hibariの巣 unjaku.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

カメラ・ダイアリーです。COCOROの向くままカメラの向くまま・・・。


by hibari0929
プロフィールを見る
画像一覧

鬼畜と言う名の親


ツバメの巣。ただ今子育て中。
c0202113_1253989.jpg


今年二度目の子育てでしょうか?
親鳥は、忙しくわが子の世話に追われます。
c0202113_1272882.jpg





人間世界の悲惨な虐待事件を思い出すたびに、
鳥たちの懸命な子育てに頭が下がります。
もっとも、鳥とて自然の摂理の中で子供を育てるのですから
弱くて生き残るのが難しそうな子供への育児は放棄するようです。


「もう ゆるしてください。」と綴った五歳の子供を
鬼畜のように殺した夫婦。

子供をケージの中に閉じ込めて殺した挙句
二人の子供を連れて、山に遺棄しに行った夫婦。

昔から、衣食足りて礼節を知る、と言われてきたが
我が子を殺害した親は、どのように育てられてきたのだろうか?

危機の中にある子供に、
手を差し伸べる叔(拍)父・叔(拍)母・祖父母も親戚も友人も
存在しなかったのだろうか?
1億を超える人間が暮らすこの日本で
離れ小島のように孤立した親子とその暮らしだったのだろうか?
平和と言われる日本の社会で、子供を取り巻く光景は荒涼としている。

もっとも、日本でも「間引き」と言う名の「子殺し」が
明治初期まであったのは周知の事。

世界を見渡せば、子供への虐待・性暴力・人身売買・幼時からの労働、
そして、戦争や飢饉のなかで、5歳まで生きられない子供のなんと多いことか。
私は、無力感にさいなまれながら、わずかの募金を続けることで、
かろうじて罪悪感から逃れている。
それもまた偽善なのか?知人のドクターに胸の内を告げたとき
「偽善でもしないよりはずっといいのです。そのことで、助かる人が子供がいる
ということが大切なのです。」と教えていただいた。


だいぶ昔になるけれど、「鬼畜」と言う映画があった。
緒形拳・岩下志麻主演、夫の愛人の子供3人を徹底的に虐待する妻を
岩下志麻が演じて身の毛がよだつ思いがした。
松本清張の短編だが、実際にあった事件を基にしているという。

そして、やはり緒形拳主演で「長い散歩」と言う映画も幼児虐待を扱った映画だった。
高岡早紀が母親役。
緒形拳は、幼い少女を虐待の現場から連れ出し逃避行を続ける、
老境に差し掛かった孤独な男を演じた。



現実の世界で起こる悲痛な事件に接しながら、
単純にその親を指弾できない悔しさ・もどかしさ。
子供は未来からやってきた使者だというのに。

せめて自分の身の回りには、注意を怠りなく暮らしたいと願うばかりなのです。


hibari
2018.6.11
[PR]
by unjaku | 2018-06-11 12:56 | その他 | Comments(8)

巣作り


今日は、今年初めてのツバメと会いました。
「長い旅 ごくろうさま。」




そして、メジロも巣作りの準備を始めたようです。
c0202113_17203918.jpg

ハンギングに使ったヤシの繊維を丁寧に抜いていきます。


c0202113_17205885.jpg

さて・・・どこで巣作りでしょうか?
可愛いヒナが無事巣立つといいですね。


シジュウカラは、木のうろに巣を作ります。
木のうろが少なくなって、彼らは何処に巣を作るのでしょう?

今度、巣箱でもつけましょうか。

ツバメが来ると春本番。
空に翻るツバメを見るのは、大いなる喜びです。



hibari
2018.3.26
[PR]
by unjaku | 2018-03-26 17:27 | 野鳥 | Comments(2)

メジロの言い分


私・・・ずっと待ってるんです。
c0202113_14282338.jpg


もう ず~~っと待ってるんです。
c0202113_1429228.jpg



林檎にしがみついてる奴が、林檎を早く譲ってくれないかと・・・
大人しくして待ってるんです。
c0202113_14304482.jpg


数日ぶりの林檎、何といわれようとどくものですか!
c0202113_143275.jpg

欲しかったら、力づくでどうぞ!!


