヘアカット。
妹はさっさと仕上がったけど、姉ちゃんの髪形はうっとおしいほど
ほとんど変わらないできばえ。
「髪の量が多いから、顔回りも全体ももう少しスッキリさせてほしい。」と
迷惑を承知で、もう一度手を加えてもらった。
やれやれ、髪の毛は薄くても多すぎても難しいものね。

来週は私の番。グレーヘアになりつつある髪。
久しぶりにトリートメントも頼もうかな。


hibari
2018.5.11
[PR]
by unjaku | 2018-05-12 20:13 | 花・植物・小動物 | Comments(4)

タンポポの雫


昨日の大雨でタンポポの綿毛も
み~~んな散ってしまった。

午後の晴れた輝く時間。
タンポポの雫を探しに出かけました。
蒸し暑いなぁ・・・・・。

c0202113_1085527.jpg


c0202113_1091360.jpg


c0202113_1093440.jpg



c0202113_1094669.jpg


きれいだねぇ。
乾くとガクが閉じちゃうんだよね。
宝探しの雨上がり。






さてさて、今日は午後に
学校でユイさん拾って、退院後の検診に出かけます。


hibari
2018.4.26
[PR]
by unjaku | 2018-04-26 10:16 | 好きなもの | Comments(0)

春は足早に過ぎていく


ああ 長閑だなぁ。
病院通いが無くなって、もう言葉にならないほどくつろいでいる。

小さな庭に目をやる余裕もなかったけれど
今朝気がついた!
薔薇が咲いてる!
c0202113_1659239.jpg

一番乗りは、レミチャンです。
丈夫で匂いのいい良い子です。
岩下篤也さん作出の薔薇。
枯らすと岩下さんが怖いので一生懸命面倒をみています。(笑)

そして小さな庭の花。
c0202113_173381.jpg

お隣の境に植えたチューリップ。
去年は白い花だったけど、今年は緑が勝っている。
c0202113_1743225.jpg

さぁ・・来年はどうなる?

それからシラー。
c0202113_1753996.jpg

一緒に咲いているシャガの花は、あっという間に終わる。

こちらはタイム。
c0202113_176538.jpg

去年、シダやドクダミに負けて、今年は花も少ないのね。
復活を目指さなきゃ!


薔薇の花芽もそれぞれ膨らんで、あと少しで薔薇の季節がやって来る。


そして、退院したユイも明日から学校。
もともとお転婆だから、私のハラハラはこれからもず~~っと続く。
身体にも神経にも良くないtwinsです。

ユイが入院したころは、桜の季節だったよねぇ。
c0202113_1713479.jpg

嘘みたいに春が過ぎてゆく。



hibari
2018.4.19
[PR]
by unjaku | 2018-04-19 17:17 | 花・植物・小動物 | Comments(0)

まぁ いろいろと


数年前に撮ったチューリップの写真。
c0202113_1515061.jpg

でも、今年はまだ咲いていない。
球根を植えこむのが遅かったのか、蕾のままでゆらゆらと揺れている。


オンファロディス・スターリーアイ。
c0202113_154675.jpg

去年、環境が悪くなったので移植した。
そのせいか、株が少し小さくなったけれど
こぼれだねの可愛い芽があちらこちらに。
花を咲かせた小さな株もあった。
たくさん 増えてね~!


c0202113_157180.jpg

ムスカリもこぼれだねであっちこっちに気ままに咲いている。



c0202113_1575555.jpg

こちらは近所のオオアラセイトウ(大根花と言う人も)。
群生している場所も少なくなった。




そして、今日教科書が届いた。
同級生のT君が二人分担いできたのだった。
バッグを持ったら恐ろしいくらいの重さ!
c0202113_15192233.jpg

ユイちゃん明日届けますよ。T君への感謝忘れないでね。

T君ほんとにありがとう!!


hibari
2018.4.9
[PR]
by unjaku | 2018-04-09 15:23 | 花・植物・小動物 | Comments(2)

花見に行く


今日は日曜日。久しぶりの清々しい青空!
昼前の時間、家族で花見に出かけました。
c0202113_20394079.jpg


林の中をぶらぶらと
c0202113_20402558.jpg

途中で、桜と辛夷がいい具合にコラボレーション。


c0202113_20424758.jpg


c0202113_20435667.jpg

辛夷の花も少なくなりました。



次に見つけたのは
c0202113_20451593.jpg


c0202113_20453397.jpg


c0202113_2046189.jpg

アケビの花も今や貴重。
あっちこっちと丁寧に探しました。
「ヤァ・・・今年も咲いたね。」感激の対面です。


そして、林を抜けたところで犬同士が戯れあって。
c0202113_20483365.jpg

懐かしい光景。

そしてようやく川べりへ。
c0202113_20525157.jpg

川のほとりは家族連れでいっぱい。
木の下でお弁当広げる家族も。
もちろん若いカップルも、小さな子供たちも、みんなみんな楽しそうでした。


c0202113_2055525.jpg

こちらはちょっと色の濃い桜。素敵な色でした。

c0202113_20562383.jpg

いいな・・このマンション、お部屋の中でお花見ができる。

4人でアイスクリームなめなめのんびり歩いた桜見物でした。
おかげでエネルギー・チャージもできたし楽しい日曜日でした。



hibari
2018.3.25
[PR]
by unjaku | 2018-03-25 21:04 | 花・植物・小動物 | Comments(4)

メッセージ


c0202113_1944535.jpg

パンジーのブーケ。
色とりどりの優しい春の花。

フラワーベースに活けて、最初の内はまとまっている花たちも
そのうち元気な子供たちのように、気ままに好きな方向へ向いていきます。
毎朝形を整えて水に戻します。


卒業式に向けて、担任の先生方から宿題をいただいています。
子供たちに、サプライズの手紙を書くのです。
そして、子供たちに気づかれないように準備して
先生に届けなければなりません。
そして、締め切りが迫っているのに、文章がまとまらなくて困り切っているのです。

この10年あまり、たくさんの出来事が次から次へとあって
何を伝えればいいのかわかりません。
もう少し悩むとしましょう。


c0202113_19545711.jpg

春の空のような優しいデルフィニウム。

200万光年の宇宙の彼方から、
パパとママに会うためにやってきたというtwins。
そんなことを言っていた日々があった事を覚えているでしょうか?
そして
ついこの間は、「タイムマシンがあったら何をしたい?」
という先生からのメッセージに、「過去に戻ってママに会いたい。」と二人同じことを書いていましたね。

私たちの可愛い花。
あっちこっち好きな方を向いても構わないから
健やかに真正面からぶつかってきてくれることを
鬼ババはこれからも期待しています。


hibari
2018.2.25
[PR]
by unjaku | 2018-02-25 20:08 | twins | Comments(4)

光の春です



静かな連休でした。
外はもう光の春。

少年野球チームの元気な声が グラウンドにこだまします。
c0202113_15273785.jpg


陽だまりに咲くのはオオイヌノフグリ。
c0202113_15304051.jpg


そして緋寒桜。
c0202113_15321733.jpg


藪椿も。
c0202113_15334381.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

息子がお米を30キロも届けてくれたので
今日は、ご近所の一人暮らしのご婦人の様子をうかがいながら
お米のおすそ分けをしました。
「福」はみんなで分けましょう!なぁんてね。

hibari
2018.2.12
[PR]
by unjaku | 2018-02-12 16:01 | Comments(4)

山百合救出作戦


「東風ふかば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」
この和歌がぴったりの I邸の梅の花が咲きだしました。
c0202113_1471669.jpg

この梅の花見も今年が最後。近々家も取り壊されます。

I氏と言えば、これで有名でした。
c0202113_1493147.jpg

ゴジラ作家。特撮撮影・美術監督で有名なアーティストでした。
奥様は彫刻家。
すでにお二人がお亡くなりになられて数年が経ちます。

取り壊される間に、有志の方によって最後の展示会が開かれました。
その話は、次の機会にして、
今日はお庭の山百合の球根の救出作戦に朝からスコップ持って出かけました。
もちろんお許しをいただいてあります。

そして、夫の手で数十分。
立派な球根を、無事掘り起こすことができました。
c0202113_14174534.jpg


さらには、蕗の薹までいただいて
これから蕗味噌作りです。
c0202113_14191697.jpg


ご夫婦が愛した家も庭もアトリエも、皆人手に渡って更地になります。
そしてそこに新たな家が建ち、新しい生活が始まるのです。
同じところにとどまるものは何もないと言う「無常」をひしひしと感じます。


hibari
2018.2.4
[PR]
by unjaku | 2018-02-04 14:27 | 花・植物・小動物 | Comments(4)