ま! なんて図々しいの?私だってお腹すいてるんです!
c0202113_14333388.jpg




そんなこと知りませ~~ん!この林檎私のものですぅ。
c0202113_14343628.jpg



あんたが、そのつもりなら私にだって考えがあるわ!
c0202113_14381589.jpg





というわけで、こののちバトルが始まりました。
メジロもやるわね!




hibari
2018.1.19
[PR]
by unjaku | 2018-01-19 14:44 | 野鳥 | Comments(0)

冬の日


冬の青空の下の欅はいいなぁ・・・・さっぱりとして潔い姿をしているもの。
c0202113_13583667.jpg

枯れ枝の間にあるのは、宿り木でしょうか?

c0202113_1403387.jpg

丹沢方面に目を向けると、やはり何本かの欅。
誰かが言ったっけ。「欅の木はお父さんの木」。
大木になると、威風堂々として風格があるものね。

それでも最近は少なくなったのよ。
淋しいわ。



庭にはヒヨドリ。
嫌われ者ですが、精悍な目をしています。
c0202113_1454636.jpg

今日は林檎から目を離さない。
メジロが来ると、すぐ飛んでくる。
みんなごはんが無いんだねぇ。


↓の記事で、朝寝をしていた二人組。
一人がやはり風邪をひきました。
やっかいなこっちゃ。



ここ数日は、肩を脱臼・骨折した母の散歩に付き添っています。
右手を保定していますから、バランスが悪いのです。
卒寿も過ぎた母親。めっきり足元がおぼつかなくなりました。
「少しでもいいから外の空気を吸いたい。」と、喜んで出かける母。
わずかな時間ですが、暖かな陽射しの中を寄り添います。
日々共に暮らしている義妹の負担が、少しでも軽くなるといいのですが。



そんなこんなで夕暮れがやって来ます。
c0202113_14161814.jpg

穏やかな日没です。

そして、家の中には賑やかな二人の声が響きます。
来週には「中学校の入学説明会」が控えています。
暖かくして出かけなきゃね。



hibari
2018.1.16
[PR]
by unjaku | 2018-01-16 14:21 | Comments(6)

朝からボォッと何かを見ている二人。
c0202113_12374264.jpg


窓の外には、可愛い曲芸師が。
c0202113_12282151.jpg


c0202113_12284036.jpg



c0202113_1229174.jpg


c0202113_12293891.jpg

「グランマァ、新しい林檎ないの?替えてあげなよ!」
そうか・・・もうすっからかんになってきたかな?

そしてスズメ。ちびどもはフクラスズメと呼ぶ。
「寒いから羽を一杯膨らませているんだよ。」
そして
c0202113_12324633.jpg

いつもこうしてご飯を争っている。


鳥を見ていると仕事を忘れる。

ま・・年賀状は投函したし、レンジフィルターは交換したし
もうそろそろいいでしょう。

わたしものんびり本でも読もう。
何を読んでいるかって? ひ・み・つ!


hibari
2017.12.29
[PR]
by unjaku | 2017-12-29 12:40 | 野鳥 | Comments(5)

ごはんがありませ~~ん


シジュウカラがやってきて
「ごはんがありませ~~ん。」と催促です。
分かっているのよ。
c0202113_12442169.jpg


c0202113_12443991.jpg


もう少し待って!
「わたしたちが孤児だったころ」を読み終わるまで。
あと少しなの。


そして作りました。
c0202113_12462565.jpg

遅くなってごめんね。
ヒマワリの種も入れておきますよ。


毎朝君たちを観ていると、時の過ぎるのを忘れます。
今日の朝はウグイスも来ていましたね。

c0202113_12485374.jpg

メジロさんは常連。林檎がお気に入りですね。

c0202113_12495498.jpg

スズメさんも常連だけど、警戒心強いよねぇ。



カズオ・イシグロ、心わしづかみです。
さぁ・・・次は何を読みましょう。


hibari
2017.12.27
[PR]
by unjaku | 2017-12-27 12:57 | 野鳥 | Comments(4)

鳥が来れば子供も来る


c0202113_11312854.jpg


皆様こんにちは。
朝からごはんそっちのけで鳥見に夢中の二人です。
「あ・・ヒヨドリが来た!メジロだ!スズメだシジュウカラだ!!」
おいおいお前さん方、ご飯を食べる時間が無くなるよ。

でも、メジロはやっぱりかわいいね。
c0202113_11345719.jpg


c0202113_11351722.jpg


c0202113_11353490.jpg

リンゴは美味しいですか?


ところで我が家に来るのは鳥ばかりではありません。
昨日暗くなったころ、ご近所の姉・弟組がやって来ました。
「鍵持ってなくて家に入れないの。妹が持ってるはずだけどまだ帰らない。」
というわけで、妹さんが帰るまで我が家で待ってもらうことにしました。
その間、twinsの宿題を見てもらいましたよ。
そのうち、お母さん・妹さんがやってきて無事帰宅。
礼儀正しい素敵なご姉弟です。


その前の日の夕方は、「家出坊や」がやって来ました。
「お母さんに帰って来るなと言われた。」
「まぁまぁ入って入って。ご飯も食べてから帰ればいいよ。ちゃんと送っていくから。」


「この家ではね、遠慮禁止なの。食べないと怒られるんだから!」
というわけで、ご飯時はいつにもまして賑やか。
ご飯の後はtwinsとしばらく楽しんでから送っていきました。
家の前でちょいとお母さんに叱られましたが、
「明日また学校でねぇ。」と笑顔で別れました。
また来たいそうです。(笑)

他にもいろいろ。
「トイレ貸してください。」
「転んで怪我をしました。」
ある時は、ピンポ~ン・ピンポ~ンと2回チャイムが鳴りました。
出てみると「ここ 子供110番 の家ですよねぇ。何故すぐ出てくれないんですか?」
と小さな小学生に叱られてしまいました。
もう笑っちゃいます。

そうそうブラックコーヒーの坊やもいたわね。(笑)


hibari
2017.12.15
[PR]
by unjaku | 2017-12-15 11:59 | twins | Comments(0)

c0202113_16125247.jpg

バードフィーダーにご飯を用意したら
シジュウカラがやってくるようになりました。
警戒しています。

それでもあっという間にご飯をチョイス。
c0202113_16144019.jpg

安心できる場所まで移動してゆっくりと食べています。
これを見るのが冬のお楽しみ。

c0202113_1616099.jpg

2羽から4羽くらいで変わりばんこでつついています。
凄い早業!
c0202113_1618464.jpg

背中の色がとてもかわいい!



それからやっと林檎に気が付いたメジロがやってきました。
そのうちヒヨドリがやってくるでしょう。
スズメ達は、まだプレゼントのご飯に気が付いていません。

あと少しで2学期も終わり。
インフルエンザの予防接種も済ませた二人組。
今日は歯列矯正のクリニックに行きました。
股関節の骨折以来、いつも夫が連れて行ってくれるので
とても助かっています。
昨日は妹の大学病院。
こちらも夫の出番でした。

寒くなって筋肉が硬いのか、なんだかぎくしゃくする自分の足です。



hibari
2017.12.13
[PR]
by unjaku | 2017-12-13 16:26 | 野鳥 | Comments(6)

今どきのスズメは


数日ぶりの青空、なんて気持ちがいいのでしょうね。
気持ちがいいのは、スズメも同じようです。
のんびり日向ぼっこしています。
c0202113_126360.jpg



そして今どきのスズメ達。
c0202113_1271262.jpg

とんでもないところで巣づくりしているのです。

c0202113_1282121.jpg

左に見える電線をカバーしている筒の中です。

c0202113_129501.jpg

動かぬ証拠が見えます。
住宅事情が厳しいのは、野鳥の世界も同じなのかもしれませんが、
問題ないのでしょうか。
電力会社に連絡する?
スズメが感電するまでほっとく?
それとも事件が起きるまで様子見?

しかし、よく見つけたなぁ。新しい住宅。
ここならカラスに襲われる心配はないものねぇ・・・・。
しばし眺めて家にもどれば、アララ。
c0202113_1217329.jpg

薔薇の鉢の隅でスミレが咲いていました。
そういえば、薔薇の新芽もあちこちで出てきたし、
みんな季節を勘違いしてる?


hibari
2017.10.26
[PR]
by unjaku | 2017-10-26 12:21 | 野鳥 | Comments(4)


ヒヨドリのヒナです。
あ~あ はぐれちゃった。
お母さんがいない。どうすればいいの?
c0202113_2021254.jpg


さっきからお母さん鳥が必死に探している。
c0202113_20222356.jpg

やっと一羽見つけた!
あと一羽。私の子供はどこ?

c0202113_20232854.jpg


今度は置いていかれた。
「そこで待っておいで!」

巣立ちはしたものの、立派な大人になるまでは大変。
大人になったら子供を自立させるのが大変。

人間の世界と同じだなぁ。

ヒナと親鳥の出会いが完了するまで、およそ半日。
何とか無事に合流できたようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人間も同じ。
守られている間は、文句ばかりわめいて
素直に人の話を聞こうとしない。
ここ数日、算数がわからなくて、我が家の夜は阿鼻叫喚。
我慢してたけど、
ついに夫と衝突。
「算数分からなくても生きていける。ほぉっておいて!」
夫は憤懣として引き上げた。
残された二人はめそめそ泣くだけ。
「せっかく例題や考え方出ているんだから、もう一度そこへ戻って考えてごらん?
それができないのなら、教えてくれる人に威張ってわめくんじゃない! あんたたちはいつもわかったふりをしているだけ。わからなきゃ明日先生にもう一度聞くんだね。テストが惨めな結果に終わったら、それがあんたの実力。自分の実力に唖然茫然するのも悪い経験じゃないと思うよ。無理してつじつま合わせるより、復習をきちんとやりなさい。その時は友達に遊べないと言う勇気を持たなきゃね。」

たぶんもう少しきつい説教だったね。
なんでもそうだけど、甘ったれる奴は大人も子供も嫌いだ。
 
私は子供時代から、今まで甘えることを許されない人生だった。
学校では教師と折り合い悪いし、家では長女というだけで誰よりも厳しく扱われた。
他家の友達のように、遊びに行くのもままならなかった。

大人になってからは、不釣り合いな責任を押し付けられ、「できません。」の一言が許されない厳しい社会に放り込まれた。
先輩という名の人たちからは、力以上の仕事を山のように押し付けられ、ブラック様様の待遇だった。

結婚してからも状況はさして変わらない。
子供が生まれたら、世界から取り残されていく不安に日夜さいなまれ続ける日々。
本当に孤独だった。子供の相手だけして、ママ友と過ごす日々に心からの充実感はなかった。
そしてある日夫から言われた。「主婦は消費だけして、何の生産も生み出さない無能な存在。」
世の中はすべて効率主義の時代。能率がすべての時代。子育ては最大に効率の悪い仕事だものね。野菜の促成栽培じゃあるまいし。
自分のすべてを否定されたと感じた。

すこしづつ地域や社会の問題に取り組むようになって、少しは「生きている。」という実感も味わえるようなったら。次に来たのは、子供を放りっぱなしにしている。という母からの苦言。
何処へ行っても、苦労と不自由はついて回る。相変わらずどこの組織でも男は威張っている。女がどこで辛くてつぶれそうな立場に追い込まれようと、いざとなったら誰も庇ってくれない、守ってくれない。ひとりで切り抜けるしかないのだ。そんな時代の一隅を生きてきた。

これから迎える人生最終章。
そのあいだに二人の子供を独り立ちさせねばならない。
あんたたちを守ってくれる人は、いまよりずっと少なくなる時代がそこまで来ている。
暢気にアニメなどと戯れている時間は少ないのだよ。
どんどん頑固になる年寄も控えているのだからね。

大人になるのは大変。なってももっと大変。
まだ わかんないよねぇ。



hibari
2017.9.7

[PR]
by unjaku | 2017-09-07 21:41 | 野鳥 | Comments(0)